MMA
ニュース

【RIZIN】シバター、格闘技の試合は今年で終わりか「来年も上がりたいという気持ちはゼロ」「どうしても出て欲しいなら1億円で」

2021/12/31 20:12
 2021年12月31日(金)さいたまスーパーアリーナにて開催されている『Yogibo presents RIZIN.33』の第6試合で、久保優太(PURGE TOKYO/BRAVE)に1R1分34秒、腕十字でのテクニカルサブミッション(コーナーストップ)で勝利したシバター(フリー)が試合後インタビューに答えた。 「ホッとしましたね。今年は家で年を越せないと思っていたので。病院の集中治療室で年を越すと思っていたので。勝てたのも嬉しいですが、大怪我がなかったのも凄い嬉しいです」  今回、嫌がりながらもRIZINに出た理由を聞かれると「ないですよ。RIZINがどうしてもシバターさんに出て欲しいと言うのと、動き出していたから。ヒカル君もてんちむちゃんにもヘラヘラにも、出るかもと言っておいて予約して予定もあけてもらっていて、みんな超大物ですよ。スケジュールをおさえておいて。逃げたいけれどもう引けないからしょうがないなって感じです」と、一緒に入場したYouTuber仲間たちのスケジュールを抑えてあったから仕方なくでたとした。  今後の目標を聞かれると「とりあえず今すぐ控室に帰って、動画を撮って(地上波)放送に合わせてアップするために編集したいです」と、YouTuberに戻りたいという。  格闘技に関しては「来年は出ないです。自分の実力は自分が分かるから、3度目はないかな。大怪我するから出ないです。どうしても出て欲しいなら1億円で」と、格闘技の試合に出るのはこれが最後との意向を示した。 「プロレスは今後もやるつもりですが、RIZINにまた上がりたいかとと言ったら契約とカードで揉めたし、だいぶ大揉めしてここまで来ているので、来年も上がりたいという気持ちはゼロです。もし大きな金額を提示してくれるなら気が動くかも。でもまあまあな金額じゃないとやらないよ」  試合前の弱気な発言などについては「多少の演出はあれど、思ってもいないことは言わないので。思っていたことを言うのが僕のスタイルなので本音で思っていました。泣いたのも本当だし」と、今回はおふざけ無しで100%真剣だったと主張。  また、色気を見せていた世界的YouTuberのローガン・ポールとの対戦がもし組まれたら、と聞かれると「だんだん強くなっているでしょう。ローガンこそやりたくないです。あいつは危険ですよ」と、オファーが来ても拒否すると笑った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント