MMA
ニュース

【修斗】12月19日(日)大阪大会開催が決定、2022年は1月16日(日)後楽園ホールで開幕

2021/10/26 22:10
 2021年のサステイン主催プロフェッショナル修斗公式戦最終戦が、12月19日(日)メルパルクホールOSAKAにて行われることが発表された。  新大阪駅から徒歩5分のアクセスにある同会場で、今大会は一部制として開催。  7月の大阪大会では“スーパーノヴァ”平良達郎の世界王座戴冠やキックボクシングの新鋭8人によるU-24CKCワンデートーナメントなど数々の熱戦が繰り広げられたが、今大会も関西ファイター達が師走の大阪を熱く盛り上げることになりそうだ。チケットは10月30日から発売となる。 【写真】7月大阪大会で若武者8人によるワンデートーナメントを制したのは、寺山日葵の弟・寺山遼冴 (C)SUSTAIN/SUSUMU NAGAO  また、サステイン主催・プロフェッショナル修斗公式戦の2022年度スケジュール第1弾も発表。開幕戦は1月16日(日)。以降、3月21日(月・祝)、5月22日(日)、7月17日(日)、9月19日(月・祝)、11月27日(日)と、後楽園ホールでは6大会を予定し、「追加の大会に関しては決まり次第随時発」となっている。 ◆2022年 サステイン主催・プロ修斗公式戦日程1月16日(日)東京/後楽園ホール3月21日(月/祝)東京/後楽園ホール5月22日(日)東京/後楽園ホール7月17日(日)東京/後楽園ホール9月19日(月/祝)東京/後楽園ホール11月27日(日)東京/後楽園ホール
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事