MMA
インタビュー

【Bellator】堀口恭司が語ったこと「ハッキリ言って『俺がいなかった(時に獲った)タイトル』でしょ? だからすぐにでもやりたい」

2021/10/21 19:10
 RIZINバンタム級王者の堀口恭司(アメリカン・トップチーム)が2021年12月3日(日本時間4日)、米国コネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナで、Bellator世界バンタム級王者のセルジオ・ペティス(米国)が持つベルトに挑戦することが決定した。RIZIN、ベラトールの両団体が10月20日(日本時間21日)に発表した。 『ゴング格闘技』本誌では、ペティス対策を練り始めた米国の堀口を9月にキャッチ。ATTでの練習環境や王者について、さらに、Bellator移籍の想いなどを聞いている。  自身が返上した王座について「いきなりタイトルマッチ」を望むか、との問いに「はい。ハッキリ言ってちょっと『俺がいなかった(時に獲った)タイトルでしょ?』って思ってますね。だからすぐにでもやりたい」と、自身が不在の間の“暫定的な”王者と戦い、ベルトを取り戻したいとした堀口。  セルジオ・ペティスは、2021年5月のBellator世界バンタム級タイトルマッチ(5分5R)でフアン・アーチュレッタを判定0-3で降し、ベルトを巻いているが、その戴冠当初は、王座戦でも試合をチェックしなかったという。 「UFC時代から別にライブでなくても、戦うことが決まってから対策のために見ればいいかなって。わざわざリアルタイムで視るために、自分の身体を休める時間を浪費したくないんです」と語っていたが、9月中旬の段階では、「あれから見ましたね。見て、ちょっとずつ対策立ててる感じです」と明かしている。 [nextpage] 自分にとっては、やりやすい相手(堀口)  セルジオは、正確な左ジャブ、右ストレートのコンパクトなワンツーを当てて、前王者のアーチュレッタの変則的な打撃を巧みに捌いてペースを奪った。  堀口は「セルジオ・ペティスは、言ってしまえばベーシックなスタイル。自分にとっては、やりやすい相手かなとは思います」と言う。  13歳で少年テコンドーの世界王者になったセルジオはボクシング、ムエタイとテコンドーを融合させた“ペティスコンドー”も開発中というが、堀口は「たまに回転技も出しますよね」と意に介さない。 「たぶん自分の戦い方って、(セルジオにとっては)すごくやり辛いと思うんですよね。自分は的を絞らせないんで、相手は出しにくくなる。そのなかで、ベーシックな相手の軸をどう崩していくか」と、伝統派空手をベースとした唯一無二の打撃スタイルは、対セルジオにおいても相性がいいと語る。 「アーチュレッタが出来なかったことを自分はしたいと思います」という堀口は現在、アメリカントップチーム(ATT)で、デメトリアス・ジョンソンにTKO勝利した現ONEバンタム級王者アドリアーノ・モライシュや、UFCでマネル・ケイプ(12月4日 vs.ザルガス・ズマグロフ)を降したアレッシャンドリ・パントージャ、Titan FC王者でBellator初陣を飾ったダニー・サバテーロら、世界の強豪と練習を積んでいる。 「アドリアーノとかは、試合がなくてもほぼ毎日ジムに来ていますし、ATTにはいろんなタイプの選手がいて、試合によってパートナーを変えることもできるので、そういう点でもベストなジムなんじゃないかなと思います。いろんな選手を相手に柔術、レスリング、キックボクシング、ボクシング……どれで勝負しても大丈夫なように、全てのレベルを上げています」と、約11カ月ぶりの試合に向けて語る。 [nextpage] 4年前にスコット代表に「機会があればそっちに行くよ」って  Bellator参戦を決めたのは、UFCから日本を主戦場に移したときのこと、そしてBellatorのベルトを返上した際に、スコット・コーカー代表とかわした言葉のことも影響したという。  コーカー代表からUFC以上のファイトマネーを積まれた堀口は、日本のMMAの再建をサポートするために、日本に戻ってRIZINで戦うから、Bellatorとサインできないと返答し、その際に、その役目を果たしたら、Belaltorで戦うテーブルにつくことを約束していた。 「せっかく2団体のチャンピオンになったのに、自分の怪我で不甲斐ないこと(返上)になってしまったので、ちゃんとそこは義理を果たしたかった。それに、自分は4年前にもスコット代表に、“機会があればそっちに行くよ”と言っていたのを思い出したんです。あのとき、日本の格闘技界を盛り上げたかったし、二瓶さん(弘宇氏。堀口の空手の師)がガンだった。KID(山本徳郁)さんも同じくらいの時期にガンになって、近くで自分の頑張っている姿を見せて、少しでも力になれればいいなとは思ってました」  拠点は、米国フロリダのアメリカントップチームだ。  所属したばかりの頃は「心を無くして」マシーンのようにただひたすら稽古を重ねていた堀口だが、真摯に練習に取り組む姿と実力が認められ、ジムの2階の寮は「ホリグチ・ホール」と呼ばれ、マイク・ブラウンコーチら同僚が、怪我からの復帰のサポートに尽力してくれた。いまではフロリダに家を構え、いずれATTでコーチをすることで恩返しをしたいという。  右膝前十字靭帯断裂と半月板損傷という重症を克服し、朝倉海へのリヴェンジも成功させた。 「ヒザを手術して切ったところはどうしても痛むけど、まあそれぐらいは問題ない。痛いながらもどう使うか、調整しながら動いています」という。  2016年1月にATT入りし、約6年かけて、もうひとつの“ホーム”で世界の頂を目指すことになる。今回の発表に「試合が決まりました。ベルト取りに行きます!! I will get back the belt」と堀口は、王座戦決定に意気込みを記した。  北米メジャーで、いかに堀口恭司はもうひとつのベルトを奪還するか。アメリカントップチームとの心の交流、そして唯一無二の空手スタイルを語る堀口恭司の1万字インタビューは、本誌『ゴング格闘技』NO.316にて掲載中だ。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事