その他
ニュース

魔裟斗と朝倉未来が超過酷な「ミニスパルタンレース」で勝負、朝倉がまさかのレース出場宣言

2021/11/22 23:11
 2021年11月22日(月)に魔裟斗と朝倉未来がそれぞれのYouTubeチャンネルでコラボ動画を公開した。  今回のコラボは、魔裟斗が7月に初挑戦したアメリカ発の障害物レース『スパルタンレース』で2人が勝負するというもの。スパルタンレースとは、走りながら途中にある様々な障害物をクリアーしていくというもの。錘を運んだり壁を登ったり、ほふく前進で有刺鉄線の下を潜ったりとかなり過酷。  朝倉の方から「スパルタントレーニングを体験したい」との申し出があったようだが、朝倉の方のチャンネルで公開されている競技説明とやり方のレクチャーで「いま準備運動終わったんですけれど、やりたいって言わなければ良かったなって思ってますね」というほどハード。  そして魔裟斗の方のチャンネルで『ミニスパルタンレース』の勝負。これはラン(ランニングマシンで400メートル)→ボックスクライム2回→ラン→Dボールキャリー(50kg)→ラン→ロープクライム→ラン→Dボールキャリー→ラン→モンキーバー→ラン→タイヤフリップ2回→ラン→ホフク20メートル→ラン→ボックスジャンプ5回と、400メートル走っては障害物に挑むというもの。各障害物でミスをした場合はバーピー30回。 「やるからには勝ちに行きますよ」(魔裟斗)「勝ちます」(朝倉)とそれぞれ意気込み。そしてレースはスタートし、序盤は朝倉がリード。魔裟斗が徐々に追い上げるというスリリングなレースに。 (写真)約250kgの巨大タイヤと格闘する朝倉未来 初めて経験した朝倉は「マジでキツそうだなっていうのと、シンプルに総合格闘技っていう競技においてやった方がいいなって思いましたけれどね。通いたいなって思っています。総合格闘技に近いんじゃないですか」と興味が湧いてきたようだ。  レース後に、魔裟斗が2022年2月19日のスパルタンレースに再挑戦することを告知すると、朝倉は「僕も出ます、多分。メンバー一緒に行っちゃおうか」と、自分とチームの全員で出場することを提案。魔裟斗は「試合との兼ね合いで、もしやれたら」と一緒にチャレンジしたいと話した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事