MMA
ニュース

【Invicta FC】女子アトム級に新王者誕生! デルボニがザペテラを完封

2022/01/13 17:01

▼バンタム級 5分3R
〇ハイレイ・コーワン(米国)135.4ポンド/61.41kg
[2R 3分17秒 リアネイキドチョーク]
×モニカ・フランコ(米国)135.4ポンド/61.41kg

 LFAで活躍してきたコーワンは、アクロバティック体操で2度のオールアメリカンに輝いたアスリート。肩の怪我で引退後、治療後に「遊び半分で入った格闘技ジムで、ドアを開けた瞬間に惚れ込んで」、その日のうちに電話して仕事を辞め、その場でフルタイムのトレーニングを開始したという。

 LFAではデビュー戦の黒星以降、5連勝。2020年9月にケリー・クライトンおnギロチンチョークで一本負けし、心機一転、Invicta FC参戦を決めた。

 対するフランコは、MMA2勝。2020年2月にInvicta FCデビューし、クリスティーナ・ペティグリューに判定勝ちしている。

 1R、サウスポー構えからワンツーのコーワン、詰めて組むと両脇を差して小外がり狙い。金網背い凌ぐフランコ。

 コーワンはボディロックからヒザ蹴りで崩し、テイクダウン。ハーフから右をパウンドする。

 2R、サウスポー構えから左のロングフックを振って組んで、両脇を差してから小外がけでテイクダウンを奪ったコーワン。レッグドラッグでパウンドする。

 フランコは、50/50を取ろうとするがヒザを着けて寝かせるコーワンはマウント奪取。4の字ロックでリアネイキドチョークを極めた。

 LFAで5勝2敗後、Invicta FCに参戦したコーワンは、デビュー戦で一本勝ち。試合後、UFCのダナ・ホワイトへ「聞いているかしら、UFCで戦いたい」と呼び掛けた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア