キックボクシング
ニュース

【RISE】山口裕人がOFG大会のエースを狙う、超過激格闘技からの刺客・東修平と「殴り合いしかない。危なそうな人だったのでめっちゃ楽しそう」

2022/01/14 17:01
 2022年2月16日(水)東京・新宿FACE『RISE FIGHT CLUB』の記者会見が、1月14日(金)都内にて行われた。 『RISE FIGHT CLUB』は昨年5月から試験的に導入されたオープンフィンガーグローブ着用によるRISEルールで全試合が行われる新大会。今回の会見では3試合が発表された。  -65kg契約3分3Rで、山口裕人(道化倶楽部)と東修平(AACC)が対戦する。  山口は関西キックボクシング界を代表する激闘派ハードパンチャーで、大阪でプロデビューから8連勝。中央進出後は木村ミノル、東本央貴などに勝利。WPMF世界スーパーライト級暫定王座、WBCムエタイ日本同級王座、INNOVATION同級王座、DEEP☆KICK 63kg級&65kg級王座、WPMF世界スーパーライト級暫定王座など数々のタイトルを獲得している。5月にRISE初のOFG戦に志願し、松本芳道と時間切れ引き分け(判定無し)に終わったが、9月大会では稲石竜弥から2度のダウンを奪って判定勝ち。戦績は26勝(17KO)18敗1分。  東は2007年11月にプロデビューし、DEEP、GRACHANといった総合格闘技団体でMMAファイターとして活躍。2017年からはグローブを着けないパンチ、キック、ヒジ打ち、ヒザ蹴りだけでなく、頭突きや投げ技、立ったままの関節技、故意でなければ金的攻撃も許される過酷なルールで行われている“地上で最も過激な格闘技”ラウェイの試合にも定期的に挑戦。バチバチの殴り合いで会場を沸かせている。7月のラウェイ戦では高木亮に2度のダウンを奪われるも頭突きで逆転KO勝ち。MMA戦績は14勝5敗3分。  会見には仕事の都合で欠席した東だが「経験と技術では到底山口選手の足元には及びませんが、僕はこれまで世界一過酷な格闘技ラウェイを主戦場に2017年に参戦して以来、10戦以上戦ってきました。2019年にはミャンマー本国で世界大会MLWC(ミャンマー・ラウェイ・ワールド・チャンピオンシップ)に出場をして僕のファイトスタイルは本国のファンからも好かれ、その年のベストファイターに選ばれた経験もあります。無尽蔵のスタミナとハートの強さが僕の最大の武器です。僕がOFGで戦うことで、ラウェイ、アンビータブルからOFGのリングに上がりたいと思う選手への導線作りと、皆様にはリングの上で2人が戦いをおもっきり楽しむ姿を見せたい。僕の全てを懸けて山口君の期待に応えます。も~う、楽しみすぎる! お仕事があり会見に出席ができず、山口裕人選手にお会いできないことが凄く残念ですが、計量日に最高の状態でお会い出来ることを心から楽しみにしています。ヨロシクやで!」との意気込みを寄せた。  このメッセージを聞いた山口は「めちゃめちゃいい人ですね、東さん(笑)。調べたらもっと危険な人だと思って、会見でめっちゃやられると思って構えていたんですがいい人でした。僕もめっちゃ楽しみです。危なそうな人だったので、めっちゃ楽しそうな相手。『RISE FIGHT CLUB』はまだ小さいですが、これもでっかくして盛り上げて、後楽園ホール、さらにもっとデカい大会を開いてもらえたらなと思います。盛り上げます」、東との試合が楽しみだと言い、念願だったOFG戦のみの大会初開催に燃えるコメント。  東の印象を聞かれた山口は「ラウェイの試合を見たけれど、めちゃくちゃ頭突きしてました。それは凄いなと思います。面白そうな相手やな、噛み合うと思います。向こうも多分、見た感じで遠慮なく殴ってくると思うので殴り合います」と、噛み合う相手だとした。 (写真)ほぼ素手で戦うラウェイの試合経験豊富な東(右) 所属が今回より山口道場から道化倶楽部に変わったことについては、「いろいろあって抜けた感じで。練習は前より出来ているし、一個一個集中するようになりました。弟(山口侑馬)は一緒にいて、他のメンバーもいます」と、練習環境は問題なしとした。 「殴り合いしかない。東選手の戦い方を見ても。めっちゃ楽しみです」と間違いなく殴り合いになると言い、東が元々はMMAファイターでOFGでの試合経験が豊富なことについては「僕より慣れているかもしれないけれど、全然イケます。僕もやっているので」と全く心配はしていない。 「OFGは当たるところも変わってくるし、ガードしていてもけっこう効く。だからブロックをしない(でかわす)ように今は意識していますね」と戦い方も変わってきたとし、OFGだとボクシンググローブのようにダウンさせにくいのではないかと聞かれると「RISEのOFGはMMAのOFGより(アンコの部分が)デカいんですよ。だからグローブ自体は小さくてアンコがデカいので、さらに効くと思う。普通のOFGより効くと思いますよ。KOはこれから多くなると思います」と、このOFG戦用に開発されたグローブは通常のOFGよりも効かせることが出来るとした。  念願だったOFGマッチ単独大会。RISEのOFGマッチといえばYA-MANが一歩先をリードしている感があるが、『RISE FIGHT CLUB』のエースを狙うかと聞かれると山口はニヤリと笑い「それしかないです。なりますよ」と、自分がOFGマッチの主役になると宣言。「めちゃくちゃ盛り上げるので。他の試合がおもんなくても、俺と侑馬がバッチリ盛り上げるので、山口兄弟だけの試合を見てください」と、“山口兄弟だけを見てればいいんだよ”と言わんばかりにアピールした。  伊藤隆RISE代表も「間違いなく記憶に残る試合になる」と、この一戦に太鼓判を押した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事