MMA
ニュース

【Bellator】どうなる日米決戦、バンタム級ワールドGPは8人参加! 日本ではフェザー級GP開催構想も=コーカー代表、榊原CEOが語る

2021/10/25 11:10
 2021年10月24日(日)にロシア・モスクワの VTBアリーナにて『Bellator 269』、日本・横浜のぴあアリーナMMにて『RIZIN.31』がそれぞれ開催され、試合後の会見で、Bellatorのスコット・コーカー代表が日本大会の開催を示唆、榊原信行CEOがフェザー級ワールドGP開催の意向を語った。  すでに、2021年12月3日(日本時間4日)に米国で開催される『Bellator 272』にて、Bellator世界バンタム級王者のセルジオ・ペティス(米国)に、堀口恭司(日本)が挑戦する「Bellator世界バンタム級タイトルマッチ」(5分5R)が発表済みで、その際に両代表は、「RIZINとの協力関係を継続」(コーカー)、「ここから両団体の威信をかけた戦いに」(榊原CEO)との声明を発表していたが、それが現実のものとなりそうだ。  モスクワ大会でエメリヤーエンコ・ヒョードルのKO劇を見届けたコーカー代表は、「2022年は、英国、アイルランド、パリ、日本、ロシアと目まぐるしいことになる」と会見で予告。2022年のBellatorの遠征で日本大会を行うことをあらためて語った。  続けて、「いまうちの135ポンド(バンタム級)は堀口恭司と契約してアメイジングな階級になった。145ポンド(フェザー級)もそうだ。この2つの階級に関してはあらゆるMMA団体のなかでも最も充実した選手層だと自負してる。2022年はエキサイティングな発表ができると思う」と、バンタム級とフェザー級を中心に、大きな仕掛けをしていくとしている。  まずは、堀口vs.ペティスで王座戦が行われるバンタム級だ。  2021年のフェザー級ワールドGPでは、AJ・マッキーJr(米国)とパトリシオ・“ピットブル”フレイレ(ブラジル)が決勝を争い、AJがギロチンチョークで一本勝ち。100万ドル(約1億1千万円)の優勝賞金とGP王者さらに同級王者の2本のベルトを巻いた。  2022年に予定されているのが、バンタム級ワールドGPの開催だ。  コーカー代表は会見で、「バンタム級GPは何人構想か。まだ決まってないが、8人トーナメントかなと思っている」と、初めて具体的な参加選手の構想を語った。  日本ではRIZINバンタム級GPが開催中で、大晦日に決勝が行われる予定で、現在、朝倉海(トライフォース赤坂)、井上直樹(セラ・ロンゴ&ワイドマンMMA)、扇久保博正(パラエストラ松戸)、瀧澤謙太(リバーサルジム東京スタンドアウト)の4選手が勝ち上がっている。榊原CEOは、優勝者のBellator参戦も示唆しているが、果たして「8人トーナメント」の枠に入ることが出来るか。  現在、Bellatorバンタム級ランキングは、セルジオを筆頭に、前王者のフアン・アーチュレッタ(米国)、9連勝のラフェオン・スタッツ(米国)、元谷友貴に一本勝ちしたパトリック・ミックス(米国)ら、強豪が並び、戦線から離れていた挑戦者の堀口はランク外で、この陣容だ。 ◆Bellatorバンタム級ランキング(※10月19日付) 王者 セルジオ・ペティス(米国)21勝5敗 ※12月3日に堀口恭司と対戦1位 フアン・アーチュレッタ(米国)※前王者 25勝3敗2位 ラフェオン・スタッツ(米国)17勝1敗3位 パトリック・ミックス(米国)14勝1敗4位 マゴメド・マゴメドフ(ロシア)18勝2敗5位 レアンドロ・イーゴ(ブラジル)21勝5敗6位 ジェイムス・ギャラガー(アイルランド)11勝1 敗※11月5日にパトリック・ミックスと対戦7位 ジョシュ・ヒル(カナダ)20勝4敗8位 ジョーネル・ルーゴ(米国)7勝0敗9位 キャス・ベル(米国)5勝2敗10位 ダリオン・コールドウェル(米国)15勝5敗  果たして、2022年のバンタム級ワールドGPは、いかなる出場選手となるか。  そして、フェザー級。 [nextpage] フェザー級で外国勢を入れてGPをやりたい(榊原CEO)  24日のRIZIN横浜大会後、榊原CEOは、「来年ワールドグランプリという形でフェザー級は面白いんじゃないかと。外国勢の入国緩和も大きく前進を期待していますし、外国勢を入れた形でグランプリをやりたいし、その最有力はフェザー級となります」と語っている。  横浜大会では、王者の斎藤裕(パラエストラ小岩)が、挑戦者・牛久絢太郎(K-Clann/DEEPフェザー級王者)に2R4分26秒、TKOで敗れ、王座陥落。  元UFCの金原正徳(リバーサルジム立川ALPHA)が芦田崇宏(BRAVE)にTKO勝ち、中村大介(夕月堂本舗)が新居すぐる(ポテンシャル)に腕十字で一本勝ち、朝倉未来と同門の白川陸斗(トライフォース赤坂)がGRACHAN王者の山本琢也(パラエストラ千葉)にサッカーキックでKO勝ちでヴガール・ケラモフ戦をアピールするなど、各々がフィニッシュ決着で存在感を示した。  また、同大会を解説した萩原京平(SMOKERGYM)が、11月28日の『RIZIN TRIGGER』神戸ワールド記念ホール大会のメインで昇侍(トイカツ道場)と対戦するなど、フェザー級戦線が活発化している。  そんななかで、果たして「Bellator JAPAN」にどんな選手が来日を果たすか。RIZINフェザー級勢との対戦、さらにフェザー級GPへのBellator勢の参戦も期待が高まるところだ。 ◆Bellatorフェザー級ランキング(※10月19日付) 王者 AJ・マッキー (米国)18勝0敗1位 パトリシオ・ピットブル(ブラジル)32勝5敗2位 マッズ・バーネル(デンマーク)16勝3敗3位 アダム・ボリッチ(ハンガリー)17勝1敗4位 エマニュエル・サンチェス(米国)20勝6敗5位 アーロン・ピコ(米国)8勝3敗6位 ダニエル・ウェイチェル(ドイツ)41勝12敗7位 ペドロ・カルヴァーリョ(ポルトガル)11勝5敗8位 ジャスティン・ゴンザレス(米国)12勝0敗9位 ジェレミー・ケネディ(カナダ)16勝3敗10位 ダリオン・コールドウェル(米国)15勝5敗
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事