K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】武尊が右手を使わず練習再開、東京ドームシティでのイベントで「東京ドームでいつかK-1をやりたい」

2019/05/20 19:05
【K-1】武尊が右手を使わず練習再開、東京ドームシティでのイベントで「東京ドームでいつかK-1をやりたい」

東京ドームを目の前に、改めて東京ドーム大会の夢を語った武尊

2019年5月19日(日)東京ドームシティ ラクーアガーデンステージにて『「K-1 WORLD GP」6.30両国大会 ロクテンサンゼロK-1見ようぜ!by 東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ』が開催された。

 イベントのトリを務めたのはK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者の武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)。3月のヨーキッサダー・ユッタチョンブリー戦後に負傷した右手の手術を受け、その後の回復が気になるところだが「だいぶ手もよくなって握れるようになりました。まだ強くは握れないけれど、もう少しで全部握れるかなって感じです。右手を使わないで普通に蹴りやパンチの練習はしています」と、練習も再開していることを告げた。


 6月30日(日)東京・両国国技館で開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~』に出場できないことは「最初は嫌だった」というが、後輩のK-1 KRUSH FIGHTバンタム級王者・晃貴 (K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST) が出場することになって気持ちに変化があったという。

「両国は絶対に出たいと思っていたんですが、小さい頃から一緒に練習していた晃貴が出ることになったので、トーナメントは大会の花じゃないですか。そこに出てくれるのが嬉しい。最初の出られない悔しさよりも、晃貴に盛り上げてほしい気持ちが強くなりました」


 晃貴には「アドバイスしています」と言い、「痛いよ、つらいよと言っています(笑)。僕は痛みに強いので。どれだけダメージなく勝ち上がれるか。今までのトーナメントを見るとKOで勝ち上がっている選手が決勝に残るので、1回戦、準決勝でKOできたらいいなと話しています。それが秘訣だと思いますね。先のことは考えず、その試合だけやるという気持ちで行ったほうがいい。晃貴はリアルに自分の弟というか子供くらいの感覚で、親のような気持ちで怪我しないかと思ってドキドキして見ています」と、“親目線”で見ていると話してファンを笑わせた。

 また、この日は東京ドームシティ ラクーアガーデンステージでのイベントということで、目の前には東京ドーム。武尊は「東京ドームでいつかK-1をやりたいと思っているので、近付いている感じはありますね」と、目を細めて東京ドームを見上げていた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年9月号
2019年7月23日発売
復刊第3号! 6.14 米国NY MSGで日本人初の北米メジャー世界王座を獲得した堀口恭司を大特集! DJら対戦者が堀口を語る。さらに話題の朝倉未来&海をはじめ「格闘兄弟」を特集。2019年下半期期待の選手もズラリ登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事