MMA
レポート

【ONE】女子アトム級ワールドGP決勝はスタンプvs.フォガットに! アジズプールがシウバからダウン奪う勝利

2021/10/29 21:10
ONE: NEXTGEN  2021年10月29日(金)シンガポール・インドアスタジアムにて『ONE: NEXTGEN』が開催され、メインとコ・メインでは女子アトム級ワールドGP準決勝2試合が行われた。  9月3日に行われたGP1回戦では、スタンプがアリヨナ・ラソヒナ(ウクライナ)にスプリット判定勝ち。ハム・ソヒ(韓国)がデニス・ザンボアンガ(フィリピン)にスプリット判定勝ち。リトゥ・フォガット(インド)がメン・ボー(中国)に判定3-0で勝利。平田樹(日本)がアリース・アンダーソン(米国)に判定3-0で勝利。  しかし、スタンプの相手として組まれていた元RIZINスーパーアトム級王者ハム・ソヒが負傷により欠場。リザーブファイトで山口芽生(日本)を下したジュリー・メザバルバ(ブラジル)がスタンプの対戦相手に。  試合は、右ミドルを掴んでテイクダウンするメザバルバだが、スタンプはすぐに立ち上がり、2Rには投げの打ち合いからバックを奪取。後半も左の蹴りでスタンドを制して勝利。決勝進出を決めた。  もうひとつの準決勝は、試合直前に平田が高熱による体調不良で欠場。急遽、ジェネリン・オルシム(フィリピン)がフォガットと対戦。フォガットがレスリングでオルシムを圧倒し、決勝進出を決めている。  また、ONEヘビー級キックボクシング世界タイトルマッチが、王者のローマン・クリークリャ(ウクライナ)が体調不良で欠場のため中止に。ノンタイトルで、イラジ・アジズプール(イラン)とアンダーソン・シウバ(ブラジル)が対戦。アジズプールが1Rに左ハイでダウンを奪い、判定勝ちした。  大会の模様は、10月29日(金)の午後9時30分(日本時間)より、ABEMA 格闘チャンネルおよびONE公式アプリにて視聴が可能。 [nextpage] ▼女子アトム級ワールドグランプリ 準決勝 5分3R○スタンプ・フェアテックス(タイ)[判定3-0]×ジュリー・メザバルバ(ブラジル)※スタンプが決勝進出 スタンプ「厳しい戦いになる」×メザバルバ「流血ものの試合になる」  元ONEキック&ムエタイ二冠女王のスタンプ・フェアテックスは、2月大会のMMA戦で残り7秒でギロチンチョークを極められたウクライナのアリヨナ・ラソヒナを相手にGP1回戦で対戦。  序盤はラソヒナの組み技に押されたが、防御力を発揮し、自らバックを奪う場面も見せ、打撃で攻勢に立ち、スプリット判定勝ち。準決勝進出を決めた。  しかし、スタンプの相手として組まれていた元RIZINスーパーアトム級王者ハム・ソヒが1回戦のデニス・ザンボアンガ戦後に負傷欠場。リザーブファイトで山口芽生を下したジュリー・メザバルバがスタンプの対戦相手となっている。  MMA6勝1敗のスタンプに対し、メザバルバは9勝2敗1分け。ONEデビュー戦となった山口戦含め、6連勝で今回の準決勝に臨む。スタンプはバックダンサーを従え、花道でダンスを披露してからケージイン。四方にムエタイ式の礼をする。  1R、ともにオーソドックス構え。先に圧力をかけるのはメザバルバ。左ローから入る。最初の右ミドルはスウェイでかわすメザバルバ。左のサイドキックを当てる。スタンプの右ミドルをキャッチするメザバルバ。  しかし、スタンプは右ローをヒット! 2発目は避けると、スタンプは右ミドル! その蹴り足を掴むが、スタンプは足を抜く、スタンプの打撃に右フックを狙うメザバルバ。右ローを走らせるスタンプ。さらに左ミドル。  遠間からバックフィストはメザバルバも空振り。スタンプの右ミドルを掴んで組んで左を差すメザバルバ。小手に巻くスタンプは左ヒザ! さらに首相撲からヒザ蹴り! しかしメザバルバはボディロックテイクダウン! ここで間髪入れず立ち上がるスタンプがヒジを狙い突き放す。蹴り足を狙うメザバルバにスタンプは慎重に。  2R、左ミドルをガード上に当ててすぐに戻すスタンプ。右ローも。オーソから左ミドルはスタンプ。メザバルバは右のスーパーマンパンチで飛び込むが、捌くスタンプ。右のミドルを掴んだメザバルバは右のパンチを連打しながら詰めてクラッチを組みダブルレッグテイクダウン!  しかし立ち上がりが強いスタンプを抑え込むことがメザバルバ。立つスタンプは首相撲からヒザ! テイクダウン狙いはメザバルバ!  しかし小手に巻いたスタンプは投げの打ち合いで上に! そのままマウントを奪うと、ヒジ! ブリッジを見せるメザバルバだが、スタンプは崩れず。亀になり背中を見せたメザバルバにスタンプはバックマウントからいったん身体を伸ばすが、ヒザを戻したメザバルバは首を守る。スタンプはバックからパウンド。ゴングにノッている姿を見せる。  3R、左前足の踏み込みのフェイントだけで下がるメザバルバ。前蹴りも入れて逃げ切り態勢で流し始めたスタンプ。下がりながら右の蹴りで距離を取る。詰めるメザバルバに右の高い前蹴りを決めるスタンプ。さらに左右の前蹴り。パンチで詰めるメザバルバをさばくと、前足の蹴りでメザバルバを下がらせる。  左前足で関節も狙うスタンプ。さらに左ミドル。縦ヒジで飛び込もうとするメザバルバ。スタンプは奥足の蹴りは掴まれるため打たない。左の蹴りをジャブがわりに使い、距離を取るスタンプ。メザバルバはバックフィストから飛び込むが、スタンプもサークリング。  終了間際、ついに右の蹴りを打つが、そこを掴んだメザバルバは右を連打も決定打にはならず。ゴングで判定へ。スタンプは笑顔を見せる。  判定は3-0でスタンプが勝利。フォガットがケージサイドで視察するなか、2Rに投げで競り勝ちバック奪取。さらに立てばムエタイMMAでコントロールし、完勝。決勝進出を決めた。 [nextpage] ▼女子アトム級ワールドグランプリ 準決勝 5分3R○リトゥ・フォガット(インド)[判定3-0]×ジェネリン・オルシム(フィリピン)※フォガットが決勝進出 フォガット「ヒラタからの変更が私の心を揺さぶることはありません」×オルシム「ジャッジに結果を委ねない」  2018年に日本でも公開された映画『ダンガル きっと、つよくなる』で主人公を演じたギータとバビータを姉に持ち、伝説のコーチマハヴィル・シン・フォガットを父に持つリトゥ・フォガットは、インドで最も有名なレスリング一家の三女で、国民的英雄になる可能性を秘めたONEアトム級の次世代ファイターの一人だ。  1994年生まれ27歳のフォガットは、8歳でインドの伝統的なレスリング=クシュティのトレーニングをはじめ、2016年にシンガポールで開かれたコモンウェルスゲームのフリースタイルレスリングで金メダルを獲得し、翌年ポーランドで開かれたU-23レスリング世界選手権ではインド人女性初の銀メダルに輝いた。  グラウンドコントロールが重視されるクシュティ、よりテクニカルでスピーディなフリースタイルの双方の利点を活かしたフォガットは、インドのプロのフリースタイルレスリングで活躍後、2019年にMMA(総合格闘技)への転向とONE参戦を発表し、インドレスリング界に衝撃を与えた。  シンガポールのEvolve MMAではレスリング出身の澤田龍人とも練習を積むフォガットは、2021年9月3日の「ONE: EMPOWER」でのGP準々決勝で、ランキング2位の中国のメン・ボーを判定3-0で降す番狂わせを起こした。MMA6勝1敗。  準決勝で日本の平田樹との対戦が決定していたが、試合直前に平田が高熱による体調不良で欠場。急遽、ジェネリン・オルシム(フィリピン)がフォガットと対戦することになった。  MMA5勝2敗のオルシムは、東南アジア競技大会の女子ムエタイ54キロ級で準優勝。WSOF GCからONE Warrior Seriesを経て、本戦で2連勝中。組み技の強さを活かし、2021年3月にマイラ・メザーにギロチンチョークで一本勝ち。8月にビー・ニューエンに判定勝ちを収めている。  もともとは、9月3日にグレース・クリーブランドとのリザーブマッチで出場予定も、クリーブランドが欠場。今大会ではジヒン・ラズワンと対戦予定だったが、平田の欠場により、GPにスクランブル出場となった。フォガットのコーナーにはシアー・バハドゥルザダ。オルシムはチーム・ラカイ所属。  1R、ともにオーソドックス構え。中央に詰めるフォガット。しかし、オルシムも長いワンツー、右ローを突く。フォガットは最初の組みは切られるが、2度目のシングルレッグでテイクダウン。下のオルシムはフルガードから腕十字狙い。さらに足を効かせるとフォガットはいったん体を離すと、オルシムは立ち上がる。  スタンドからすぐに詰めてさらにシングルレッグでテイクダウンはフォガット。下から三角絞めを狙うが、潰したフォガット。しかし、ここもオルシムはヒップアタックから立ち上がりに成功。  立ち際にフォガットにヒザを突く! 一瞬後退したフォガットだが、すぐにシングルレッグから回してテイクダウン。オルシムの三角絞めを上体を立てて剥がすと、サイドからパウンド。オルシムも足を戻して横三角絞めに入るが、潰すフォガット。ヒザ立ちの状態のフォガットに、下からオルシムの蹴り上げが顔面・喉元に入り、中断、再開もゴング。  2R、オルシムの打撃の距離を潰してダブルレッグ、尻下でクラッチし、持ち上げて背中から落としてテイクダウンはフォガット。オープンガードから三角絞めを狙うオルシムに上体を立てて、かつぎパスを狙うフォガットは、上からパウンド、ヒザ! 再三、右手を後ろに下げて三角絞めを狙うオルシムは、頭がケージに詰まり立ち上がることが出来ない。最後はフォガットが体を離して、オルシムが下のままゴング。  3R、序盤は打ち合いを臨んだフォガットだが、一転、上体が立ったオルシムにシングルレッグテイクダウン! パスガードからサイド、上四方からヒザを打ち込み、立ち上がろうとするオルシムをコントロール。しかしオルシムも亀から立ち上がり、ノーアームギロチンへ。ここも潰したフォガットが上に。  右で脇差し、抑え込み。亀になるオルシムもヒザを立てて正対。首狙いからがぶりで一瞬、マウントになるが、フォガットはブリッジから前方にオルシムを送り出して、際で上に。そこに足をかけて横三角絞めを狙うオルシムだが、フォガットが潰して上になりゴング。  判定は3-0で、レスリングで上回ったフォガットが勝利。インド国旗を肩に両手を広げた。 [nextpage] ▼ライトヘビー級キックボクシング 3分3R○イラジ・アジズプール(イラン)[判定3-0]×アンダーソン・シウバ(ブラジル)  イランのキックボクシング界の重鎮、イラジ・アジズプールは当初、ライトヘビー級チャンピオンのローマン・クリークリャ(ウクライナ)を相手に、ONEデビューを果たす予定だった。ONEの初代ヘビー級キックボクシングタイトルをかけての待望の3戦目だった。  だが、クリークリャが健康上の理由のために世界タイトルマッチを欠場。ノンタイトル戦に出場することになった。アジズプールは、圧倒的なパワーのパンチやヘッドキックの持ち主として知られている。  ONEのサークルケージでアジズプールを迎える相手は、ブラジルのノックアウト・アーティストのアンダーソン・シウバ。身長差4センチのアドバンテージがある。  MMAも戦うシウバはすでに、ONEスーパーシリーズで2度の1R KO勝ちを収めており、今回も同じような形で勝てれば、将来的にアジズプールに代わってONEヘビー級キックボクシング世界タイトルへの挑戦権を得る可能性もある。  1R、ともにオーソドックス構え。シウバの左右の詰めを押し返して、離し際に左ハイを当てるアジズプールが先にダウンを奪取!  さらに立ち上がったシウバに左ミドルで前進。シウバも左ボディを返すが、アジズプールは構わず右の後ろ廻し蹴り。ここはかわすシウバも左ハイ。アジズプールも避けると左ハイを当てる。  2R、巨漢から軽々と左ハイを打つアジズプール。さらに左ミドルも蹴り分けてシウバのボディに当てる。右の高い後ろ蹴りを当てるアジズプール! 一転、左右のローを前足に突く。  シウバの左ミドルが股間に入り中断もすぐに再開。右オーバーハンドに続き、左ジャブを当てるアジズプール。右の蹴りで片足立ちになったところを左ジャブで尻餅を着かせるシウバ。ノーダウン。アジズプールは金網に詰めてガード上にバックフィストを打ち込みゴング。  3R、右の後ろ蹴りの打ち終わりを狙うシウバ。アジズプールは右で詰めるがラッシュはかけない。今度は右ハイをガード上に当てるアジズプール。さらに左ハイを打ち込むが、シウバもガード。互いに手数が減り、ゴング。  判定は3-0で1Rに左ハイでダウンを奪ったアジズプールが勝利。イランの国旗を背に満面の笑みを浮かべた。 [nextpage] ▼ヘビー級 5分3R○キリル・グリシェンコ(ベラルーシ)[判定3-0]×ダスティン・ジョインソン(カナダ)  無敗同士、キリル・グリシェンコ(ベラルーシ)と、ダスティン・ジョインソン(カナダ)は、ともにヘビー級のトップコンテンダーとしての地位の確立を目論む。  グリシェンコは、4月の「ONE on TNT IV」でのONEデビュー戦で、オマール・ケイン(セネガル)に勝利。この時のTKO勝利でプロ戦績を4勝0敗とし、セネガルのレスリング界のスターに初黒星を付けた。この勝利で過去最高の注目を浴びたグリシェンコだが、ジョインソンはそのスポットライトを奪うチャンスがある。  ジョインソンの戦績は6勝0敗(無効試合1)で、うち4つの勝利はフィニッシュで決めている。今回がONEデビューとなるジョインソンだが、勢いのあるグリシェンコに勝つことができれば、大きなアピールになるだろう。両者とも試合を一瞬で覆すパワーを持つ。  1R、オーソドックス構えのグリシェンコ、サウスポー構えのジョインソン。先に上半身に組むのはグリシェンコ。左で差してスタンドバックから崩し、立ち上がろうとするジョインソンを徐々にマット中央に寝かせて、サイドを奪取。  左で脇を差してヒザ蹴りはグリシェンコ! ジョインソンは腰を切り片足をからめる。さらに足を抜きマウントを奪うグリシェンコ。ブリッジからリバーサルを狙うジョインソンのバックを奪い、リアネイキドチョークへ。パームトゥパームで絞めるが、ジョインソンも正対する。  2R、ともにオーソドックス構えに。ジョインソンの右ローに右ストレートをカウンターで当てるグリシェンコ。右バックフィストから右ストレート、右アッパーで金網に詰めると、ダーティーボクシング。近距離から右ヒジ、右アッパーを突き上げる。左フックも浴び、滅多打ちにあうジョインソン。  左足にハイクロッチからテイクダウン狙いで力を使うグリシェンコ。しかし、切るジョインソンも反撃。右ヒザを突き上げるとグリシェンコはスタミナ厳しいか。動きが鈍るが、グリシェンコのローブローで中断。再開もゴング。  3R、先に詰めるジョインソン。右ストレートを打ち抜くと、グリシェンコも返す。得意の左ハイをかすめるジョインソン。右の三日月蹴りも腹に突き、前へ。ジョインソンは右ヒジを振るが空振り。詰めるグリシェンコは身体を寄せる。突き放すジョインソン。  詰めるジョインソンは右アッパー、左ジャブのダブルを当てると、下がるグリシェンコを追う。左前蹴りを当てて右の刺し合いは相打ち。顔を腫らせたグリシェンコ。前に出るジョインソンは左ハイをかすめる。シングルレッグで組むグリシェンコ。ヒザを突くジョインソンに、バックヒジはグリシェンコ。そのまま金網に押し込みゴング。判定へ。  判定は3-0で1、2Rで攻勢に立ったグリシェンコが勝利。スタミナ切れのグリシェンコを終盤で追い上げたジョインソンだが届かなかった。 [nextpage] ▼ストロー級 5分3R○ジェレミー・ミアド(フィリピン)[2R 2分50秒 TKO]×ミアオ・リータオ(中国)  リータオは、2017年のONEデビュー戦勝利後、2019年5月にデーダムロン、8月にポンシリ・ミトサティトを下し3連勝。2019年11月にジェレミー・ミアドに1R TKO負け、さらに2020年10月に澤田龍人にも判定負けと連敗を喫するが、2021年4月に澤田に判定勝利でリヴェンジを果たしている。しかし、2021年8月の前戦ではアレックス・シウバに判定負け。再起戦となる。  対するミアドは、元Blaze FCストロー級王者。2019年2月にデェダムロンと2018年3月以来の再戦で、がぶりからのヒザを受けTKO負けも、2019年11月にリータオに1R、跳びヒザでTKO勝利をマークしている。  1R、ともにオーソドックス構え。先に打撃で圧力をかけるリータオ。しかし、ミアドのローブローで中断。再開。  右ローを当て、ワンツーの右をヒットさせるミアド! 一瞬動きが止まるリータオ。さらにミアドはガード上に左右を叩き込む。ワンツーからかけ蹴りを見せるリータオだが遠い。  詰めるミアドはリータオの左にカウンターの跳びヒザ蹴り。ここは防ぐリータオ。自身は当て、リータオの打撃は避けるミアド。ミアドのワンツーに、腰に組むリータオだが、切るミアド。  2R、左ジャブから入るミアド。アイポークをアピールするリータオだが、レフェリーは続行を指示。ワンツーで詰めるミアドは、右ボディ、左フックにガードを固めたまま半身になったリータオに左右ラッシュ! レフェリーが間に入った。ミアドがリータオに2連勝を決めた。 [nextpage] ▼ライトヘビー級キックボクシング 3分3R○ベイブラット・イスアエフ(ロシア)[判定3-0]×ボグダン・ストイカ(ルーマニア)  1R、ともにオーソドックス構え。イスアエフはワンツーから左アッパーも。ガード固めるストイカも右ローを返すが、そこにイスアエフは左右をまとめる。  右ローを当てるストイカ。上下に打ち分けるイスアエフはリズムよくジャブから右ボディストレートをヒット。ガード固めるストイカは左アッパーも空を切る。さらに跳びヒザも、かわすイスアエフは左右ボディと手数をまとめる。  2R、左ミドルを当てるストイカ、その打ち終わりにイスアエフはワンツー。さらに強い右ハイをガード上に当てる。ジャブ、ストレートに下がらされるストイカは跳びヒザで押し返すが遠い。  イスアエフのバックヒジは反則。再開。詰めるイスアエフは左フック! 効かされたイスアエフにさらに跳びヒザで詰めて右フック! ダウンを奪う。  3R、ガード上に右フック、さらに左ミドルをレバーに当て、左右ボディと反撃するイスアエフ。ワンツーから右ロー、さらに左ボディを突くイスアエフ。ストイカは動きが鈍る。一気に詰めるイスアエフはボディを効かせて左フックでダウンを奪い返す。  ガードを固めるストイカにワンツーからボディ打ちに狙いを定めたイスアエフは、右ボディストレートも。  判定は3-0でイスアエフが2連勝。ダウンの奪い合いのシーソーゲームを制した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事