キックボクシング
ニュース

【RIZIN】皇治「1年間結果を出してないヤツが大晦日に知名度と話題性だけで行くのは気に食わん」、魔裟斗のトレーナーにも教わって背水の陣に臨む

2021/10/15 16:10
【RIZIN】皇治「1年間結果を出してないヤツが大晦日に知名度と話題性だけで行くのは気に食わん」、魔裟斗のトレーナーにも教わって背水の陣に臨む

RIZIN沖縄大会出場について初めてコメントした皇治(『皇治チャンネル』より)

 2021年11月20日(土)沖縄アリーナ『Yogibo presents RIZIN.32』の記者会見が10月13日にて行われ、皇治(TEAM ONE)が復帰戦を行うことが発表された。

 15日(金)には皇治が自身のYouTubeチャンネル『皇治チャンネル』でインタビュー動画を公開。今回の復帰戦について語った。

 今回の発表について「当初は大晦日って予定やったけれど、その前に復活戦をせんと男ちゃうでしょ、と。結果出さんまま大晦日に出るっていうのも俺は筋が違うから、大晦日の前に試合をしたいって話をバラちゃんにしたわけよ。沖縄大会は俺自身もいいなって思ったからさ。沖縄好きだし、地方で試合をしたいなって思っていて。ただ対戦相手がいるならやりますよって言っておいたら『決定!』って言うとったからな。それはもうビックリやな(笑)。なんなら俺がポスターでカッコつけとった」と、自分が“出場決定”したことは記者会見を見て知ったという。


「まあまあ、俺とバラちゃんの仲やからいいんじゃないですか」とその決定を受け止め、復帰する理由は「ひとつやね。全部過去のことやから。過去のことはどうでもよくて。RIZIN来て大した事できてないからね。それがほんま悔しいからね」と、那須川天心に判定負け、五味隆典に判定負け(体重差のあるパンチのみのルール)、梅野源治と無効試合、白鳥大珠に判定負けとRIZINで勝ち星をあげることができていないことを理由にあげる。

 対戦相手の公募についても知らなかったと言うが、「みんな勘違いしてるんやけれど、俺が偉そうに誰でもええから相手したる、誰でもいいからかかってこいやって言ってるわけではなくて、この1年間結果を出してないからさ。誰とでもやらなあかんやろって感じ。ほんまのことを言うたらそんな無名な選手とか俺にメリットがない相手とやる必要はないと思うねんけれど、俺も格闘家のはしくれやからさ、そんなこと言ってられるアレじゃない。RIZIN側がこれが盛り上がるって選手だと言うならそれでいいんじゃないかな」と、結果が出せてないからこそ相手を選ぶ権利はないとした。


「俺的に筋がちゃうわけよ、どう考えても。1年間結果を出してないヤツが大晦日に知名度と話題性だけで行くのは俺の中で気に食わんところがあって。最低限の結果をだしておかないと誰でもよくなってしまう。もちろん知名度と話題性はプロとして必要なことだし実力だと思うけれど、それだけではね、とたまには俺も真面目なことを言ってみるわけですよ」と、格闘技のシーズンピークである大晦日にこの1年間で結果が出せてない選手が出るのは違う、とする。

 6月のキックトーナメント後に緊急入院、手術までした全治3カ月の眼の怪我については「そんなの言い訳にならない。怪我はつきものだから。さんざん命をかけるってみんなに言うとるのにさ、みんなに心配してもろうて。それだけが俺の力になってもう全然大丈夫」と答えた。


(写真)6月のRIZINで右目を負傷し、緊急入院して手術も行った

 また「新しく魔裟斗さんを世界王者に育て上げた飯田トレーナーに見てもらっているからね。これで無理だったらもう無理って言うくらいやって挑戦したらええと思う。俺が信じた道を貫かんかったら応援してくれているみんなに申し訳ない。俺は何も言い訳無し。負けたら終わりやし。負ける気はさらさらないけれどね。だからさん、じゃんけんでもして俺にかかってきてください」と、魔裟斗のボクシングトレーナーであった飯田裕トレーナーに現在教わっていること、そして今回負けたら大晦日には出られないとの背水の陣で臨むと語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事