K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】外国人選手の招聘を断念、スーパー・バンタム級王座決定トーナメントは国内在住選手で実施、出場者の公募も

2022/01/14 01:01
 2022年2月27日(日)東京体育館『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN』の対戦カード発表記者会見が、1月13日(木)に行われた。  会見の冒頭、同大会で行われる「K-1 WORLD GP第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント」について、中村拓己K-1プロデューサーより発表があった。  当初、同トーナメントは第6代Krushスーパー・バンタム級王者・玖村将史、第3代Krushバンタム級王者・金子晃大、第5代Krushバンタム級王者・佐々木洵樹、現Krushスーパー・バンタム級王者の璃明武の4人に、外国人選手4名を加えて行われる予定だったが、1月11日に日本政府より「外国人の新規入国の禁止が2月末まで延長」が発表されたため、外国人選手の招聘を断念することに。  中村Pは「10月末から外国人選手の選出を始めて、通常より多い候補人数をピックアップして、在留資格証明書・ビザなど書類の申請を始めていました。政府の水際対策の延長もありながら、隔離期間も含めて2月上旬に選手が来日できるスケジュールを組み、1月に在留資格証明書を取得し、ビザの手続きも進めていたのですが、11日の政府の発表で外国人選手の招聘ができなくなりました。こういう状況になって率直に残念です……。『残念です』としか言いようがないぐらい残念で悔しいです。外国人選手がいるワンデートーナメントがK-1なので、何としてでもファンの皆さんに(外国人選手ありの)トーナメントをお届けしたかったのですが、それができないということになりました。こればかりは僕らの力ではどうしようもなく、本当に残念な結果になってしまったと思います」と状況を説明。 (写真)(左から)金子、璃明武、中村K-1プロデューサーを挟んで玖村、佐々木 これにより、トーナメントの中止や4人制のトーナメント開催も検討されたが、「4選手はトーナメントに向けて準備を続けている。王座を空位のままにしておくのはK-1が停滞してしまうし、トーナメントを楽しみにしているファンのみなさんがいる。ここでK-1が歩みを止めるわけにはいかない」との判断から、追加4選手は日本人選手・日本在住外国人選手から選出されることとなった。  また、中村Pは「K-1・Krushに参戦経験がなくてもトーナメントに興味がある選手も募集したい。我々にコンタクトをとってもらえれば、実績・戦績・契約状況を判断材料としてトーナメント出場の候補選手として考えたい」と、公募することを呼びかけた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事