柔術
ニュース

【KIT】ノーポイント&サブオンリー柔術で山中健也vs.ホブソン・タンノ、イゴール・タナベvs.添田航平、世羅智茂vs.細川顕、マテウス・オンダvs.塚田市太郎も=1月9日(日)13時配信

2022/01/09 01:01
【KIT】ノーポイント&サブオンリー柔術で山中健也vs.ホブソン・タンノ、イゴール・タナベvs.添田航平、世羅智茂vs.細川顕、マテウス・オンダvs.塚田市太郎も=1月9日(日)13時配信

MMAデビューも果たしたイゴールの貴重な道衣マッチが見られる(C)KIT

 2022年1月9日(日)13時から、ノーポイント&サブオンリーのブラジリアン柔術大会「KINYABOYZ INVITATIONAL TOKYO(KIT)」第4回大会が無観客ライブ配信で行われる。

 KITは、本戦がノーポイント&サブオンリー(絞めや関節技による一本決着)で、延長戦の場合はゴールデンスコア方式(ポイント先取で勝利)、判定の場合は本戦と延長戦の両方の試合内容から勝敗が決する。試合時間は、黒帯8分、マスター5分、茶帯7分、紫帯6分、青帯5分、キッズ4分。

 8日に前日計量が行われ、第2試合で予定されていたドグラス・トーレスが体調不良で欠場になった以外は、ほか全選手が計量をパスした。

▼第16試合(メインイベント)黒帯74kg級
山中健也(IGLOO)73.3kg
ホブソン・タンノ “シュシャ”(DAMM FIGHT JAPAN)73.15kg

 メインイベントは、大柳敬人のヒザの負傷による欠場で、“シュシャ”ホブソン・タンノ(DAMM FIGHT JAPAN)がスクランブル参戦。山中健也(IGLOO)と74kg契約で対戦する。過去に山中はシュシャに2敗しており、今回は山中がシュシャを指名してのリベンジマッチに臨む。延長戦なしの特別ルール。

 ルーカス・レプリのもとで2カ月半練習を積んできた山中、これまで2勝のうち一度は逆側の三角絞めによる一本で極めているシュシャはまたも返り討ちにするか。

▼第15試合 黒帯ヘビー級
イゴール・タナベ(IGLOO)
添田航平(ボヘミアンズ)93.0kg

 セミは、ヘビー級でイゴール・タナベ(IGLOO)と添田航平(ボヘミアンズ)が対戦。KIT3から延期されていたカードが実現する。

 イゴールとリダ・ハイサムの戦いで幕を開けたKITにとって、イゴールの試合は特別なもの。その後、イゴールは2021年10月の「HEAT49」でMMAデビュー。清水洸志を57秒、三角絞めに極めると、続けて11月には英国のノーポイント&サブオンリー大会「Polaris18」にも出場。道衣90kg契約・10分一本勝負で、ノルウェーのトミー・ランガカーを、残り55秒でボウアンドアローチョークで極めてタップを奪っている。国内外で活躍するイゴールの真骨頂が発揮されるであろう道衣マッチに注目だ。

 対する添田は大阪大学柔道部出身=七帝柔道から柔術に進み、2020年のJBJJFミディアムヘビー級王者となっている。得意の柔道の立ち技とトップゲームで、イゴールを抑え込むことが出来るか。

▼第14試合 黒帯ライト級
世羅智茂(CARPE DIEM)75.3kg
細川 顕(ALMA FIGHT GYM HOMIES)

 さらに、第14試合の黒帯ライト級では、世羅智茂(CARPE DIEM)と細川顕(ALMA FIGHT GYM HOMIES)が対戦。

 QUINTETなどでも活躍、ノーギで名を馳せる世羅が道衣ありに出場。過去に敗れている細川との対戦を望み、「道衣ありに区切りをつける」という。対する細川は、名古屋新栄町に自身のジム「ALMA FIGHT GYM HOMIES」を起ち上げたこともあり、試合から離れていたが、KITで復帰。かつてクレベル・コイケにも一本勝ちした道衣の極めの強さを見せるか。

▼第13試合 黒帯フェザー級
マテウス・オンダ(バルボーザ柔術)
塚田市太郎(DAMM FIGHT JAPAN)

 第13試合では、青帯までを日本で過ごし、大学進学のためブラジルに帰国し、マルコ・バルボーザのもとで柔術を続け、紫帯でブラジル王者、茶帯でヨーロピアン王者となって黒帯に昇格したマテウスが日本に一時帰国。青帯時代に「黒帯で活躍していた憧れの選手」という塚田市太郎と対戦する。

 40を過ぎてなおアダルトカテゴリーで活躍中の塚田は、KITに連続参戦中で、本戦サブオンリー&オーバータイムのゴールデンスコアのルールを熟知しており、いかに戦うか。

 また、TIGETでライブ配信される同大会の解説は、前回に続き中井祐樹と、今回が初解説となる大沢ケンジが務める。柔術茶帯の腕前の大沢はKITでどんな魅力を伝えるか。実況はセーラーチェーンソー春山、リングアナウンサーはCanaryとなっている。全16試合のその他カードは以下の通り。

▼第12試合 黒帯ミディアムヘビー級
グラント・ボグダノフ(ALMA FIGHT GYM LIFE)kg
トーマス・ミッツ(CARPE DIEM)88.3kg

▼第11試合 黒帯ライト級
後藤拓磨(Flow Jiu-Jitsu Sendai)74.8kg
峯岸零弥(パラエストラ小岩)74.4kg

▼第10試合 茶帯ライト級
平田孝士朗(CARPE DIEM)75.5kg
小林潤矢(パラエストラ八王子)75.4kg

▼第9試合 茶帯ライト級
マテウス・ヒロトミ(Impacto Japan BJJ)kg
鈴木 真(CARPE DIEM)74.5kg

▼第8試合 茶帯女子フェザー級
守脇美友(CARPE DIEM)54.5kg
井上智子(ストライプル茨城)kg

▼第7試合 紫帯女子ライトフェザー級
山田海南江(IGLOO)52.4kg
高崎 栞(X-TREME EBINA)54.0kg

 [休憩]
 
▼第6試合 マスター黒帯ミドル級
高橋圭太(上野御徒町ブラジリアン柔術部)81.0kg
森修(トライデントジム)81.4kg

 ▼第5試合 青帯ライトフェザー級
高橋逸樹(CARPE DIEM)61.0kg
石井 晴(トライフォース)63.4kg

▼第4試合 青帯ライト級
坂本ハリ(アラバンカ柔術アカデミー)kg
馬場 匠(ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜)75.4kg

▼第3試合 青帯/女子フェザー級
吉永 愛(パラエストラ岐阜)59.7kg
日向野知恵(トライフォース)59.5kg

▼第2試合 プレティーン黄帯50kg級
秋田将善(アラバンカ柔術アカデミー)kg
漆田大和(野武士)48.7kg

▼第1試合 青帯ライトフェザー級
永井 翔(IGLOO)63.7kg
青木雄哉(ALMA FIGHT GYM LIFE)62.6kg

【中止】紫帯ミディアムヘビー級
ドグラス・トーレス(ダムファイトジャパン)─
西野太ニ(FIELD-RING)87.0kg


※トーレスは前日計量で体調不良により欠場

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント