MMA
インタビュー

【PANCRASE】バンタム級注目の一戦! 全試合フィニッシュの井村塁「殺気のこもった練習ができた」×ジェイク・ムラタ「強いものと戦うときは──」

2021/10/17 12:10
 2021年10月17日(日)新木場USEN STUDIO COASTで開催される「PANCRASE 324」で、バンタム級の注目カードが組まれている。 ▼第6試合 バンタム級 5分3R井村 塁(Nexusense)60.95kg #4位/2020年NBT同級優勝・MVP/5勝(※全試合フィニッシュ)ジェイク・ムラタ(パラエストラTB/Fighting Nexus)61.45kg ZST第3代バンタム級王者/11勝7敗1分  Nexusenseの井村は、MMA5戦負け無し。2020年のネオブラッド・トーナメント・バンタム級では、宮平守太郎を腕十字、田中スネ夫ハヤトをリアネイキドチョーク、MG眞介を腕十字、修我を三角絞めで極めて、全試合一本勝ちで優勝。  続く2021年5月には、バンタム級5位の平岡将英(KRAZYBEE)を相手に強い組みをプレッシャーにして168秒、カウンターの右ヒザ蹴りでTKO勝利、デビュー以来5試合全てをフィニッシュしている。  60.95kgで前日計量をパスした井村は、ジェイク戦に向け、「結構ねちっこい選手だと思うんですけど、まあそれに劣らずというか、付き合わず自分のスタイルを突き通して、最終的にはフィニッシュしたいなと思います。自分の場合やっぱりフィニッシュが寝技になっていますし、寝技だったら自分のほうが上だと証明したいです」と、ジェイクの組み手に付き合わず、自身で試合を作り、フィニッシュしたいと言う。  植松直哉氏率いるNexusense仕込みの寝技に加え、CAVEでの出稽古も行ってきた。 「マネージャーを通してCAVEでも練習させていただいて、打撃でKOできたらKOしたいです。打撃の練習も結構やってきました。それにレスリングの技術も結構上がってきたので、今回そういう進化したところを見せれるかなと思います。斎藤裕選手、元谷友貴選手、アキラ選手……試合前の選手が多かったんで、殺気のこもった練習ができたのが良かったなあと。それを試合で出したいです」と、進化した姿を見せたいとした。  コメントでは「しっかり勝ってタイトルマッチ行きます 応援よろしくお願い致します」と必勝宣言もしていた井村が、一気に駆け上がるか。 「強いものと戦うときは、ただただひたすら自分を信じればいい」  対するジェイクは、2019年に金井塚信之、滝田J太郎を下し、ZST第3代バンタム級王座を戴冠。2019年10月にONE WSに参戦もソン・ミンジョンに判定負けを喫した。2020年10月にPANCRASEで神田T800周一に判定勝ちで再起を飾るも、2020年12月に森山壱政に組み負け、リアネイキドチョークで一本負けを喫している。  再起に賭けるZST王者は、事前コメントで「意地と誇りと怨念と若さと才能への嫉みが積み重なった汚泥の海に引き摺り込んでやる!! 息継ぎの練習しとけ!!」と気合を見せている。  61.45kgで計量をパスしたジェイクは、井村について「PPVで誰も、試合映像を持ってなかったんですよ」とボヤきながら「漠然と強いという情報だけ聞かされて、UMA(未確認生命体)かよ」と苦笑して見せる。  それでも「勝ち方とかから見て、漠然と練習してきて、グラップリングでも強い人としっかり練習するようにしてきたんで、いつも通り、やれるように対策はやってきたつもりなので、それが裏目にならないように一晩祈っときます」と、井村対策が当たっていることを願った。  森山壱政戦で組み負けたことにつては、「あそこが自分が一番負けるパターンなんですよ、1Rで派手な負け方(リアネイキドチョーク)するっていうのが一番多い負け方で、まあ身体が温まり切る前に危険な状況になっちゃう。その弱さってのは自分で分かっていて、そればっかりは練習して試合でやってくしかない。だから……、なんであんなに緩く行っちゃったんですかねっていう」とボヤキは続くが、それでもスロースターターぶりを試合で乗り越えるしかないと語った。  井村戦のポイントを「僕が根性見せるか、その根性を相手の才能が上回るかだと思うので……」というジェイクは、いきなり長渕剛『JAPAN』を引用し、「長渕剛じゃないんですけど、“強いものと戦うときは、ただただひたすら自分を信じればいい”ってことで、上田将勝大先輩の入場曲ですけど……」と自らを鼓舞。  しかし「ただ上田将勝大先輩はたぶん(CAVEで)井村選手と練習してるっていう……。試合決まってからずっとそのフレーズを聞き込みながら練習していたんですけど、一昨日くらいに、“あっ、でも上田さん、CAVEで仕事してんじゃないかなって”と、何を信じるべきか悩んだことも吐露した。  最後は「でも月並みですが、その気持ちで、自分を信じて戦います」と前を向いた。  井村がフィニッシャーぶりを発揮してバンタム級暫定王座にリーチをかけるか? それともジェイクが粘着の寝技で井村を封じ込め、ケージのなかで言いたいという「皆さん!オレが負ける言った人、くたばれ!」をシャウト出来るか。ともに真価が問われる一戦だ。  なお、大会の当日券は12時30分より発売。TIGET LIVEおよびABEMA PPV ONLINE LIVEでも視聴が可能だ。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事