MMA
ニュース

【RIZIN】萩原京平が左目に異常も触れず「ぶっ倒しに行く」、昇侍は「速攻ぶち倒してやります」=前日計量は全員がパス

2021/11/27 15:11
【RIZIN】萩原京平が左目に異常も触れず「ぶっ倒しに行く」、昇侍は「速攻ぶち倒してやります」=前日計量は全員がパス

左目が赤紫色に腫れあがり、視界も塞いでいるように見えた萩原(右)(C)RIZIN FF

 2021年11月28日(日)兵庫・神戸ワールド記念ホール『RIZIN TRIGGER 1st』の公開計量が、27日(土)15:00より行われた。


 メインイベント(第14試合)の66.0kg契約5分3Rで対戦する、萩原京平(SMOKERGYM)は65.95kg、昇侍(KIBAマーシャルアーツクラブ)は65.80kgでそれぞれパス。


 ツーショットでの撮影になると、萩原は自ら歩み寄り顔を近づけての睨み合い。昇侍も一歩も退かずしばらく睨み合いは続いた。萩原は昇侍の胸を叩き、何かをつぶやく。


 目を惹いたのは萩原の左目だ。赤紫色に腫れ、やや塞がっているようにも見える。練習で殴られたのだと思われるが、萩原はそのことには触れず「明日はメインやらせてもらえるということで、そのメインにふさわしいお客さんが盛り上がる試合をしようと思っていうので、本気でぶっ倒しに行こうと思います。覚悟しておいてください」と不敵な笑みを浮かべた。


 対する昇侍は厳しい表情を崩さず、「気合い入ったコメントいただきました。その言葉そっくりそのまま返します。速攻ぶち倒してやります」と宣言した。


 視界に影響しそうな萩原の目の腫れは、試合にも影響するのか。それとも問題なく昇侍を倒すのか、昇侍が2試合連続速攻勝利を収めるのか。激闘になるのは間違いない。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事