MMA
ニュース

【RIZIN】スーパールーキー迎え撃つDEEP王者・住村竜市朗「まだまだ青いケツを引っ叩いてやる」、木下憂朔は「僕のことを忘れられないような衝撃的なフィニッシュをする」

2021/11/03 18:11
 2021年11月28日(日)神戸ワールド記念ホールにて開催されるRIZIN第3のシリーズ『TRIGGER』の追加対戦カードが発表された。  RIZIN MMAルール -77.0kg契約5分3Rで、住村竜市朗(TEAM ONE)と木下憂朔(パンクラス大阪稲垣組)が対戦する。  住村は2009年11月に修斗でプロデビュー。2012年からはDEEPへ主戦場を移し、DEEPウェルター級GPの1回戦で悠太、準決勝で奥野“轟天”泰舗を破ると2017年7月の決勝では元メガトン級王者・長谷川賢に偶発的なバッティングにより負傷判定勝利。2018年4月に佐藤洋一郎の挑戦を受けて初防衛に成功している。RIZINには同年8月から参戦したがストラッサー起一に一本負け。2戦目となった2019年年末には元UFCファイターのジョン・タックにもKO負け。なかなか結果が出せずにいたが、2020年11月にレッツ豪太に判定勝利してRIZIN初勝利をあげた。今年10月のDEEPでは米田奈央に判定勝ちし、現在4連勝と勢いに乗る。  木下は6歳から16歳まで習った空手をバックボーンに持ち 、 総合格闘技を15歳から始めるとその才能を開花させ関西のアマチュア大会JMMAFで無敗のまま2020年11月にDEEP PANCRASE大阪大会でプロデビュー。1 R序盤にリアネイキドチョークで一本勝ちを収めると、今年4月の嶋田伊吹戦では1RにパウンドでTKO勝ち、7月にはパンクラスでベテランの中村勇太相手に1R中盤にスタンドのパンチによるTKO勝ち。9月のパンクラスでは元HEATウェルター級王者の高木健太にノーアームギロチンで勝利と、これまでにプロ4戦4勝全て1Rでフィニッシュを飾っている関西のスーパールーキーだ。  DEEP王者として格の違いを見せつけたい住村は「RIZIN神戸出場にあたり、またこの舞台で、しかも地元兵庫県で試合ができる事を光栄に思います。対戦相手は若くて、勢いある選手かなと思います。ここらで、チャンピオンの俺が高い壁になって、まだまだ青いケツを引っ叩いてやろうと思います。地元なんでしっかり盛り上げますよー」と豪語。  木下は「今回RIZINに初参戦させていただき、とても光栄に思っています。対戦する住村選手は僕がまだアマチュアの頃からこの階級のトップで戦っていた選手なので、戦える事がとても嬉しいです。自分が呼ばれた理由は分かっているつもりなので、この日僕の試合を見た人が、僕のことを忘れられないような衝撃的なフィニッシュをしますし、この日に出場するどの選手より面白い試合をするので皆さん楽しみにしておいてください」と、新人らしからぬ不敵なコメントを寄せている。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事