MMA
インタビュー

【RIZIN】瀧澤謙太、朝倉海との試合で「何もさせずに勝つことがベスト」、平本蓮からのアドバイスを「すごい参考にした」

2021/12/29 22:12
 2021年12月31日(金)さいたまスーパーアリーナ『Yogibo presents RIZIN.33』に出場する全選手のリモートインタビューが29日(水)に行われた。  第2試合のRIZINバンタム級(61.0kg)JAPANグランプリ準決勝(5分3R)で朝倉海(トライフォース赤坂)と対戦する瀧澤謙太(フリー)が、囲み取材に答えた。 1月1日は、仲間と朝くらいまでゆっくりと楽しんでいる ――現在の心境は? 「あとはやるだけだなって感じですね。やれることはやったので悔いはないです」 ――大晦日の印象は? 「大晦日はやはり一番盛り上がるし注目されるので、それに出られることは嬉しいことですね」 ――対戦相手の朝倉海選手の印象は? 「強い選手ですね。爆発力があって打撃が強い、仕留める武器も何個か、というか多いですね。腰も重くて強い選手だと思っています」 ――どんな試合展開を予想する? 「相手も強いですが、何もさせずに勝つことを目標に作戦を組んでいるので、何もさせないようにすることがベストだと思っています」 ――準決勝・決勝への意気込みは? 「ほんとうにこの1年間、去年の大晦日に負けて心を入れ替えて、この1年間は心を入れ替えて格闘技に向き合って自分とも向き合って頑張ってきたので、大晦日に勝つために1年間やってきたと思っているので、その集大成だと思って全力でやりたいと思います」 ――朝倉海選手が「今まで味わったことのない打撃のスピードと威力を味わうことになる」と言っていたことには? 「スピードとパワーの予想はしています。どれくらいだろうなっていうのは頭の中に入れてあるので、それ以上でもそれ以下でもないだろうなって思っています」 ──その部分では逆に自分の方が上だという意識も? 「そうですね。それは見てもらえればと思います」 ──新極真で習得した空手は、どのように生きていますか。 「自分の空手はMMAにアジャストさせた戦い方をするんですけど、蹴りひとつでもパンチひとつでも、MMAとしてキャッチされないような蹴り方だったりとか、タックルとかすべてにおいて、対応できるようなリスクの少ない攻撃を、空手の教わった技のなかから自分で考えてやっていますね」 ──体重を下に落とした空手の動きでしょうか? 「いや、そういうわけではなく、キックの選手と空手の選手って、蹴りも突きも軌道が違う打ち方が出来るので、そういったところです。一つひとつの威力も自分ではあると思っています」 ──2試合を戦う想定で、1月1日にどう過ごしているかイメージはありますか。 「RIZINが大晦日に終わるのが遅いので、1月1日は、友達とか家族とかとどうなるか、仲間と朝くらいまでゆっくりと楽しんでいると思います」 ──身体は? 「身体のことは気にしていないですね。結構、自分は試合終わったあとに、どこか痛いとか関係無しに飯食いに行ったりとかするので、そこはそんなに気にしてないですね」 ──たくさんの動画を見て、朝倉海という選手の強さは大きく感じたか、それとも等身大で感じましたか。 「等身大ですね」 ──その中で「何もさせずに勝つ」という発言がありました。それは試合で早めに効かせたいということでしょうか。 「いや、そういうわけではなく、しっかり作戦を用意していて、『何もさせずに勝つ』ことをベースに作戦を組んでいて今年1年やってきたので、今回も作戦通りに行けば、何もさせずに勝つことが出来ますね」 ──朝倉海選手の打撃や組みをさばくことができると。 「そのために練習をしてきましたけど、まあ、どうなるか分からないですけど」 ──朝倉選手が比較的リスクの少ない寝技を混ぜてくる可能性もあるかと思います。打撃への耐性が強く後半戦に盛り返す事ができる瀧澤選手としては準備ができていますか。 「組み技も散々練習してきましたし、自分から組みに行く可能性も無きにしもあらず、一つの作戦だけじゃなく、展開によっていろいろプランA、プランBといろいろ用意しています」 ──平本蓮選手ともGPについて話しましたか。 「ちょっと連絡を取ったくらいですね。まあ『こうした方がいいんじゃないか』というアドバイスくらいは、もらいました。すごい参考にしましたね」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント