MMA
ニュース

【RIZIN】シバターまだ契約していなかった「明日出るか出ないか決めたい」さらに「RIZINさんに上がりたい気持ちがそもそもない」と不信感も

2021/12/29 20:12
 2021年12月31日(金)さいたまスーパーアリーナ『Yogibo presents RIZIN.33』に出場する全選手のリモートインタビューが29日(水)に行われた。  第6試合の90kg契約RIZIN MMA特別ルール(判定無し、KO・一本のみ決着)3分2Rで、久保優太(PURGE TOKYO/BRAVE)と対戦するシバター(フリー)が記者たちの質問に答えた。  シバターは開口一番「あのね、まだ契約書を提出してないんですよ。だからギリギリワンチャン辞めれるかなと思って悩んでいます。これ本当なんだよ、本当。みんな演技だと思っているけれど本当なんです。だから明日1日ゆっくり考えて、出るか出ないか決めたいと思います」と、大会2日前になった今日でもまだ出場するかしないかを迷っているという。  久保の印象を聞かれると「強いんじゃないですか。めちゃめちゃ強いと思いますね。YouTube見たら、名だたるプロの選手が予想動画を出していて、揃いも揃って総合の経験値があるシバターが有利と予想をしているんですよ。ほとんどのプロ格闘家がシバター有利の予想をしている。そこで思ったんですが、リオン武さんとか凄いベテランじゃないですか。でも、自分の試合運びが上手くて自分の経験値も凄くてプレイヤーとしては凄いんでしょうけれど、人を見る目はないなと思いますね。僕はめちゃ弱いですよ! めちゃめちゃ弱いですよ! そこに来て久保選手はもちろん打撃のスペシャルリストで全く打撃では太刀打ちできないと思うし、宮田さんのジムで練習しているので寝技の対処もいろいろモノにしていると思うので多分僕のタックルは入らないし、組み倒せないし、引き込めないし、なかなかきつい展開になるんじゃないかなって思っています」と、なんとも弱気。  今回出場して久保と戦って引退するとのコメントもあったが、もし物凄い勝ち方をして観客が大いに沸いたら考え直すか、と聞かれると「いや、ないです」とキッパリ。 「なんかね、リアルな話をすると格闘技をずっとやって来ていろいろな試合に出させてもらって、こんなにナーバスになったりブルーになるのが初めてなんですよね。これ何かなって考えたんですけれど、去年は怖かったけれど闘志が燃えていた部分もあったんですよ。これは何かなと考えらら、僕の中で去年、勝っても負けてもHIROYAさんとの試合を最後にしようと思っていたんですよね。言わないけれど最後のつもりで行って、パフォーマンスはよかったと思うんですよね。実は今年はやるつもりがなくて、榊原さんと話をしていて、シバターはまだやる気があるのって言われて、実は去年のHIROYAさんとの試合で終わりにしようと思っているんですと伝えていて」と、そもそも昨年大晦日のHIROYA戦でもう試合はやらないと決めていたとする。  ではなぜ、今回出場することになったのかと聞かれると「その中でローガン・ポールの話が出て来て、ローガン・ポールとだったらやりたいって話を僕はしたんです。ユーチューバーとして凄い大きなチャンスなので、うまみがあったのでそこだったらというのがあったんですが、元々僕はプロ格闘家ではないので。そこで何試合もやりたいとか結果を残したいとの願望がないんですよね。だから今年もRIZINさんからお願いだから出てよってごり押しされて出るのは出るんですが、ファイターとしては闘志の部分でも身体の動きでも、もうほとんど終わっているというか、腐りかけているバナナみたいなものなので来年は喰えないんじゃないかなって思って」と、ローガン・ポールとの対戦をオファーされたことがきっかけだった。  それでも昨年はシバターvs HIROYAから視聴率が上がっていったことで、期待が大きいのではと言われると「あれがよくなかったね。去年スベっていたら今年は出なくてすんだんだけれどね。違うんだ、あれは目を瞑ってバットを振ったら場外ホームラン打っちゃったみたいな。みんなシバターいけるんじゃないって変に期待しちゃったけれど、実力ないんだから。去年上がり切った株が全部崩れ落ちててストップ安になると思いますよ」と、みんな勘違いしていると訴える。  さらには「次はないのか、来年はないのかってみんな聞くけれど、僕、RIZINのことをだいぶ信じていなくて。オファーは急だし、選手へのリスペクトも足りないし、ギャランティも僕が納得する金額を書いてくれましたけれど最初はここに書いてある金額の半分以下ですから。アホみたいな金額を提示してくるし。そういうところで変な駆け引きをしてくるし、変に信用ならないところがあるので、RIZINさんに上がりたい気持ちがそもそもないんですよ。大晦日のテレビの権利をRIZINさんが持っているから、選手がその席に座りたいからみんな頑張っているだけで、じゃあ格闘技団体としてどうなのかって時に僕はRIZINって格闘技団体としてはぶっちゃけプロMMA選手が上がりたいリングなのかって言うと、もしテレビがなくて大晦日がなかったらどうなのって僕は思いますけれどね。なので来年は正直、出ようとは思っていないです」と、RIZINに不信感を持っているとぶちまけた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント