MMA
インタビュー

【RIZIN】榊原CEO、那須川天心の今後に頭を悩ませる「階級を上げるか、他流試合に挑むか」海外進出は「後押ししたい」

2019/06/03 18:06
【RIZIN】榊原CEO、那須川天心の今後に頭を悩ませる「階級を上げるか、他流試合に挑むか」海外進出は「後押ししたい」

無敵の快進撃を続ける那須川に、RIZINは次にどんな相手を用意するのか

 2019年6月2日(日)兵庫・神戸ワールド記念ホールにて開催された『RIZIN.16』。大会終了後、榊原信行RIZIN CEOが総括を行った。

 メインイベントでマーティン・ブランコ(アルゼンチン)を2R2分19秒でKOし、ISKA世界フェザー級王座を獲得した那須川天心(TARGET/Cygames)について、榊原CEOは「勝てる選手がいるのかって感じですよね」と舌を巻いた。


コーナー最上段に登って勝利をアピールする那須川

「相手は階級を上げてきたと言っても現役王者。天心がひとつひとつの技の重さ、殺傷能力を増している気がする。最初のダウンのミドルも、あの階級で一発でダウンを取れる選手はなかなかいないと思います。那須川天心にこの先、どういうテーマを与えて、彼のチャレンジ精神を燃やせるのか。今日の試合は燃えていない、そういうものを求めていることを選手から感じます。いろいろなアイデアをもってRIZINらしく天心のハード部分を組んでいきたい」と、今後の那須川の対戦相手選びについて話した。

 では、どのようなアイデアがあるのかと聞かれると「RISEの世界トーナメントでチャンピオンになると、キックボクシングのこの階級ではやり尽くすんじゃないか。だったら階級を上げてチャレンジするか。僕的にはほかのジャンル、他流試合に挑んでほしいと思います」と、さらに上の階級に挑むか、以前のMMAルール挑戦のようなキック以外のルールに挑むことをあげた。


 また、「他団体から垣根を越えて出てきたり、天心が海外に行きたいとの思いもあるでしょうし、天心がモチベーションを持ってやれることを僕らも後押ししたい。RIZINは海外で大会をやっていないわけですから、ベラトールでもONEでもヨーロッパでも、RIZINやRISEのスケジュールを見ながらそこにモチベーションがあるなら僕らはあえて止めることはない。そこはこだわらないです。キックボクサーではなく格闘家・天心の3年先をどうクリエイトしていくかを考えたい。ベラトールもキックをやっていますが、アメリカでキックは人気がない。しかしアメリカという最大のマーケットで名をはせていくところが彼が一番求めているものだと思います」と、試合後の那須川が口にした“世界進出”を後押ししたいとした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事