MMA
レポート

【修斗】小野島恒太が環太平洋王座獲得で手塚基伸、中村倫也を指名! 中村は野尻定由に25秒勝利、宇佐美正パトリックが菅原和政をKO、久遠が6年ぶり勝利!

2022/01/16 18:01
プロフェッショナル修斗公式戦2022年1月16日(日)東京・後楽園ホール ▼第11試合 環太平洋バンタム級チャンピオン決定戦 5分3R〇小野島恒太(同級1位/CWD)[判定3-0] ※29-28×2, 30-2×藤井伸樹(同級3位/ALLIANCE)  現環太平洋バンタム級王者・安藤達也が同王座の初防衛を果たし、今後の目標を世界タイトルに絞ることを理由に王座返上。第10代環太平洋バンタム級チャンピオン決定戦が同級1位・小野島恒太(CWD)と同級3位・藤井伸樹(ALLIANCE)で争われることとなった。  小野島はこの2年、よしずみと一條貴洋に判定勝ち、石井逸人と野尻定由にドローと負けなしで抜群の安定感を誇り、インフィニティリーグでも2勝2分。ポイント差で優勝とはならなかったが、長らくバンタム級のトップに君臨する実力者。デビュー13年目を迎え初のタイトルショットに挑む。  対するは毎回泥試合となり、バンタム級で“最も戦いたくない相手”と言わしめる“ゾンビ”藤井伸樹。この2年では田丸匠に判定負けも後藤丈治、加藤ケンジに判定勝ちで2連勝中だ。超攻撃型+無尽蔵なスタミナを誇り、試合開始から終了まで常に動き止めない“アンストッパブル”がいよいよベルトに王手をかける。  修斗最激戦区のバンタムで一つ抜きん出るのは小野島か? 藤井か? 最終ラウンドまで終わることのないエンドレスファイトに注目だ。  1R、サウスポー構えの小野島、オーソドックス構えの藤井。小野島はスイッチしての右カーフキックを当てる。オーソドックス構えとなる小野島。オーソから左の蹴りも見せる。  左を振る小野島。右にさばく藤井。小野島は右で差して前に。金網い押し込みいったんクラッチを組むが、切る藤井が体を入れ替えると、すぐに小野島がまた金網に押し込む。ブレーク。すぐに詰める小野島。その離れ際に両者、打撃を狙いブザー。  2R、右オーバーハンドの小野島を避け、前足にシングルレッグも切る小野島が右で差して前に。体を入れ替える藤井に、すぐに小野島は体を入れ替え、藤井のしつこいタックルの連続アタックを切ると、逆にダブルレッグテイクダウン! 立つ藤井だが、そこをすぐに詰めてケージレスリングを挑む小野島。藤井の右に、小野島も左を返すと、シングルレッグへ!  顔を剥がす小野島は左で小手に巻き、右手をおっつけて前に出る。右ストレートを打つ藤井に右をかぶせる小野島は、離れ際に左ミドルを打ち込みブザー。接戦もここまでは小野島が試合を作る。  3R、左右の蹴りを見せる小野島。早めにシングルレッグは藤井だが、すぐに差し上げる小野島。藤井は左ジャブの連打、しかし小野島もジャブ、右フックを返す。低いタックルをスプロールして切る小野島。  右の前蹴りをダブルで突く藤井。さばく小野島は左に回りボディ! フックを的確に当て、藤井のテイクダウンを切る。シングルレッグで片足を上げる藤井だが、差し返す小野島。藤井の左に右をかぶせる小野島! さらに左の蹴りも。  藤井はシングルレッグを掴み、中央に引き出し、その戻し際に背中に乗った藤井! リアネイキドチョークに行くが、前に落とし気味にし、正対しながら首を抜いた小野島はすぐに組んでボディロックからバックへ。正対した藤井に左右を振り、ブザー。  判定は3-0(29-28×2, 30-27)で小野島が勝利。第10代環太平洋バンタム級王者に輝いた。  約8年ぶり2度目のチャレンジで戴冠した小野島は、試合後、「ありがとうございました。感謝の言葉とポエムは後でSNSでたっぷり書きますので、ここではチャンピオンになって守りに入っちゃいけないんで、2人、戦いたい相手を挙げたいと思います。もちろん、チャンピオンは指名された相手とやるんですけど、一人目は、以前敗れた手塚基伸選手(2019年11月)。コロナ禍で試合がキャンセルされたりましたが、彼は連勝していて、彼がいなかったから獲れたベルトだと思っています。  もう一人は、インフィニティリーグで戦った野尻選手を、今日倒した中村倫也選手。3戦目なのにタイトルマッチで早いと言われるかもしれませんが、十分な実力があると思います。3月はちょっと早いんで、5月に組んでください。自分は3日天下になっても強い選手と戦いたい。盛り上げますんで、組んでください」と、手塚と中村の2選手を挑戦者候補に指名。ファイターとして強さを求める、漢気溢れるコメントで次戦をアピール。続けて、「実はいま、生きていて一番、幸せです」と語り、子供をケージの中で抱き上げた。 [nextpage] ▼第10試合 バンタム級 5分3R×野尻定由(赤崎道場A-SPIRIT)[1R 0分25秒 KO] ※パウンド〇中村倫也(EXFIGHT /LDH martial arts) 「格闘DREAMERS」を圧倒的なスキルで勝ち上がった中村は、修斗公式戦2戦目。2021年7月のプロデビュー戦では、強豪・論田愛空隆を全局面で凌駕し、左ハイキックによるノックアウトで衝撃のデビューを飾っている。  2戦目で世界ランカーの野尻と激突する中村はいかにコントロールするか、野尻はランカーの厳しさを見せるか、注目だ。 ▼修斗世界バンタム級[-135ポンド(-61.2kg)]C(C)岡田 遼(日本/パラエストラ千葉)A1(1)安藤 達也(日本/無所属)A2(2)藤井 伸樹(日本/ALLIANCE)A3(3)大塚 隆史(日本/T-GRIP TOKYO)A4(4)石井 逸人(日本/TRIBE TOKYO MMA)A5(5)石橋 佳大(日本/ZEEKジム)A6(6)祖根 寿麻(日本/ZOOMER)A7(7)田丸 匠(日本/NASCER DO SOL)A8(8)後藤 丈治(日本/TRIBE TOKYO MMA)A9(9)野尻 定由(日本/赤崎道場A-SPIRIT)B10(10)小野島 恒太(日本/Combat Workout Diamonds)A  最激戦区・バンタム級のランキングは上記の通り。野尻のインフィニティリーグの激闘を鑑みると、中村の同級の上位戦線での現在地が見える試合となりそうだ。  1R、ゴングと同時にいきなり野尻が中央に走り込み跳び蹴りも、それをしっかり見て左フックで迎撃した中村!   撃ち落された野尻は、中村の左足にしがみつくが、そこにパウンドを連打した中村にレフェリーが間に入った。その間、わずか25秒。宇佐美に続き、LDH勢が鮮烈勝利を挙げた。  試合後、中村は後楽園のケージの中で「まず、この舞台に立つまでサポートしていただいたLDH martial artsの皆さん、HIROさん、ほんとうにありがとうございました。ほんとうに僕は、0歳からこの会場で修斗を見てきて、このゴングをお腹の中から聞いて育って、その憧れの先人たちを生き写したいと思って、その想いでこのリングに立っています。この内容じゃあ、ほんとうの実力っていうのは分かんなかったんですけど、絶対に世界で頂点に立つので見ててください。よろしくお願いします。LDH、最高!」とマイクで語った。   2022年4月24日(日)には、両国国技館で、LDH martialarts主催のMMA大会「POUND STORM」の開催も決定するなか、修斗でも頭角を現してきた両者はどんなキャリアを積んで行くか。 [nextpage] ▼第9試合 ライト級 5分3R×菅原和政(マスタージャパン福岡)[1R 4分54秒 KO]〇宇佐美正パトリック(EXFIGHT /LDH martial arts) “獰猛な拳”宇佐美正パトリックが参戦。中村倫也と同じく「格闘DREAMERS」で活躍した空手出身、“ボクシング高校6冠”の宇佐美は、2021年9月の修斗でのプロデビュー戦で、得意の左ボディ一発で新人王のヨシ・イノウエを粉砕。  11月のVTJでの第2戦では伝統派空手をベースにするBRAVEの野村駿太と対戦し、デビュー戦とは打って変わって打ち合い上等の乱打戦を選択。2Rに左フックでダウンを奪う判定勝ちで2連勝を飾っている。  そんなパトリックに用意された相手は、こちらも福岡から参戦となる“Hungriest”菅原和政だ。  菅原の2021年は、3月に宮路智之に2R TKO勝ち後、10月のHEAT「ライト級挑戦者決定戦」で岡野裕城戦に判定負け。11月の「VTJ」では史上最年少世界王者・西川大和と対戦している。  大会直前に西川の対戦相手の外国人選手が新型コロナウイルスの検査で陽性と診断され、来日不可能となったところ真っ先に手を挙げたのが菅原だった。  試合では、下になった西川の顔面にパウンドを的確に当て、右目を負傷させたものの、逆転のリアネイキドチョークで一本負け。スクランブル参戦ながら爪痕を残している。今回の宇佐美戦のオファーにも即答で快諾したという。  2010年のプロデビューからMMA6勝8敗1分けのマスタージャパン福岡の菅原は、ベテランの引き出しの豊富さで期待の新鋭にMMAの厳しさを伝えるか。それとも宇佐美が菅原の得意の組みも断ち切り、3連勝なるか。王者・西川との試合も比較される大一番だ。 ▼修斗世界ライト級[-155ポンド(-70.3kg)]C(C)西川 大和(日本/西川道場)A1(1)大尊 伸光(日本/野田ボディビル同好会)A2(2)マックス・ザ・ボディ(カメルーン/BRAVE)A3(3)川名 雄生(日本/Y&K MMA ACADEMY)A4(4)キャプテン☆アフリカ(日本/総合格闘技道場コブラ会)A5(5)田中 有(日本/リライアブル)A6(6)長田 拓也(日本/BLOWS)B7(7)福本 よう一(日本/頂柔術・NATURAL9)A8(8)松本 光史(日本/MASTER JAPAN)A9(9)AB(日本/和術慧舟會駿河道場)A10(10)ホニス・トーヘス(ブラジル/ノヴァウニオン)A  デビュー間もない中村と宇佐美には厳しく過酷な格上の対戦相手が用意されたが、師匠の高谷裕之はデビュー4戦目で柔術世界王者のジョン・ホーキと対戦しており、弟子の2人も険しい道を進むことになる。  1R、オーソドックス構えの宇佐美と、サウスポー構えの菅原。右の蹴りでバランスを崩して下になる宇佐美をがぶる菅原だが、すぐに立ち上がり首を浮く宇佐美。右から左の重いパンチを打ち込むが、ブロッキングする菅原は、左インローとミドルで迎撃。  左の前蹴りを打つ宇佐美。右足を宇佐美の左足の外に置く菅原。宇佐美も左カーフを当て、菅原が近づくとヒザ! さらに右をシャープに強振する。左の前蹴りで入る宇佐美。菅原の右にカウンターの右フックをヒットさせると、右の4連打! 菅原がダウンし、レフェリーが間に入った。  試合後、宇佐美は、「VTJで試合をしたとき納得できる勝ち方できず、年明けすぐにこういう試合が出来て、ほんとうに良かったです。応援、よろしくお願いします!」と語った。 [nextpage] ▼第8試合 ストロー級 5分3R〇新井 丈(キングダムエルガイツ・和術慧舟會HEARTS)[1R 1分46秒 KO] ※右フック×木内“SKINNYZOMBIE”崇雅(和術慧舟會GODS) ストロー級ランカー対決、1位の新井丈(キングダムエルガイツ・和術慧舟會HEARTS)と7位の木内SKINNYZOMBIE崇雅(和術慧舟會GODS)の対戦。  1R、ともにオーソドックス構え。リーチで勝る木内に、距離を詰める新井。左を振って組んでくる木内を新井は切る。  ジャブの打ち合いで左を効かせてダウンを奪う新井。さらにボディ打ち! 木内は組んで足をからめてストレートフットロック! しかしヒザを抜いた新井は立ち上がる。  新井は下の木内に付き合わずセコンドの大沢ケンジの「立たせろ」の声にスタンド勝負。なおもボディ、左フックをもらう木内はダウンしてガードに。スタンドで右アッパー、左フック、さらに右フックを打ち抜いた新井が、鮮烈なTKO勝利を決めた。  新井は、6連敗から怒涛の5連勝をマーク。和術慧舟會HEARTS所属となった新井は、「ストロー級一番軽い階級ですけど、どうですか、俺の試合面白くないすか。正規王者(箕輪ひろば)と暫定王者(猿丸ジュンジ)、どっちに喧嘩していいか分からないので、2人に勝負してもらって決めてもらって、その間にランカーを片っ端から潰す。何度も言うけど、黒澤亮平、俺と殴り合えよ、よろしく」と、マイクで語った。 [nextpage] 【中止】 ▼第7試合 フライ級 5分3R関口祐冬(修斗GYM東京)内田タケル(パラエストラ松戸)※内田タケルが新型コロナウィルス陽性 [nextpage] ▼第6試合 女子スーパーアトム級 5分2R〇黒部三奈(マスタージャパン東京)[判定3-0] ※20-18×3×宝珠山桃華(赤崎道場A-SPIRIT)  11月のSARAMIとの一戦でベルトを奪われた黒部三奈(マスタージャパン東京)が早くもリスタートを切る。防衛には失敗したが「年間最高」と言っても過言ではない激闘を見せ、“女王”黒部の面目躍如となった。  今回は、先の広島大会でKO寸前まで追い込み初勝利をあげた宝珠山桃華(赤崎道場A-SPIRIT)の挑戦を受ける。  1R、上体を立てて打撃を打ち込む宝珠山。しかし、黒部も頭を下げて前に出て右。宝珠山も遠間から右ストレートを当てる。黒部は右を振り組むが、シングルレッグの黒部に、腰の強い宝珠山は右の鉄槌を打ち落とす。  ボディロックテイクダウンは黒部。上体を立てる宝珠山は、金網背に左右に動かしながら立ち上がる。  なおも右で差したまま押し込みヒザを突く黒部。ボディロックして左に崩すが、金網背に立ったままブザー。  2R、遠い距離から左右を打つ宝珠山。しかし黒部は組んで前へ。いったんは体を入れ替える宝珠山だが、すぐにまたも入れ替え金網に押し込みシングルレッグでテイクダウンは黒部。上体は金網に立ていた宝珠山だが、軸足を払い背中を着かせる黒部。ここでスペースが空いたところで立ち上がる宝珠山。  しかしなおもアタックする黒部がボディロックから尻下で組んで左に崩してテイクダウンしたところでブザー。  判定は3-0(20-18×3)で、元王者・黒部が勝利。再起を飾った。 [nextpage] ▼第5試合 インフィニティリーグ2022女子アトム級 5分2R〇久遠(ZERO)[1R 腕十字]×加藤春菜(NACSER DO SOL)  新設された女子アトム級初代王座を巡りスタートした『インフィニティリーグ2022』から大本命と目される“格闘ジャンヌダルク”渡辺久江改め、久遠(ZERO)がいよいよ初戦を迎える。  ブランクを経て、ママとなった久遠がどんな試合を見せるのか? 注目のリーグ初陣で“女子高生シューター”加藤春菜(NACSER DO SOL)を迎え撃つ。  1R、スタンドで動じず左右ラッシュ、さらに左インローを当てる久遠。加藤も打ち合いに応じるが大振り。冷静にさばく久遠。  ガードを下げ目に加藤をのんでかかると、組んで引き込み三角絞めへ。またいで外そうとする加藤の顔に足をかけて腕十字へ! タップを奪った。  2016年のVTJ以来、6年ぶりの勝利を掴んだ久遠は、試合後、「春菜選手かわいい顔してるけど打撃重かったです。打撃も極めも出来るオールラウンダー久遠で行きます。たぶん全部、一本KOで行けるようにしたい。KOね。女子でもここまで殴れる人がいる。ヒジ、楽しみにしていてください! うたちゃん見てる? 子供を上げたかった」と口から流血しながら笑顔で語った。 [nextpage] ▼第4試合 インフィニティリーグ2022女子アトム級 5分2R〇中村未来(マルスジム)[判定3-0] ※20-18×3×小生由紀(グランドスラム沖縄A・P・P)  リーグ戦、“北のストライカー”中村未来(マルスジム)と“ちゅらさんグラップラー”小生由紀(グランドスラム沖縄A・P・P)の一戦もマッチアップ。打撃の中村 vs 極めの小生。どちらが得意の展開に持ち込むかが勝負の分れ目となるか。  北海道初の女子プロシューターの中村と、沖縄初の女子プロシューターの小生の対戦。  1R、サウスポー構えの中村は左ストレート。先に組んで右で差した小生だが、下に引き込みサイドからバギーチョークへ。しかし外した中村がサイドかれ鉄槌。さらいクルスフィックスからパウンド連打で上のままブザー。  2R、後ろ蹴りを見せる中村。右で差す小生にヒザを突く中村は体を入れ替える。小生は離れ際に右、前蹴りも、中村が左右で反撃。  被弾して下がる小生はジャンピングしてのクローズドガードから股の間を潜り、スイープ。しかし、すぐに上を取り返す中村。スタンドで左右を振って前へ。  判定は3-0(20-18×3)で中村が勝利。勝ち点2を獲得した。 [nextpage] ▼第3試合 52kg契約 5分2R〇杉本 恵(AACC)[判定3-0] ※20-18×3×ソルト(マルスジム)  女子スーパーアトム級王座を虎視眈々と追う杉本恵(AACC)の出場も決定。対戦相手はアマチュア修斗EXトーナメント2020でプロ昇格を果たした北海道マルスジムのソルト。長い手足から放たれるマルスジム仕込みの鋭い打撃がトップランカー杉本にどれだけ通用するか。また宝珠山、ソルトは共に今年度の新人王にエントリーしており、プロデビュー戦でトーナメントに弾みをつける戦いが期待される。  1R、開始早々にテイクダウンを奪う杉本。尻を着くソルトだが、金網背に立ち上がる。右で差して押し込みヒザを突く杉本。一転、下に潜りダブルレッグテイクダウン! ソルトの立ち際にバックテイク、正対し、マウント&パウンド。しかしソルトも足を戻して立ち上がる。しかしその立ち際をまたもテイクダウンする杉本。ソルトは金網背に立ち上がると杉本のテイクダウンを切って立ってブザー。  2Rも早々にダブルレッグテイクダウンは杉本。しかしソルトが立ち上がったところでブレーク。手数が増えるソルトは、ワンツー&右の蹴りに繋ぐ。  杉本は低いシングルレッグから前に足を運びダブルレッグテイクダウン! 両足を束ね、背中越しに左手をリストコントロール。右で細かくパウンドする。ソルトの立ち際にバックを狙う杉本。右手を差し入れるソルトだが、そこを潜りバックを奪う杉本は両足をかけてリアネイキドチョークへ! 後ろ手を剥がすソルト。凌いで後方の杉本にパンチも、テディベアの形のままでブザー。  判定は3-0(20-18×3)で杉本が勝利した。 [nextpage] ▼第2試合 フェザー級 5分2R×木下タケアキ(和術慧舟會HEARTS)[2R 3分53秒 TKO] ※左フック→ラッシュ〇工藤圭一郎(グランドスラム沖縄A・P・P)  1R、サウスポー構えの木下は左ミドルから。さらに左ボディストレート。オーソドックス構えの工藤は右を振り組みに。四つに組むもブレーク。なおも左の蹴りの木下はボディ打ちにもレベルチェンジ。左を振って組んだのは工藤だが、体を入れ替えた木下。押し込み右ボディアッパーを突く。  2R、右を振って飛び込んだ工藤はその頭を上げたところ、木下の顔に当たりバッティングに、一瞬、木下はアゴが上がると、なおも詰める工藤は左右ラッシュから左フック! 打ち抜かれた木下がダウンした。 [nextpage] ▼第1試合 ストロー級 5分2R〇阿部マサトシ(AACC)[判定3-0] ※20-18×3×牧ヶ谷篤(和術慧舟會群馬支部)  ストロー級の5分2R戦。約2年半ぶりの復帰戦を迎える45歳の阿部マサトシ(AACC)と42歳の牧ヶ谷篤(和術慧舟會群馬支部)が対戦。  1R、リーチで勝る阿部はサウスポー構えから左ジャブを当てる阿部。牧ヶ谷のシングルレッグを切ってパウンド。さらに右ローを当てる。阿部はヒザ蹴りも、外掛け外ヒールフックは牧ヶ谷。阿部はヒザは入っているが足を掴む牧ヶ谷に裏拳で鉄槌。牧ヶ谷が内ヒールに変えたところで阿部は足を抜く。  なおもシングルレッグに入る牧ヶ谷。がぶる阿部にディープハーフ、さらに立ち上がりバック狙いも、阿部は頭を押さえて拳を落とす。  2R、近づいて大きな右を振る牧ヶ谷。左ジャブスウェイでかわす阿部。アイポークで阿部が目を押さえ中断。再開、右のバックフィストを振る牧ヶ谷。阿部は右前蹴りと右ジャブをこつこつと当てる。牧ヶ谷も左ジャブの相打ち。さらにシングルレッグもがぶる阿部はスタンドに。右ストレートも当てる。  牧ヶ谷の大きな右をかわす阿部。牧ヶ谷はバックフィストを首筋に当てる。阿部は左ストレート、アッパーも当てるが牧ヶ谷は下がらず。最後にシングルレッグに入ってゴング。  判定は3-0(20-18×3)で、2012年以来、2年8カ月ぶりの白星を掴んだ。 【中止】 ▼OPファイト フライ級 5分2R佐々木駿友(T-GRIP TOKYO)森田興希(パラエストラ松戸)※森田興希が新型コロナウィルス陽性
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント