MMA
インタビュー

【RIZIN】八乙女光「格闘技の芸術性も認めて」×ケンコバ「RIZINは大河ドラマ」×中川翔子「格闘技は沼、ドハマリしてます」=大晦日RIZIN

2021/12/28 10:12
 2021年12月31日にさいたまスーパーアリーナで開催される『Yogibo presents RIZIN.33』。この大晦日の格闘技の祭典が、フジテレビ系列にて18時から全国放送される(31日13:50~14:45に事前番組も放送)。  全16試合中、5試合が生中継を予定している同大会に向け、フジテレビでは事前番組として、ケンドーコバヤシ、中川翔子、八乙女光(Hey! Say! JUMP)が、RIZINの魅力、注目カードなどを語っている。  番組収録後、ゲストの3人が鼎談。本誌では、クラヴマガやジークンドー、カリの経験者である八乙女に、さらに格闘技の魅力を聞いた。 フェイスオフで迫力があった萩原京平選手と“怪物くん”の試合が楽しみ(ケンコバ) ――RIZIN大晦日大会に向けた事前番組収録の率直な感想をお願いします。 ケンコバ 本当に毎年のことなんですけど、11月、12月と、世の中で一番しんどい人って榊原(信行CEO)さんちゃうかなと思ってるんです。だから、榊原さんに今回の番組も出ていただくの大変やなと思ってたんですけども、いっぱい見どころを語ってくださって、より本番が楽しみになりましたね。 中川 もうこの事前特番の時点で、本当に楽しみすぎて手が震えるくらいで。この1年で本当にRIZINにドハマリして、こんなにも格闘技ってすごくロジカルで頭も使うものなんだって。それぞれの選手にいろいろなドラマがあって、怪我があったり、人生をかけて、命をかけて、こんなふうにたぎるものを見せていただけているんだと感じています。本当にいま、お仕事以外の時間、ずっとRIZINの勝敗予想とか、試合とかを追っていくのがすごく面白いので、周りでも女性の格闘技ファンの方──さっきも北乃きいちゃんと、ずっとRIZINの大晦日の話、勝敗予想とか、サトシ・ソウザ選手についてずっとLINEしてたんです。女子の格闘技仲間ももっと欲しいなと思うので、大晦日、いろいろな方と一つになれる日になりそうで、本当に楽しみですね。 ――八乙女さんもかなり熱く語ってましたが。 八乙女 テレビとかメディアで格闘技のお話をするのは本当初めてだったので。 ケンコバ ほんま、収録現場の合間はしてるんだけどね。 八乙女 そうですね(笑)。ずっとケンコバさんと話してましたけど。それ以外で格闘技について吐き出すところが、何も知識のないマネジャーさんという状況だったので、やっといっぱい思いを吐き出せて、それを吸収してくれる方が、この番組にはたくさんいて、すごい楽しかったですし、榊原さんの選手への愛もすごい伝わって、RIZINという大会は素敵だなと改めて思いました。 ――皆さん、それぞれにとっての今回のRIZINの注目の試合を教えてください。 ケンコバ いろいろあるんですけど、強いていえば、萩原京平選手対鈴木博昭選手、“怪物くん”の試合は、単純に楽しみですね。記者会見でのフェイスオフが一番迫力があったんで。本来やったらああいう2人には近寄らないんですけども(笑)、試合ってことで存分に間近で見たいと思います。 八乙女 僕の注目は……ほんとう全カードですけれども、でも、本当に今回しか見られないという意味でいうと、三浦孝太選手のデビュー戦ですね。卵から出てくる瞬間というのは今回しか見られないので。デビュー戦って、貴重な時間ですし、お父さんと同じ19歳デビューというのもドラマチックですし、そのドラマをすごい見たいなと思っています(※番組内で八乙女は三浦の動きを見て「身体が出来ていますね。攻撃の散らし方とか目が離せないです」とコメント)。 【写真】三浦孝太の真紅のジャケットは父カズが用意していたもの。 中川 私も選ぶのがすごく難しいですけど、ホベルト・サトシ・ソウザ選手が、どんな鮮やかな戦い方をするのかというのと、矢地祐介選手もいま“ブランニュー”で生まれ変わっている瞬間なので、すごい濃い大晦日になりそうです。  それに、やっぱり朝倉未来選手と斎藤裕選手の試合。お互い怪我のリスクがある中で試合を受けたというのがすごく男らしくて。この1年でものすごくトレーニングを積み重ねて、生まれ変わった未来選手と、そして、もう本当にこの1年バチバチやり合って、『華が無い』とかいろいろ言われた中でも、いぶし銀としての色気というか、魅力をどんどん身につけている斎藤選手。やっぱりここはもう無骨に勝ちに行くのか。それとも未来選手がリベンジするのか、これ本当に勝負論があって、いろいろな人がこの試合について話し合っているのがたまらないですね。『どっちが勝つと思う?』みたいなことをRIZIN好きな人と話すのが、今すごい幸せで。  さらに、何といってもバンタム級トーナメント──ごめんなさい、ちょっと熱くなって長く喋りすぎですかね(笑)。16人で始まりバンタム級トーナメントを最初からずっと見てると、本当に番狂わせと、そしてやっぱりみんな怪我をしながらもここまでやってきた、そういう中で、今までとは違った戦い方もそれぞれにすごく見えてきたので、この大晦日に朝倉海選手が、今度は3度目の正直にするのか(※2019年の大晦日はマネル・ケイプに、2020年の大晦日は堀口恭司に敗れている)。瀧澤(謙太)ダンスが炸裂する可能性もあるし。やっぱり扇久保(博正)選手が全員“漬物”にする可能性もあるし。やっぱり井上選手は“地獄のエンジェル”で、いろいろな方からの勝敗予想で『井上選手、かなり強い』と言われているので、相当盛り上がりますね。大晦日のトレンド1位は、紅白よりもこの『バンタム級トーナメント』になるんじゃないでしょうか。 ちょっとでも選手のことや格闘技のことを知っていると、より何倍も面白くなるというのが分かってきた(中川) ――RIZINの魅力というのはそれぞれどこにあると思いますか? ケンコバ 僕はありがたいことに、旗揚げ大会から見させていただいていますし、前身であるDREAMもPRIDEも見てきました。大河ドラマみたいなところがありますもん。大河ドラマって、見始めたら途中で降りることができないじゃないですか。もう僕にとってRIZINはその域に達してますね。特に年末はすごいなといつも思いますけども、それが通年続いてる。今はもう“シーズン”いくつになるんですかね。2015年から7年、ナンバーシリーズだけで33回になりますもんね。 ――その大河の流れが、PRIDEやDREAMから続いていると。 ケンコバ そう。だから、もう降りることがないでしょうからね。やっぱり僕が80歳くらいになったときに、近所の10歳くらいの子に語り継いでやりたいですもん。“こんな試合があったんだよ”って、語り部になるまで見続けていこうと思います。 【写真】2015年12月29日のRIZIN旗揚げ戦SARABAの宴に続く、31日のIZAの舞いに出場した武尊 中川 やっぱり本当に今年はいろいろあったなかでも、日本の選手たちの中でもこんなにドラマがあったり、組み合わせによって、この選手は誰に勝ったことがあって、でもこの選手は誰に勝ったことがあり……ということを考えると、本当にフェザー級とかも、一発で全然ひっくり返ることもある。そういうことをずっと考えているのが本当に楽しくて。だから、このRIZINに出会えたおかげで、一生ものの趣味ができました。映像で見たりはしていたんですけど、大晦日も実際に観戦したときの音とかがすごくて、仲間でみんなで語り合う友情だったりもあって。  あとは、すごくRIZINにハマったきっかけって、YouTubeとの相性がすごくいいことなんです。選手それぞれもYouTubeされていたり、RIZINのチャンネルの『RIZIN CONFESSIONS』。これを見たら、全員格闘技好きになりますよね。勝った選手も負けた選手もドラマがあって、そこに人生を賭けているんだということがすごく分かるんです。あの映像でサトシ・ソウザ選手の性格の良さとかすごく伝わってきて、とにかくいいから見てって、勧めたいのが『RIZIN CONFESSIONS』です。 【写真】6月東京ドーム大会に続いて、大晦日も中川はリングアナウンサーを務める。 ――掘れば掘るほど魅力的だと。 中川 沼ですね、果てしなく。以前、この選手はDEEPでこんな勝ち方してたんだとか、修斗ではこうなんだとか。ムエタイの試合とかまで見始めちゃって、止まらないです。大晦日までなるべく健康にいなきゃいけないので、睡眠時間はなるべく削らないように(笑)。だけどいっぱい勉強して楽しみたいです。ちょっとでも選手のことや格闘技のことを知っているほうが、より何倍も面白くなるというのも分かってきたので、もっと勉強したいです。 八乙女 いつどのタイミングで見ても楽しいというのが、やっぱりこの格闘技で。人に勧めて、見るようになった人も、いまなら過去の試合とか振り返ることも出来ますし、ほんとうにいつ見始めてもいいんです。特に今回のカードは、本当に初心者の方にも優しいようなカードが揃っているんじゃないかなと。本当に無敵であるという天心選手の誰が見ても分かりやすい試合から、どっちが勝つか分からないという“裏メイン”の萩原選手と怪物くんの試合だったり、そういう珍味からまっすぐ美味しいものまで揃っているので、そこを楽しんでいただきたいなと思います。 ケンコバ 大晦日大会の良さはそこもありますよね。普段、興味がない人も魅きつけられるカードがあるという。 [nextpage] ケンコバさんには、こそこそっと「この間、ねぎ魔神すごかったですね」とか話してます(八乙女) ――過去の試合も振り返ることが出来る、ということで、格闘技をこれから見始める人に向けて、それぞれ「この試合を見ておいたほうがいい」「この選手を見たほうがいい」「このエピソードは知っておいたほうがいい」というようなオススメがあればぜひご紹介ください。 ケンコバ やっぱり五味さんの試合じゃないですかね、一連の試合を見て燃えない日本人はいないと思うんでね。五味さんの今までの試合、修斗時代からずっと見たいなと思ってる人は、女性に限っては、僕に一報をくれたら全然ウチで用意しますんで(笑)。 中川 ごめんなさい、私も同じく五味選手の試合ですね。最初に興味を持った入り口が那須川天心選手だったり、朝倉兄弟だったりとかっていう方もいると思うんですけど、五味選手対矢地選手の試合、そして、五味選手対皇治選手の試合も、もうボッコボコのバッチバチに打ち合ってくれて、五味選手が勝った後に、コーナーに登って両手を挙げて、たくさんの名言も残して。これが男か、という姿を見せてくれるというところで、RIZIN面白いってなった大きなきっかけでもありました。なので、ぜひ女子も全員『五味さんを見てください』と言いたいですね。 八乙女 アニメのように楽しみたいのであれば、天心選手がオススメですね。残り数試合というカウントダウンも迫ってきていますし、トリケラトプス拳とか、みんなが“おーっ”とざわめく瞬間を作る選手なので、やっぱり本当に見やすいというか、すごくスッと見れるような試合、格闘技ってこう見ればいいんだという、本当に教科書のようでもあり、奥深さも詰まっていマニアックな部分の両方を持っています。見返すときは、もう無敗って情報が入ってるので気持ちがスカッとします。何回見てもやっぱり凄いんですよね。 ――八乙女さんとケンコバさんは、控え室でよく格闘技談義をされていると。八乙女さんの格闘技好きな面はあまり知られていないですよね。 八乙女 どこから説明したらいいのか(苦笑)。なんでジークンドーとかカリとかクラヴマガとかやってるの? みたいな(笑)。僕は本当に楽しむためというか。要は、サッカーを見ていてやりたくなるじゃないですか。それと本当に一緒なんです。それが僕にとって格闘技というだけで。 ケンコバ でもたまにこのへん(額)腫らしてるんでしょう? 八乙女 腫らしてるんですけど(苦笑)、でも、サッカーでも転んだら怪我するじゃないですか。だから、僕の中ではあんまり変わりはないんですよ。それが「格闘技」というだけで、みんな「ん?」となるのが面倒くさいので、あまり言わずにいただけで(笑)。 ケンコバ 大丈夫? ダンスに支障とか出てないよね? 八乙女 全然、大丈夫です! ケンコバ いや、テーピングとかでごまかしたときはあるやろう?(笑)。 八乙女 まあちょっと怪我してた時期はありましたけど(笑)。 ケンコバ ほどほどに、ね?(笑)。 八乙女 だから、ケンコバさんとかには、こそこそっと「この間、ねぎ魔神すごかったですね」とか話して(笑)。 ケンコバ RISEのねぎ魔神ね。ほら、みんなきょとんとするでしょ(笑)。 ――さきほど中川さんが北乃きいさんと格闘技話をする、というお話をされていましたけど、八乙女さんも芸能界の中で、格闘技の情報交換をされたりする方がいるんでしょうか。 八乙女 それがいないんですよ。だから、これをきっかけにいろいろな人に話しかけてほしいですね。“俺も実は格闘技好きなんだよね”っていう方がたぶんいると思うんです。 ――それぞれプレーヤーとしての目線でもお伺いしたいのですが、ケンコバさんは柔道と剛柔流空手をやられていて、八乙女さんはさきほど仰った、ジークンドー、カリ、クラヴマガもされています。経験者としての見どころもぜひ。 ケンコバ 伝統派空手出身選手は、PRIDE時代とかには少なかったんですけど、ここ数年、堀口恭司選手以降、ベースが空手の人って増えてきて、僕も少年時代に伝統派やったんですけど、やっぱり嬉しいですよね。日本の武道がベースとなって、トップどころで活躍できるというのが。今のRIZINの選手も、様々な空手ベースの選手が多いですからね。斎藤裕選手も伝統派出身で、朝倉兄弟、井上(直樹)選手、瀧澤選手とかはフルコンタクト空手出身ですし。 八乙女 僕はジークンドーをやっていますが、普通のキックボクシングのスパーリングとかも先生と稽古でやったりしてたときもあって、けっこうブラジリアンキックのああいうフェイントって見えなかったりするんです。1回、下を蹴るような軌道から上を蹴られると。下かと思ったら、もうすぐここ(頭)に。0点何秒後かには打たれている……。 ケンコバ 大丈夫なのか!? このへん生傷ついたらコンサートできないでしょう(笑)。 八乙女 大丈夫です。いまはちゃんと自分もガードするんで(笑)。はたから見てると、“えっ、なんでこのパンチ当たったの?”とか思ったりするんですけど、意外と3秒前くらいに巻き戻して見ると、ちょっとしたフェイクをかけてたりとか、そういうマニアックな布石を張っていたりもしてるので、KOの何秒か前というのを何回も繰り返すのはすごい楽しいですよ。 ――八乙女さんにとっては、この大晦日はRIZINがあって、その後が「ジャニーズカウントダウン2021→2022」という流れになります。どちらもフジテレビ放送で、熱い流れを繋いでいくことになりますね。 八乙女 そうですね。気持ちの切り替えは難しいと思うんですけど ――視聴者がちょっと違うかもしれないですが。 八乙女 違うかもしれないですけど、RIZINでは選手同士がお互いを射止め合い、その後に、僕らはファンの心を射止めるという仕事に徹して(笑)。 ケンコバ だから、6時から8チャン押して、そのままテレビをつけっぱなしにしてリモコン隠してくれたらちょうどいい(笑)。 八乙女 はい。本当に楽しい1年の締めくくりと、新しい年のスタートになるんじゃないかなと。 [nextpage] やっぱり体重差はかなり大きく響きます(八乙女) (鼎談後の個別取材にて) ――八乙女さんは、クラヴマガやジークンドー、武器術を含む総合格闘術のカリもされているとのこと。やっていて一番楽しいのはどんなところですか? 八乙女 結局、僕は格闘技を見るために始めたので、やることで格闘技を見るのがより楽しめるのがいいですね。でも、見るのが好きですけれども、たまにうずきますね、やっぱり、あのスパーリングをちょっとやってみたいなとか。 ――実際の練習の中では、人と対峙もして、格闘技の難しさってどんなところに感じますか。 八乙女 やっぱり体重差というのはかなり大きく響くなと思いました。中村(頼永)師父の道場に実際に習いに行ったときは、50人くらいの生徒さんがいる中で、ランダムにコンビを組んで、タックルの練習とかをするんですけども、ガタイのいい方と組んだときにタックルされると、全部ドリンク吐きそうになっちゃうくらいで(苦笑)。体重1キロ、2キロの差ってそんなに見ていて気にしない方が多いと思うんですけど、選手にとっては大きい。その部分は本当に感じてほしいですね」 ――なるほど。格闘技をやっていることがご自身の活動の中で影響してよかったなと感じることは? 八乙女 まさに本当、いまですよね。こういうふうに話せるようになったのも、自分が身体で学んだものが、言葉としてアウトプットできている。耳で聞いて身体が覚えた攻撃の仕方とか戦術とかって、こういうふうに言葉に置き換えれば人に伝わるんだということが知れてよかったです」 ――身体感覚を言葉に変換できる、それが表現者として役に立っていると。ところでジークンドーを始められたのは、先輩の岡田准一さんの紹介もあったようですね。 八乙女 はい。そこで中村先生の指導を受けて。中村先生の教えもすごいんですけど……そこで岡田(准一)さんの名前を出すんです。『この練習は岡田は1日で身につけたぞ』と。僕にとってはプレッシャーですが(笑)、それくらい岡田さんはすごいんだなという」 ――岡田さんは、ブラジリアン柔術でもダブルガードからベリンボロでバック奪取というマニアックなモダン柔術を地上波で披露されていて、格闘技界隈でも有名です。 八乙女 そうですね。たくさんやっていますね。ほんとうにすごいです。 ――八乙女さんもこれからも格闘技を続けていきたいと思っていますか。 八乙女 そうですね。ケンコバさんからは『怪我しないように』と言われたんですけども、怪我はしちゃうものなので、僕は本当に楽しむ程度で留めているんですけども、でも、その知識とか経験というのはずっと残っているものなので、選手の気持ちが少なくとも分かるかなというところもあります。 ――では、プロとして試合に臨むファイターについて、どのようなイメージを持っていますか。 八乙女 格闘技って単純にその場のリングでぶつかり合うというイメージを持たれやすいんですけど、その前に、今の時代に、試合まで向かうのが大変だなと感じます。盛り上げ方って、SNSだったりたくさんあると思うんですけども、逆にそれが困難なこともある。一般の人の声が直に選手に届くという時代なので、選手のメンタルの整え方だったりがとても難しいかもしれないなと。  でも裏を返せば、僕も今こういうふうに喋っていることが、電波やネットに乗って世間に伝わるような感じで、選手自身の考えを伝えられたり、PRに繋がったりもするので、僕はこの状況をポジティブに捉えて、どんどん格闘技が盛り上がればいいなと思っています。 ――ネット時代のプレッシャーが大きい反面、自身の試合を売り出すことも出来る。その両方を引き受けて戦うということですね。 八乙女 そうですね。あと、厳しい戦いですけど、あくまでも“スポーツ”だということですよね。よく“喧嘩じゃないの?”と一言で片づける方がいるんですけど、あくまでもルールがあって、そのうえで戦っているということは、本当に綺麗な戦いなので、その芸術性も認めてほしいなと思います。 ――まさしく。対人で攻防がある。そして練習一つ取っても、相手がいないとできないというコミュニケーションツールでもあります。 八乙女 そうなんですよ。人がいないと出来ないことなので、格闘技の経験はすごいいま僕のなかにも生きているなと思います。 ――本日はありがとうございました。こちら本誌『ゴング格闘技』の最新号です。 八乙女 ありがとうございます! でもどうしようかな……この号、もう買ってあるんです。 ――えっ、それはありがとうございます! ほんとうに格闘技、お好きなんですね。これからも格闘技の応援団としても注目しています。 今後のRIZINフジテレビ放送予定 12月29日(水)26:25~27:25(関東ローカル)「大晦日はRIZIN 直前SP」 12月31日(金)13:50~14:45(フジテレビ系列全国放送)「まもなく格闘技RIZIN」 12月31日(金)18:00~23:45(フジテレビ系列全国放送)「大晦日はRIZIN」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事