MMA
レポート

【HEAT】アビラル・ヒマラヤン・チーターがヒザで顔面切り裂き57秒TKO勝利

2021/10/19 22:10
HEAT492021年10月17日(日)名古屋国際会議場イベントホール ▼第15試合 HEAT KICK ミドル級タイトルマッチ 3分5R〇アビラル・ヒマラヤン・チーター(志村道場)[1R 0分57秒 TKO]※ドクターストップ×藤村大輔(K-1 GYM相模大野)  アビラルは2016年1月に来日し、4月からキックボクシングを始めてキャリアは7年。2020年1月にHEATミドル級王座を獲得し、9月には初防衛にも成功している。12月のK-1両国大会で初参戦を果たすと、1Rに木村“フィリップ”ミノルから打ち下ろしの右でダウンを奪い、2Rに逆転TKO負けを喫したものの大きなインパクトを残した。3月28日のK-1で小鉄に初回KO勝ち、4月のHEATではKNOCK OUT-REDスーパーウェルター級王者&INNOVATION同級王者・吉田英司にも初回KO勝ちと波に乗っていたが、7月のK-1では和島大海のローキックで3RにKO負けを喫している。今回が再起戦で2度目の防衛戦。  藤村は2015年8月からK-1 JAPAN GROUPに参戦し、和島大海、神保克哉、山崎陽一らとスーパー・ウェルター級戦線でしのぎを削ってきた。2020年3月には第3代K-1スーパー・ウェルター級王者決定トーナメントのリザーブファイトで小鉄から判定勝利している。同年8月の『Krush.116』で、第4代Bigbangスーパー・ウェルター級王者のMIKE JOEに判定0-2で敗れ、11月の『Bigbang』でも城戸康裕に判定2-0と接戦を落としている。3月に左ヒジを手術し、今回が復帰戦となった。戦績は12勝(5KO)7敗1分。  1R、まず藤村が右ローを蹴るとアビラルはしっかりスネでカット。続いてのアビラルの右ハイキックは藤村がバックステップでかわし、右ミドルをリターンする。左フックから飛び込んだアビラルは、フックの連打でガードを固めた藤村を首相撲に捕まえてのヒザ蹴り連打。普段のK-1ルールにはない攻撃を仕掛ける。  ローを蹴る藤村に左右ストレートを打ちながら前に出たアビラルは、接近すると首を捕まえてヒザを突き上げ、右カーフを蹴ると藤村の足がくの字に曲がる。すかさず右ストレートを打ち込むアビラル。  すぐに離れる藤村だが、アビラルは走って追いつくとその勢いで右ストレート。ここで藤村が足を止めてストレートの打ち合いとなり、掴んでのヒザを顔面に入れたアビラルは一度離れてリセット。このヒザ蹴りで藤村は左目上をカット。流血してドクターチェックを受ける。縦に割れた傷はかなり大きく、しばらく様子が見られていたがドクターストップ。アビラルのTKO勝ちとなった。  アビラルはマイクを持つと「前回K-1福岡大会でプロになってから初めてKO負けして、そこから毎日毎日悔しくて練習をやってきて、今日はみんなの前でいい結果を出せたと思います。これからもHEAT王者として世界を獲りに行くのでこれからも応援よろしくお願いします。今日、志村道場から5人試合に出してくれてみんな勝ってくれて、最後が僕だったのでめっちゃプレッシャーがあって。絶対に勝たないといけなかったのでそれも勝つことが出来て。練習仲間とかみんな本当にありがとうございました」と、声を詰まらせ涙ながらに語った。 [nextpage] ▼第14試合 HEAT KICK ライト級王者決定戦 3分5R〇安川侑己(志村道場)[判定2-0]×北川裕紀(ZERO ONE GYM) ▼第13試合 HEAT MMA ライト級次期挑戦者決定戦 5分3R×菅原和政(マスタージャパン福岡)[判定0-3]〇岡野裕城(マッハ道場) ▼第12試合 HEAT MIX 59kg 3分2R―鈴木万李弥(志村道場)[2R 0分22秒 パウンド]※勝敗なし―中井りん(修斗道場四国) ▼第11試合 HEAT MMA バンタム級(61.2kg)5分3R×野瀬翔平(マスタージャパン福岡)[1R 1分09秒 三角絞め]〇土肥 潤(総合格闘技道場 MIBURO) ▼第10試合 HEAT KICK 55kg 3分3R〇内藤啓人(BELLWOOD FIGHT TEAM)[判定2-0]×片島聡志(フリー) ▼第9試合 HEAT KICKHEAT 58kg 3分分3R〇ノラシン・スペチアーレジム(大石ジム)[2R 2分17秒 KO]×一仁(真樹ジム一仁(真樹ジムAICHIAICHI) ▼第8試合 HEAT MMA ミドル級(83.9kg8) 5分分3R3R〇イゴール・タナベ(IGLOOIGLOO)[1R 0分57秒 三角絞め]×清水洸志(MMA RANGERS GYM) ▼第7試合 HEAT MMA フライ級(56.7kg)5分分3R〇ユン・テスン(志村道場)[判定3-0]×御代川聡志(パラエストラ柏) ▼第6試合 HEAT KICK ライト級(60.0kg)3分3R〇三輪裕樹(K-1 GYM相模大野)[3R 1分27秒 KO]※カーフキック×嶋田将典(Stay Gold) ▼第5試合 HEAT MMA フェザー級(65.8kg)5分3R〇倉本拓也(志村道場)[3R 2分43秒 TKO]※ドクターストップ×坂本大地(パラエストラ柏) ▼第4試合 HEAT MMA フライ級(56.7kg)5分分3R×森下”塾長”コウキ(Mustard Seed)[3R 1分29秒 TKO]※パウンド〇堺 龍平(MMA RANGERS GYM) ▼第3試合 HEAT KICK 60kg 3分3R〇ワンチャルーム・スペチアーレジム(大石ジム)[判定3-0]×ポッシブルポッシブルKK(Sublime guys・翔拳道) ▼第2試合 HEAT KICK ミドル級(70.0kg)3分3R×堀越拓実(パラエストラ柏)[判定0-3]〇夜叉猿(力道場静岡) ▼第1試合 HEAT MMA 100kg 5分3R〇ヨコヤマクレガー(パラエストラ柏)[1R 0分59秒 TKO]※パウンド×凡人ツチヤマン(和術慧舟會若杉道場)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事