キックボクシング
ニュース

時間がなくなる中で「発想を変えた」(榊原CEO)ことで実現した那須川天心vs武尊、両者のファイトマネーをオープン案も

2021/12/24 17:12
時間がなくなる中で「発想を変えた」(榊原CEO)ことで実現した那須川天心vs武尊、両者のファイトマネーをオープン案も

那須川天心vs武尊は、大晦日に東京・大阪での2大会案もあったと明かした榊原CEO

 RISE世界フェザー級(57.5kg)王者・那須川天心(TARGET/Cygames)とK-1スーパー・フェザー級(60kg)王者の武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が、2022年6月に対戦することが12月24日(金)都内にて行われた記者会見で発表された。


 決定していることは、2022年6月にK-1でもRISEでもRIZINでもない中立のイベントで行われること、契約体重は58.0kgで翌日にも当日計量を行い4kg以内の増量は認めること、そしてワンキャッチワンアタック(1回の掴みや組みにつき1度だけ攻撃することが認められる)ルールで行われること。

 会見終了後、榊原信行RIZIN CEOは「まずは年越ししたくなかったですし、この夢の対決が実現することを発表したかった」と、とにかく対戦が決定したことだけは早く伝えたかったと今回の緊急会見になったことを明かした。


「この試合へ向けてノーコメントを貫かせていただきましたが、これはRIZINの場所で言う話ではない形、今日の会見を見ていただければ分かるように中立の形の中でしか実現は出来ないし、するべきことではなかったことをご理解いただけたと思います。それぞれ両陣営、両選手の想いが複雑に絡み合うんですね。

 当然、武尊選手は大晦日でやってもいい、でもそれはRIZINで中立の舞台ではないわけじゃないですか。大晦日でやりたいけれどRIZINの舞台では上がれないということになる。天心はRIZINの舞台でRIZINのファンのいるところで最後の試合を見届けてもらう形をとりたいと思うし。これはいろいろなケース・パターンを考えながら、両選手の想いをどこで帰着させるか。


 この大晦日もひとつのポイントとしてやったんですけれどね。大晦日に2つの場所に分けて大阪ドームとさいまた、RIZINとRIZINとは違うイベントをやるとかいろいろなパターンを考えたんですが、どんどん時間がなくなっていって。その中で、会見中に天心に嫌味を言われましたけれど(苦笑)、発想を変えて年内のRIZINとの契約下にある試合ではなく、4月に引退しなくてはいけないのってところも含めてもう1回、チーム天心にだいぶ無理を言って人間関係がおかしくなる手前くらいまで行って、みんなが理解を示してくれたところです」と、様々な案があったが最終的にこの形に落ち着いたと説明。


 また、両選手のファイトマネーは日本人対決としては過去最高額となるのか、との質問を受けると「両陣営とはもう合意書を交わさせていただいて今日に至っているので、過去最高をもらって当たり前のカードだと思います。これまでいろいろな形の日本人対決があったし、日本人対決に限らず日本人選手が関わって戦った試合があると思いますが、それをはるかに凌駕するファイトマネーを。そこに夢がある。これは両陣営とも話したいと思いますけれど、これをオープンにしてファイトマネーがそれぞれいくらと。そこにも優劣をつけたくない。両陣営と話していきます」と、ファイトマネーの額をオープンにしたいと語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア