MMA
インタビュー

【VTJ】10戦無敗の平良達郎「他団体のチャンピオンと戦うのも正直ワクワクします。ただ、最短でUFCに出たい」

2021/11/08 12:11
 2021年11月6日(土)東京新木場のUSEN STUDIO COASTにて「VTJ2021」が開催された。  メインイベントでは、デビュー以来9連勝のパーフェクトレコードを持つ、修斗世界フライ級王者“スーパーノヴァ”平良達郎(THEパラエストラ沖縄)が国際戦に挑んだ。  対戦相手は、南米チリのLFN王者アルフレド・ムアイアド。ムエタイの技術をベースに80%を超える高いKO率を誇り、デビューから8戦で同団体のフライ級王者に就いている。  試合は、これまで一本勝ち、あるいはポジションを制してのパウンドでのTKO勝ちの多い平良が、南米王者を相手にカーフキックを効かせて右ストレートをダウンを奪っての1R 4分12秒、リアネイキドチョークでの一本勝ち。海外の強豪相手にも実力を証明する形となった。  フライ級としては、世界でもフレームの大きな平良は10連勝をマーク。試合後のバックステージでの囲み取材で、「打撃の距離感」「脱力」「楽しむこと」の3つをテーマに掲げて戦っていたことを明かし、国際戦の手応えを、「もともと世界でも戦える自信はあって、今回、勝ったからといって、その自信が確信に変わったわけじゃないですけど、さらにその自信が深まったかなと。打・投・極のレベルが一つずつ、一段一段上がっています」と語った。  また、大晦日RIZINへの興味を聞かれ、「UFCを目指しているので、周囲の方々に(聞いて)。契約とかもあると思います。自分としてはGOサインが出れば、興味があります。他団体のチャンピオンと戦うのも、正直ワクワクしますし、いろんな選手と戦いたいという気持ちもあるんですけど、『出て来いよ』となったら、自分としては出たいなという気持ちもあります。ただ、最短でUFCに出たいです」と、UFCとの契約を最優先に、個人的には、他団体の王者との戦いにも「興味はある」とした。  10月23日のDEEPでは、フライ級王者の神龍誠(神龍ワールドジム)が、前修斗世界王者の福田龍彌(MIBURO)に判定勝ちし、試合後に内容に反省しきりも「平良選手と戦いたい」と口にしている。  平良にとって「最短でUFC」への道が、今回のVTJでいかに開けるか。リングでのRIZINでの契約試合数は選手によって異なるが、果たしてオクタゴンへと繋がるのか。今後の平良の動向に注目だ。 [nextpage] もともと世界でも戦える自信はあった。打・投・極のレベルが一段一段上がっている ──あらためて試合を振り返っていかがでしたか。 「冷静にセコンドの声も聞こえましたし、いつもの練習通りの動きが出来たかなって思います」 ──海外選手との国際戦で変わったことはありましたか。 「国際戦でVTJという大会の雰囲気もあって、ちょっと裏では緊張しちゃいました。初めての会場ですし、VTJですし……なんか……輝いてるなあって(苦笑)。僕が一番初めに見た大会がVTJだったので、“VTJに(自分が)出てる”と思って、すごいワクワクと緊張でソワソワもしました」 ──前半はストライカーを相手に蹴りなど、打撃を試しているようにも感じました。 「そうですね、はい。試合前にいくつか自分のテーマを持って挑もうと思っていて、まず、打撃の距離感を大事にし、自分の蹴りを当てて、相手には触れさせないという距離。あとは脱力。常にリラックスして戦うことを意識しました。もうひとつは、楽しむ、ということ。緊張とかいろいろあるんですけど、1周回って、“VTJを楽しもう”と思って。この3つを自分の中で決めて戦いました」 ──何点くらいでしょう。 「まあ、ちょっと……80点くらいですね」 ──ダウンを奪った右の打ち下ろしは、相手の左が見えていて狙っていましたか。 「そうですね。相手も足(カーフキック)が効いていたかもしれなくて、自分の攻撃の方が当たっていたので、焦ってそろそろ来るな、というのは常に感じていて、来たときに右がうまく入ったなという印象です」 ──相手のボディ打ちなども受けましたが、威力などはいかがでしたか。 「威力があって、ボディ(打ち)が上手いのは分かっていて警戒はしていたんですけど、詰めてポンポンとボディ来たんで上手いなあと思って。でも効いてはいなかったんですけど、流石だなと思いました」 ──「世界」への飛躍のための試合でした。手応えはいかがでしたか。 「もともと世界でも戦える自信はあって、今回、勝ったからといって、その自信が確信に変わったわけじゃないんですけど、さらにその自信が深まったかなっていう感じですね。1Rで極めようとかは思っていなかったですけど、結果的に流れのなかで極められたので、打・投・極のレベルが一つずつ、一段一段上がっているなというのは今回の試合で感じることが出来ました」 ──海外勢ならではの頑丈さなどのフィジカル差は感じましたか? 「タフだろうなとは思っていて後半に強い選手というイメージだったので、正直、1Rで自分のパンチで倒れるとは思っていなくてラッキーだなと。パンチとかは重かったです」 【写真】コロナ禍の海外選手の招聘に尽力した須藤元気議員と。須藤氏はUFC参戦経験も持つ。 ──この時期になると大晦日の大会への出場をアピールする選手も多いですが、平良選手は興味がありませんか。 「うーん……自分としては興味はあるんですけど、何て言ったらいいですかね。まあ、GOサインが出れば、自分としては興味があります。いろんな他団体のチャンピオンと戦うのも、正直ワクワクします」 ──GOサインというのは? 「UFCを目指しているので、周囲の方々に(聞いて)。契約とか(の問題)もあると思います。自分としてはいろんな選手と戦いたいという気持ちもあるんですけど、『出て来いよ』となったら、自分としては出たいなという気持ちもあります。ただ、最短でUFCに出たいです」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事