K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】木村“フィリップ”ミノルのK-1最後の相手・和島大海「K-1のベルトを持ったままでは行かせない」

2021/10/28 19:10
【K-1】木村“フィリップ”ミノルのK-1最後の相手・和島大海「K-1のベルトを持ったままでは行かせない」

睨み合いを仕掛けてきた木村(左)を真正面から睨み返した和島

 2021年12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN』の第3弾対戦カード発表記者会見が、10月28日(木)都内にて行われた。


 今大会でのK-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級タイトルマッチをもって、K-1を“卒業”することになった同王者・木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/PURGE TOKYO)の「K-1 FINAL」の挑戦者は和島大海(月心会チーム侍)に決定。


 和島は第1回K-1アマチュア全日本大会優勝など、アマチュア大会で数々の実績を残して2016年7月にKrush初参戦。サウスポーから繰り出す破壊力十分のパンチと蹴りで2020年3月の第3代K-1スーパー・ウェルター級王者決定トーナメントではアワターン、城戸康裕を破って決勝へ進出するも、木村“フィリップ”ミノルに敗れて準優勝。9月のK-1ではラーシーシンをローキックでKO撃破、12月は藤岡裕平を左ハイキックで初回KO、そして今年7月には木村からダウンを奪って苦しめたアビラル・ヒマラヤン・チーターを3Rにローキックで仕留めて3連続KO勝ちを飾った。戦績は15勝(13KO)4敗。


 会見では木村に続いて和島が登場すると、木村が近付いて和島にフェイスオフを仕掛ける。最初は無視していた和島だが、木村と真正面から睨み合い一触即発の雰囲気となったためスタッフが両者を分けた。


 和島は「今回大阪で挑戦者側ですが地元でタイトルマッチを組んでもらえて感謝しています。さっき凄いナメられているような感じで来られたので、今回は絶対に倒して勝ちます」と意気込み。


 木村が今回の試合がファイナルになることを発表すると、「自分もいま初めて聞きましたが、次のステージへ進むのは木村選手が決めたことなのででいいんですが、K-1のベルトを持ったままでは行かせない。自分がベルトを獲って今後のK-1は僕が背負っていくところを見せたいと思います」と、ベルトは置いていってもらうと言い放つ。

 両者はこれまで、2019年3月と2020年3月の2度対戦しており、いずれも木村がKO勝ちしている。そのことについて和島は「2回KOで負けているので強さは分かっています。でも万全な状態で戦うのは初めてなので(2度目の対戦はワンデートーナメントの決勝戦)今回は僕が勝ちます」と、ダメージのない状態で戦えば今なら勝てると話した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事