MMA
ニュース

【RIZIN】クレベル・コイケ「憂流迦はバンタム級」×佐々木憂流迦「昔から知っている」、朝倉未来の試合から刺激も=2月23日(水・祝)追加カードも発表

2022/02/08 14:02
【RIZIN】クレベル・コイケ「憂流迦はバンタム級」×佐々木憂流迦「昔から知っている」、朝倉未来の試合から刺激も=2月23日(水・祝)追加カードも発表

(C)RIZIN FF

 2022年2月23日(水・祝)静岡・エコパアリーナにて開催される「SPASHAN HPS presents RIZIN TRIGGER 2nd」の追加対戦カードが発表された。現時点で12カードが発表されたが、残り1試合が追加される可能性があるという。

 今回から六角形のオリジナルケージが導入される「RIZIN TRIGGER 2nd」は、メインイベントにクレベル・コイケ(ボンサイ柔術)vs.佐々木憂流迦(セラ・ロンゴ・ファイトチーム)のフェザー級(66.0kg・5分3R)戦が予定されている。

 試合まで約2週間となった静岡大会に向け、両者はそれぞれのYouTubeで意気込みを語っている。

 名古屋や豊橋にも出稽古に通うクレベルは、引退を表明した春日井“寒天”たけしの動画に出演。

 今回の静岡・袋井での試合は、「自分の家から近い。車で15分くらい」と言い、計量後にすぐに自宅に戻ってリカバリーできると語った。「通常体重が75~76kgくらいで、計量はいつも一番難しい」と言うクレベルにとって、“ホーム”での調整はメリットとなりそうだ。

 そんなクレベルは、佐々木との試合について、その体格差が影響する、と言う。

「憂流迦は日本で有名で元UFCで、強くて上手いけど、一番の問題は彼がバンタム級だったこと。バンタムからフェザー(に転向して)でどうかな。堀江(圭功)に判定負けして、力が少し違うかな。フェザーじゃない」と、佐々木の適正階級はバンタムだというクレベルは、「試合が終わったら、フェザーでやるかバンタムでやるか、彼が決めることになる」と、フェザー級トップの力を見せつけるとした。

 両者はグラップリングで対戦経験がある。

 2011年の「DEEP X」トーナメントのライト級(69kg)準決勝で当時、和術慧舟會駿河道場所属だった佐々木とクレベルが対戦。ポイントは0-0も、アドバンテージ3-0で佐々木が接戦を制している。

 それ以外でも「寝技 de GO!」など静岡のグラップリングシーンを席捲していたボンサイ柔術勢と和術慧舟會勢。2009年の同大会で憂流迦は「佐々木天狗」のファイトネームで19歳ながら66kg級で準優勝。同じ大会で19歳のクレベルも77kg級(※計量で服を着た状態で70kgだった)で優勝するなど、頭角を現していた。

 その後、修斗で連勝を重ねた佐々木は2014年からUFCに参戦。クレベルはDEEP、REBEL FCなどで14連勝をマークし、2015年からKSWに出場を決めている。

 大会で出会った佐々木の麦わら帽子姿を見て「『釣りキチ三平』だね」と気さくに話しかけていたクレベルは、同じ歳のライバルとして、同年代を生きた佐々木に対して敬意を抱いているが、互いに地元での戦いで、やりにくさはないかと問われると「問題ない」と、きっぱりと語る。

「よくファンから『あなた憂流迦のことも好きで(やりにくいで)しょう?』と言われるけど、私、それは問題ない。私は憂流迦が好きでリスペクトもあるのは間違いない。でも試合は試合。試合が終わればまた仲良くなる」

朝倉未来の修正力に感銘を受けた(佐々木)

 その想いは、佐々木も同じだ。

「昔から知っている仲なので、このタイミングでクレベル選手とやるのは不思議な感じもしますけど、現フェザー級最強のレベルだと思っているので、この試合勝とうと思っています」と決意を語る。

 9月の堀江戦での惜敗後、大晦日の試合も生観戦。同階級となった朝倉未来と斎藤裕の試合が印象に残ったという。

「朝倉選手の癖というか、後ろ足に重心を乗せるとか、そういう癖を全て改善してきたというか。構えがまず違ったんですよ。1Rを見て、すごい修正してきているなと。なかなか自分の癖は抜けなくて、直すのも難しいし怖さもあるんですけど、ああやって結構、大きな修正してくるのはすごいなと。前まで見えていた穴が見えにくくなっている」と感銘を受けた。

 佐々木自身も、RIZINフェザー級での2戦目に向けて、新たな姿を見せるつもりだ。

「怪我で苦しかったりうまくいかないときもあったけど、ついてきてくれるファンの皆さんに心から感謝して、2月23日はみんなでぶち上がろうと思っています。たぶん、メインイベントだと思うので、メインイベントの試合として大爆発を起こして、会場や配信を見てよかったなと思える大会にします」

 2022年のGP候補の階級であるフェザー級で、主役になるのはどちらか。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント