K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】木村"フィリップ"ミノル『K-1 FINAL』マッチ後のことは「まだ何も決めてないです」「どこからどういう声がかかるんだろう」

2021/11/22 20:11
 2021年12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN』に出場する、K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級王者の木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/PURGE TOKYO)が11月22日(月)都内にて公開練習を行った。  木村はK-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級タイトルマッチ3分3R延長1Rで挑戦者・和島大海(月心会チーム侍)を相手に初防衛戦を行うと共に、この試合は「木村"フィリップ"ミノル K-1 FINAL」マッチとして行われる。  10月28日に行われた記者会見では、今回の試合がK-1でのファイナルマッチになることを発表した。その理由を聞かれると「ここまでK-1でずっと戦ってきて凄く人生の意味を見いだせたし、めちゃくちゃファンの支えもあって凄くいい格闘家人生を作れたと思うんですけれど、これからは次のステージが待っていると思うし、僕もその次のステップに進みたいので、最後にこのタイトルマッチをKOで勝って次のステージへ進もうと思っている次第です」と答え、詳細を求められると「次の動向は正式に決まったら発表するつもりなので、今回はK-1のラストマッチということだけで留めておきます」と、次のステップは何なのかは具体的に語らなかった。  公開練習後の囲み取材で、改めて“次のステージ”のことを聞かれた木村は「まだ何も決めてないですね、実際(笑)。試合が終わったらどこからどういう声がかかって、どういうオファーが来るんだろうみたいな。そういうドラフト的なことを勝手にやっちゃおうかなってイメージです」と、なんと具体的な次のステージを決めているわけではないという。 「どこからも声がかからなかったら、その時は自分で考えます(笑)」と、嘘か誠かどこからどんな声がかかるかを試合後の楽しみにしていると語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事