MMA
レポート

【DEEP】注目のフライ級・神龍誠が前修斗王者・福田龍彌に判定勝ち、北岡悟がボンサイ柔術・鈴木琢仁にTKO負け、住村竜市朗が辛勝、伊澤星花はパク・シウに悔し涙の判定勝ち

2021/10/23 17:10
skyticket Presents DEEP 104 IMPACT 2021年10月23日(土)東京・後楽園ホール ▼DEEPフライ級 5分3R ※ノンタイトル戦○神龍 誠(神龍ワールドジム)57.15kg[判定3-0] ※29-28, 30-27, 30-26×福田龍彌(MIBURO)57.20kg  タレント揃いで注目のフライ級に正規王者が帰ってきた。  神龍誠は、2019年6月の柴田“MONKEY”有哉戦での戴冠以降、Bellator JAPANでの中村優作戦、2020年8月のRIZINでの伊藤盛一郎戦と連勝。UFCダナ・ホワイト「コンテンダーシリーズ」アジア版が発表されるも進展のないなか、地元・宮城でのジムオープンのため一時戦線を離脱していたが、2年4カ月振りにDEEP参戦(※2020年3月に越智晴雄とのエキシビションには出場)が決定した。自身が起ち上げた神龍ワールドジム所属となり、正規王者の務めを果たすか。  対する福田龍彌は、前修斗世界フライ級王者。2019年6月に亀島聖児に判定勝利後、9月に渡辺健太郎を1R TKO。2020年7月に大阪のDEEP&PANCRESEで前田吉朗との暫定王者決定戦に臨み、3Rにカーフキックで前田の右足にダメージを与え、左ストレートでダウンを奪いパウンドアウト勝利。修斗世界フライ級王座に就いた。  プライベートでも第一子が誕生するなど、公私にわたり充実期を迎えたが、2021年7月に地元関西で迎えた防衛戦で、平良達郎に1R 三角絞めで一本負け。無念の王座陥落となっていた。DEEPには2019年4月大阪での安谷屋智弘戦の判定負け以来の参戦。3年6カ月敗れていない神龍を相手に、不遇の男は復活なるか。2021年8月度の修斗ランキングでは「タイトル防衛に失敗した福田は今後の出場意思が無いためランク外へ」と記されており、再起を賭けてDEEPに参戦する。  ともにサウスポー構え。レスリングベースで組みも強い神龍は11勝1敗1分けで、黒星は2018年4月の和田竜光戦での判定負けのみ。当時はデビュー2年目で和田のケージレスリングに敗れているが、以降はスクランブルを武器に穴らしい穴を見せていない。  対する福田はムエタイベース。東京出稽古では和田や上久保周哉、若松祐弥らとも練習を積んでおり、京都では上田祐率いるMIBUROに加え、WOZボクシングジムでの出稽古も欠かしていない。スタンドで前手の右フック、強い左ストレートをいかに当てるか。組みの相性は良くないが、1年以上試合をしていない神龍に比べ、7月の平良戦に向けて練習を積み上げてきた福田には実戦の利がある。  DEEPでは、9月23日の後楽園ホール大会で「フライ級タイトルマッチ」として、暫定王者の藤田大和(リバーサルジム新宿Me,We)に伊藤裕樹(ネックスイチムエ)が挑戦することになっており、勝者が正規王者との「統一戦」に進むことになるか。  1R、ともにサウスポー構え。先に組むのは神龍。福田の差し返しに、神龍は横三角絞めから足も手繰りに。首を抜いた福田は右で差して上に。鉄槌を落とすが、金網使い立つ神龍。そこに首相撲ヒザは福田! しかし首をがぶった神龍はギロチンチョーク! 絞る神龍に足を越えた福田がサイドから立ち上がり、神龍が左フックを当てたところでゴング。福田に金網を掴む行為で注意。  2R、右のバックフィスト狙いから詰める神龍に、体を入れ替え右で差す福田が左ヒザを突く。押し戻す神龍の左右に右ボディを返した福田! 試合間隔が空いた神龍は疲れが見えるか。  神龍のダブルレッグをがぶる福田。離れて右の後ろ蹴りを腹に当てる神龍! 福田も左ボディを当てると神龍は右アッパー。しかし詰めた神龍のシングルレッグは差し上げる福田。神龍はボディロックから投げて上になる。  勝負の3R、右ジャブを当てる福田。さらに右ボディストレートも。左カーフキックを当てる福田の前進に、引き込み気味に下になる神龍! ニンジャチョークを狙う神龍は背中を譲りながら立ち上がる。スタンドバックから正対する神龍。右ジャブの刺し合いで勝る福田だが、左ローに神龍のカウンターの左ストレートにダウン! 鉄槌連打する神龍。  下から蹴り上げる福田だが、ついていく神龍は上に。左で小手に巻く福田の投げを足をからめて前転しない神龍。最後の際で上になり神龍がバック狙いでゴング。判定へ。  判定は3-0(29-28, 30-27, 30-26)で序盤で攻勢に立ち、後半にダウンを奪った神龍が勝利。試合後、ケージの中で「さえない試合をしてしまい、DEEP王者として申し訳ないです。しっかり練習し直して、世界で戦えるように頑張ります」とマイクで語った。敗者の福田も応援団から大きな拍手を受けてDEEPマットをあとにした。 [nextpage] ▼DEEPライト級 5分3R○鈴木琢仁(ボンサイ柔術)70.35kg[3R 0分27秒 TKO] ※右ヒザ→パウンド×北岡 悟(パンクラスイズム横浜)70.60kg  2021年2月のDEEP100記念大会で大原樹里に1R TKOで敗れた北岡悟が8カ月振りに復帰。2017年にPANCRASEで現DEEP王者の牛久絢太郎に判定勝ちしているボンサイ柔術の鈴木琢仁と対戦する。  北岡は、2019年4月のボンサイ柔術のホベルト・サトシ・ソウザ戦での2R TKO負け以降、4敗1分と白星を掴んでいない。サトシ、ジョニー・ケース、小金翔(ドロー)、久米鷹介、大原と強豪ばかりが相手だが、因縁のボンサイ柔術勢との試合で再起なるか。  鈴木は2019年に2連勝後、2020年8月に大原樹里に1R TKO負け。10月にエゼキエル・レバナに判定勝ち後、後にライト級暫定王者決定戦に進んだ大木良太にスプリット判定負け。前戦は6月に石塚雄馬に判定勝ちをマークしている。  強い柔術をベースにときに下になることも厭わなかった鈴木だが、組み技の強豪・北岡相手に、クレベル・コイケらと磨きをかけた立ち技の進化を見せるか。プロ21年目の北岡は16歳若い鈴木を相手に健在ぶりを示すか。  1R、サウスポー構えの北岡に、オーソドックス構えの鈴木は右ローを前足に当てる。詰めてシングルレッグテイクダウンは北岡! ハーフガードの鈴木は下から踵を北岡の腿に落とす。  北岡は右にパスすると足を戻した鈴木が立ち上がり、その際にギロチンチョークを狙う北岡! そこは察知している鈴木が足をからませず前転してパスして首を抜くと逆にダブルレッグテイクダウン!  再びギロチンチョークを狙う北岡に、クローズドガードに入らない鈴木はまたも前転。さらに3度目のギロチンにも足を抜く。上になりフロントから首を絞り、牛殺しも狙う北岡だが、鈴木は下のまま下からこつこつ突く。  2R、軽いステップで蹴りを狙う鈴木は右の蹴りで飛び込み。左右を突いて組む北岡に、体を入れ替える鈴木は金網背にヒザ、右ストレートを狙う。右ストレート、右ヒザを打つ鈴木。北岡はダブルレッグテイクダウン。  尻で座る鈴木を寝かせてハーフで上になる北岡。残り2分。煽る鈴木に右で脇差し、鈴木の頭を抱える北岡。細かい鉄槌に左で脇し立とうとする鈴木にここもギロチンで絞る北岡。足を越えている鈴木は頭を抱えられながらも右でボディを打つ。  3R、左ローを当てる鈴木。さらに右を当てて、北岡の組みにカウンターの右ヒザ! 崩れた北岡に鈴木はパウンド。レフェリーが間に入った。ボンサイ柔術の鈴木はセコンドのサトシ、シュレック関根とがっちりハグ。ケージの中で茶帯を巻かれた。北岡はセコンドの肩を借りながらも自らケージを降りた。 [nextpage] ▼DEEPウェルター 5分3R○住村竜市朗(TEAM ONE)77.60kg[判定2-1] ※28-29, 29-28, 30-27×米田奈央(フリー)77.50kg  2021年6月のDEEP 101 IMPACTで偶発的なアクシデントにより試合続行不可能となり途中判定になった現DEEPウェルター王者の住村竜市朗と米田奈央の再戦が決定。  1R、サウスポー構えの米田に、オーソドックス構えの住村は左右で前足にロー。右の外足を取る米田は住村の左ミドルを掴んでテイクダウンも、すぐに立つ住村。そのスタンドバックにつく米田は背後からヒザ蹴り。正対した住村は離れる。  前足にローを蹴り返す米田。さらに右の関節蹴りも。ジャブで飛び込む住村に右のカウンターを狙う米田。そこをさばいて組んで押し込み右を当てる住村。金網を掴んだ住村に注意。  2R、サウスポー構えから右ジャブ、右ローを狙う米田。そこに左を差して押し込む住村も離れる。近い距離で打ち合いも互いに大きく決定打はなく、右ローを当てる米田は左右を振り、手数を出す。右ローを打つ住村だが、カウンターの右を狙う米田。住村は左で差して組むが、固執せず離れると右ローをヒット。  米田は右ローもそこにカウンターの左ジャブを当てる住村。米田は頭を振り、ミドルを返す。セコンドの「のどを狙え」の声に左右を突く米田。住村の右ハイを米田がブロックしゴング。  3R、先にジャブ&ストレートで詰める米田に右回りの住村。右を刺すが、そこにカウンターのダブルレッグテイクダウンは米田。ここも金網使い立つ住村に左で差して押し込む米田。ブレーク。  前手の右を当てる米田に、住村は四つ組みからヒザを突く。左で差してヒザ蹴り打つ住村はスタンドバックテイク。背後からこつこつヒザを突くもブレーク。  米田の入りに右ジャブを当てる住村。住村は低いダブルレッグから金網までドライブしテイクダウン! 米田が尻を着いて座ったところでゴング。判定は2-1に割れ、28-29, 29-28, 30-27で住村が勝利。ベルトを肩にかけて記念撮影に応じた。 [nextpage] ▼DEEP JEWELS 49kg以下 5分3R ○伊澤星花(フリー)48.35kg[判定3-0] ※28-27,29-26×2×パク・シウ(KRAZY BEE)48.00kg※パクに反則の蹴りで「減点2」あり  第4試合で今大会唯一の女子マッチDEEP JEWELS 49kg以下5分3Rで対戦する、前日計量では、伊澤星花(フリー)が48.35kg、パク・シウ(KRAZY BEE)が48.00kgでそれぞれ計量をパスした。  伊澤は東京学芸大学教職大学院生で23歳。小学生から柔道とレスリングを始め、レスリングでは2012年ジュニアクイーンズカップ52kg級準優勝、2012年沼尻直杯全国中学生選手権女子57㎏級で優勝。柔道は高校2年生の時にインターハイ3位と全国選手権5位に入賞。2019年東京学生柔道体重別選手権女子52kg級では準々決勝まで進出している。さらに女子相撲にも出場し、2019年の全日本選手権で準優勝と、組み技のハイブリッドガールだ。  2020年10月のDEEP JEWELSでプロMMAデビューし、54.5kg契約でARAMIに判定勝ち。12月の2戦目でDEEP JEWELSストロー級(-52.2kg)王者・本野美樹といきなり対戦し、判定勝ちで番狂わせを起こした。2021年6月にはタイトルマッチでの再戦で本野を1R3分32秒、腕十字で破りデビューから3戦、わずか8カ月で第4代DEEP JEWELSストロー級王者となっている。  対するシウは、ハム・ソヒの妹分で、テコンドーとキックボクシングがバックボーン。2019年6月のREBELSでは立ち技でぱんちゃん璃奈に敗れるも圧力で苦しめ判定まで持ち込んでいる。MMAでは、2018年8月の富松恵美に完封勝利、2019年12月の青野ひかるにKO勝ち。2020年12月には大島沙緒里に判定勝ちを収めている。  2021年3月のDEEP JEWELSアトム級GPに参戦すると、1回戦でにっせーに判定で勝利。しかし、続くGP準決勝での大島沙緒里との再戦で、左ストレートでダウンを奪うも、パウンドを腕十字に極められ、1R 一本負けを喫し、戴冠ならなかった。今回が再起戦。  49kg契約戦。伊澤が体重を落とし、シウが体重を上げて、RIZIN女子スーパーアトム級と同じ49kg契約で対戦する。一階級下とはいえ、これがプロ4戦目の伊澤にとっては強敵だ。  1R、いきなり詰めて右を振る伊澤。詰めてシングルレッグテイクダウンもすぐに金網使い立つパク。右から左をコンパクトに打つ。しかし追う伊澤は右を振ってシングルレッグテイクダウン。右手を着いて耐えるパクに、ボディロックテイクダウンに切り替え崩すが、下のパクの蹴り上げにいったん離れる。  左ジァブを当てる伊澤。長いジャブにパクは鼻頭を赤くさせる。右で詰めてみたびシングルレッグテイクダウンは伊澤。しかし、ここもパクは金網使い立ち上がり、離れることに成功。右ローを当てるパク。サウスポー構えになり左を見せてオーソドックス構えに戻す。詰める伊澤は左インロー! パクはバランスを崩す。  2R、フェイントをかけて右を振り、圧力をかけて金網につめてシングルレッグからダブルレッグに移行は伊澤。パクのバックに回って背後から崩すが、すぐに立ち上がるパク。そこに回して足をかけるもキムラ狙いには腕を抜くパクに、引き込む形で下になる伊澤。上のパクはガードを取る伊澤に右の蹴りも、グラウンド状態の伊澤に顔面への反則の蹴りで中断(※女子3Rではサッカーキックは禁止)。  パクにレッドカードの「減点2」が出され、再開。右ストレート、左の蹴りはパク。さらに左ストレートに伊澤はフラッシュダウン! すぐに立ち上がる伊澤はダブルレッグテイクダウン!  しかし、足を手繰り立とうとするパク。伊澤は頭を下にバックにつくと、立ち上がりの際で鉄槌はパク! 先に立ちあがるパク。伊澤の顔が腫れている。さらに右ローを当てるパクに蹴り足を取りに行く伊澤だが、切るパク。  3R、開始も伊澤にドクターチェック。再開。右ローを突くパク。伊澤の入りに打ちおろしの右を狙う。右を振り詰める伊澤はシングルレッグからダブルレッグに移行も、差し上げるパク。小外がけで崩す伊澤に立つパク。顔が下がると伊澤は右ヒザ! シングルレッグからハイクロッチに切り替える伊澤がテイクダウン。  しかしパクも足を効かせる。金網で上体立てるパク。その立ち際をバックを狙う伊澤。しかし正対するパクは片足を腿にあて片足立ちで頭を押さえて突き放すことに成功!  右を振って前に出たパクの頭をがぶり、頭を上げたパクを詰めてシングルレッグテイクダウンは伊澤! しかしここもすぐに立つパク。なおも伊澤がシングルレッグで押し込みゴング。判定へ。  判定は「減点2」が響き、伊澤が3-0(28-27,29-26×2)で勝利。伊澤は判定コール前から涙を流し、ケージを後にした。 [nextpage] ▼DEEPライト級 5分2R○石塚雄馬(AACC)70.60kg[判定2-1] ※20-18×2, 19-19マスト大木×大木良太(KRAZY BEE)70.75kg  7月の大原樹里との暫定王者決定戦でアクシデントにより試合続行不可能となり3R途中までのテクニカル判定で敗れた大木良太が、6月に鈴木琢仁に僅差の判定負けを喫した石塚雄馬相手に再起戦。  1R、サウスポー構えの大木に、オーソドックス構えの石塚。大木は左ロー。石塚も詰めて右を振る。右を差してニータップを狙う石塚は金網まで詰めるが、切る大木は強烈な左インローを3発ヒット! 石塚も右ミドルを返す。大木の左をかわして右ストレートを狙う石塚。互いに慎重な立ち上がり。  2R、左ローを打つ大木。その打ち終わりに右を狙い石塚。右をトリプルで突くが、大木も下がりながらアゴを引いてさばき、右ローを狙う。低いシングルレッグに入る石塚を切る大木はそこに右を入れる。  さらに右回りで右ローをヒット。石塚のワンツーをさばくが、左ローをキャッチした石塚が背中を見せて逃げる大木のバックに跳び乗り、スタンドで4の字ロック。背後から拳を振り、落とされたところに右を振る。  右ミドルを当てる石渡に左ローは大木。さらに左を振るが、右を狙う石塚は、決定打をもらわずクリンチでゴング。  判定は、2-1(20-18×2, 19-19マスト大木)に割れたが、攻めてバックを奪う勝機を作った大木が勝利した。 [nextpage] ▼DEEEPフライ級 5分2R○鶴屋 怜(パラエストラ柏)56.95kg[1R 3分55秒 TKO] ※パウンド×久保健太(グラップリングシュートボクサーズ)57.05kg  パラエストラ千葉グループ総帥の鶴屋浩氏を父に持つ、最強の遺伝子と環境のなか、2月のプロデビュー戦から2連勝を飾るなど注目の鶴屋怜。今回は現在DEEPとPANCRASEで4連勝中のCMA KAISER現王者の久保健太に挑む。久保の前戦は2021年7月に加藤瑠偉に判定勝ち。  1R、サウスポー構えから左ストレートを当てて前に出る鶴屋。オーソから久保は右を振るが、そこにカウンターで小手に巻いて払い腰で投げた鶴屋。  久保も金網使い立ち上がると、鶴屋は肩パンチ。バックフィストは空振りも、一旦後ろに手を組みノーガードからいきなり左を繰り出す。シングルレッグテイクダウンからマウント、バックを奪うと右足をかけてパウンド連打! 動けずパウンドを浴び続ける久保を見て、レフェリーが試合を止めた。試合で試すような動きを見せた鶴屋。  試合後、「今日はちょっと打撃でやってみようかとパンチでやっちゃいました。明日は山本(琢也)先輩が(RIZINに)出ますので宜しくお願いします」とマイクで語った。 [nextpage] ▼DEEP フェザー級 5分2R○木下尚祐(和術慧舟會GODS)66.30kg[判定3-0] 20-18×2, 19-19マスト木下×高橋辰也(和術慧舟會HERAT)65.70kg  1R、サウスポー構えの高橋に、オーソドックス構えの木下は右ミドル。、右ストレートで高橋に腰を落とさせる。右目尻から出血の高橋。木下も鼻血を流す。  2R、先にテイクダウンを奪う木下に、立ち上がる高橋は金網に詰めて左フックをヒット! 左で差して組む木下に小手に巻いて凌ぐ高橋。突き放し前に出てゴング。  判定は1Rにダウンを奪った木下が勝利した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.318
2022年1月22日発売
巻頭特集は6月に対戦が決定した那須川天心×武尊! 両者のロングインタビューと、その見どころを最速プレビュー。大晦日RIZIN、格闘技界の超新星も特集。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事