MMA
レポート

【Road to ONE】和田竜光が竹中大地にスプリット判定勝ち! グラップリングでアフリカとドローの青木は秋山に「何で断った?」、バンタム級で小野島、“ヤマケン”次男の空良が勝利、須藤、河名が一本勝ち!

2021/10/05 16:10
 2021年10月5日(火)17時から、渋谷・TSUTAYA O-Eastにて、「Road to ONE: 5th Sexyama Edition」が開催された。 ▼第6試合 メインイベント ONEフライ級(※61.2kg)5分3R○和田竜光(フリー)[判定2-1]×竹中大地(パラエストラ和泉)  メインイベントで、日本フライ級トップランカーである元DEEP王者・和田竜光と、元修斗王者・竹中大地のマッチアップが実現。  第2代&第4代DEEPフライ級王者の和田竜光は、2018年にONEデビュー。翌年に開催されたONEフライ級WGPに出場し、準決勝でデメトリアス・ジョンソンと対戦。判定で敗れたものの、得意の “おたつロック”でファンを魅了するなど “最強DJ”を相手に大激闘を見せた。  2020年1月には無敗のイヴァニルド・デルフィノを相手に、得意のカーフキックを効かせ、近づけば首相撲&ヒジ・ヒザ、そして小外刈りテイクダウンを合わせるなど判定勝ち。格闘技の多様性を見せつける完勝劇で再起を飾った。 しかし、前戦となる2020年12月のヨッカイカー・フェアテックス戦では、1Rに和田がバックを奪い削ったかに見えたが、インローとガード上のハイキック、右アッパーなどの手数でヨッカイカーが上回り、判定2-1でヨッカイカーが勝利。悔しい黒星となっている。今回、仕切り直しに、強敵との対戦を選んだことになる。  対する、第5代修斗環太平洋バンタム級王者の竹中大地は、ONEバンタム級戦線で、世界王座挑戦経験を持つレアンドロ・イッサ(ブラジル)やキム・デファン(韓国)といった強敵を倒すと、2019年11月のユサップ・サーデュラエフ戦のスプリット判定負けから、約1年ぶりの試合で、バンタム級からフライ級に転向。和田に判定負けしたイヴァニルド・デルフィノを3R リアネイキドチョークで極めて一本勝ち。キャリア13勝目を掴んでいる。  オーソドックス構えの和田に、サウスポー構えの竹中。いずれもスタンド技術に長け、強い極めを持ち、バックからの絞めを得意とする。バンタムからフライに落とした竹中が得意の左ミドルを当てて連勝なるか、それともキャリアで優る和田が完封するか。日本軽量級エース格の2人がRoad to ONEのメインイベントの舞台で拳を交える。  1R、サウスポー構えの竹中にオーソドックス構えの和田が先に右インロー。さらに右を突いて首相撲に行くが、そこは竹中がさせず。左ミドル気味の軌道でローを返す。追う和田に左インローは竹中。右ボディストレートから詰める和田は首相撲ヒジ、ダーティーボクシングから右アッパーも。竹中はヒザを突き返す。  左ミドルを当てる竹中! シングルレッグの和田を切ると、和田は首相撲からヒジ! さらに右アッパーも。左をかぶせる竹中に、和田はシングルレッグテイクダウンもすぐに立ち上がる竹中。首相撲でヒザを突く和田! 竹中もヒザを返してブザー。  2R、右ストレートを伸ばす和田! 竹中も左ロー! そこに左を返す和田。シングルレッグテイクダウンに尻餅からすぐに立つ竹中。そこをバックを狙う和田はついていって首相撲の展開からスタンドバックで足をかける! バックを奪う和田は4の字からオタツロック。その足がかかり向き直れない竹中。しかしその左足を解いてついに向き合った竹中が上に! 残り1分半。上のまま細かいパウンドでブザー。  3R、右ボディを振る和田は詰めてシングルレッグへ。立つ竹中は金網背に立つも和田はダブルレッグ。立ち際を2R同様にバックを狙うが、正対する竹中。なおも首相撲からダブルレッグでついにクラッチした和田はダブルレッグテイクダウン! すぐに四の字に巻くが、竹中はその中ですぐに正対に成功する。上から細かいパウンドの竹中に、まだ下から4の字のままの和田は竹中を上に上がらせず、下からヒジ、パウンドを入れる。  足を解いた和田は足を竹中の腰に当てると、下から耳にパウンド。腰を抱いて胸に頭をつけて抑え込んでパスを狙う竹中だが上から強いパウンドを打てず。下から和田もヒジ。  判定は2-1に割れ、和田が勝利! テクニカルで息詰まる攻防を制した和田は、試合後ケージの中で、「今日の自分の動きも竹中選手が見せた動きも、全然、世界のトップじゃない動きでした。最近よく目にするバカな格闘技ファンたちが、SNSで『打撃ばかりやれよ』『グラウンドばかりでつまらないんだよ』とか、毎回頭に来るようなクソみたいなツイートをしていて、これも格闘技だからね。グラウンドもやるし、打撃もやるけど、これも格闘技だから。世界トップじゃないけど、これが格闘技。打撃ばかりを見たい人はボクシング、K-1、RISEとか立ち技の最高な試合がいっぱいあるからそれを見て勉強してください。それでMMAを見てくれている最高のファンたちも沢山いるので、その人たちのために俺たちは毎日、気合いを入れて練習してここで試合をしています。全然、世界の最高でもトップじゃないけど、今日の試合は最高に気合いを入れてやったので見ていただいてありがとうございました」と語り、MVPも受賞した。 [nextpage] ▼第5試合 コ・メインイベント ONEライト級(※77.1kg)グラップリング 10分1R△青木真也 (EVOLVE MMA)[ドロー]△キャプテン☆アフリカ(総合格闘技道場コブラ会)  コ・メインイベントでは、10分1ラウンド(判定なし)のグラップリングマッチに青木真也が出場。第10代環太平洋ライト級王者のキャプテン☆アフリカとケージグラップリングを戦う。  青木は、2021年1月のONE本戦でジェームズ・ナカシマと対戦。ウェルター級から階級を下げてきたナカシマを相手に、四の字フックからのネッククランクで1ラウンド一本勝ちを決めている。その後、4月に行われた「ONE on TNT IV」ではエドゥアルド・フォラヤンとの3度目の対決も、わずか260秒(1R 4分20秒)で腕十字固めで勝利し、MMA4連勝中だ。  グラップリングマッチは、2020年4月のRoad to ONEでの世羅智茂とのドロー試合以来。2021年8月にはゴードン・ライアンとのグラップリングマッチも決定していた青木だが、ゴードンの体調不良により試合はキャンセル。MMAでビッグマッチ出場の噂も聞こえてくるなか(※追記・青木は「12月の試合を断られた」とnoteに記載)で、MMAで磨き上げたケージグラップリングをキャプテン☆アフリカ相手にどんな動きで見せるか。  対するキャプテン☆アフリカは、青木と同じ柔道出身。2020年12月の修斗で田中有に1R Vクロスアームバーで一本勝ちし、環太平洋ライト級王者となるも、2021年7月にマックス・ザ・ボディとのノンタイトル戦でダウンを奪われ判定負け。得意のグラップリングで再起を果たしたいところ。  グラップリングでは、出花崇太郎として、2016年世界コンバットレスリング選手権74kg級で優勝。サンボ全日本選手権74kg級で3連覇、QUINTETでも活躍している。腰に乗せて投げて袈裟固め、あるいは脇を差しての投げも得意とするアフリカだが、青木相手に投げて抑え込むことが出来るか。  1R、互いに握手してブザー。右で差した青木にアフリカは引き込み際に跳ね上げるが、青木はガードの中に。金網際まで押し込み、足を捌き右足を越える青木。さらに両足を越え、アフリカの両足を4の字ロックに組む青木。右で差す青木に左腕を喉元に当ててスペースを作るアフリカ。どこで青木は足を解くか。残り4分。徐々に登る青木は足を解く。 (C)Road to ONE  口を押さえる青木にアフリカはブリッジからリバーサル! すぐに立って離れる青木にアフリカは左でオーバーフックして引き込みも腕を抜く青木が上に。左足を掴んでストレートフットロックから回転したアフリカに、青木は外ヒールフックを仕掛けるが、ここはすぐにヒザを抜いたアフリカ。なおも青木は上からアタックを仕掛け、アフリカは下からデラヒーバを狙うもブザー。時間切れドローに。  試合後、マイクを持った青木は「朝起きて練習して朝起きて仕事して、毎日一生懸命やって、俺はもう一杯ですよ。生きるのが本当にしんどいですよ。20年間格闘技をやれば、気が付いたら一人ぼっちで今も格闘技をしています。ただ、9月6日に俺にオファーが届きました。オイ、お前(放送席の秋山に)何で(試合を)断ったんだよ。笑いごとじゃないんだよ、何とか言えよ! 嘘を付くんじゃねぇよ」と秋山に問いかけ。  秋山が「断った理由として筋肉を断裂して……」と言うと即座に「関係ねえよ」と青木。  秋山は「先生の判断など色んな選択肢がありましたが、私も断るのが億劫で、やはり試合でリングに立つのが格闘家としての在り方だと私は思います。苦渋の選択として、そういう判断をせざるを得ない状況で、色んな検査を受け、もちろん周りの人に迷惑をかけたことは十分にわかっております」と続けると、青木は「だから何だよ。2カ月あればやればいいじゃないか。お前の言うことは正論だろ。お前がやる気あるならやれよ、『格闘技を盛り上げる』なんて綺麗事で、ONEと一緒だよ。オメエに覚悟あるんだったらなやってみろよ」とバッサリ。  秋山は「もちろんやらないという選択肢はない。当たり前のようにやるつもりでいるし」と答えると、青木は「はっきり言ってやるよ。オマエにそんな時間なんいんだよ」と一刀両断。「俺は何があろうと、目の前にあることを一生懸命にやってやります。青木真也を貫いて、一生懸命生きていきます」と語り、ケージを後にした。  解説席の秋山は、「最高のパフォーマンスを見せるために準備をしてきたつもりが、いろんな結果を生みました。青木選手が言ったように、私が断ったのは事実であり、そこは申し訳ない気持ちでいっぱいですが、人に対して“テメエ”だの、失礼なことを言うこと自体、格闘家以前に、人として良くないと思うのでそこは改めた方がいい。私は彼よりも年上で、彼に対してちゃんと敬語を使っています。格闘家はそういう言葉を出すから、野蛮だと言われる。相手をリスペクトをして、自分の仕事、練習をしっかりして試合に臨めばいいというのが私のスタンス」と、あらためて青木とのやりとりを語った。  その上で「まあ、『待ってろよ』と。10年近く俺とやろうと言っていて、俺のことが相当好きなんでしょう。だから変なストーカーに目を付けられたなと。ストーカーを倒す、その時間はもうすぐ来るんじゃないんですか」と、怪我を治しての青木との対戦に前向きなコメントを残した。 [nextpage] ▼第4試合 ONEバンタム級(※65.8kg)5分3R○小野島恒太(Combat Workout Diamonds)[判定3-0]×山本聖悟(フリー) “ケージレスリングの鬼”小野島は、2017年11月に3年ぶりの復帰戦に勝利以降、2019年11月の手塚基伸戦での判定負け以外は、星を落としていない。よしずみに判定勝利し、石井逸人、野尻定由にドロー、2021年5月の前戦では一條 貴洋に判定3-0で勝利している。2009年のプロデビューからMMA14勝5敗3分け。  対する“LITTLE SEXYAMA”山本は、空手ベースのストライカー。2016年3月のDEEP名古屋大会でプロデビュー。GRACHAN、HEAT、PXCで経験を積み、韓国のROAD FCでは跳びヒザでダウンを奪い、2019年のKOアワードに選ばれた。2021年3月のRIZIN.27で村元友太郎と対戦し、飛びヒザにカウンターを合わせられKO負け。7月のDEEPでは現暫定王者の藤田大和にカーフキックを効かされ、右ハイキック&パウンドでTKO負け。MMA戦績4勝7敗1分けと黒星が先行している。  組みと打撃のコントラストがはっきりした両者の対戦。小野島相手に山本は伸るか反るかの打撃だけでは厳しくなる。長い打撃を活かしてしっかり組みを断ち切ることができるか。対して小野島はトータルファイトでキャリアの差を見せつけるか。  1R、ともにオーソドックス構え。詰める山本は左インロー。小野島はサウスポー構えに変えて、左右を振って詰めて右で差していくが、ヒザを突いて突き放す山本。サウスポー構えになる山本。小野島も右カーフキック! 左を振って当てるとダブルレッグテイクダウン! 金網使い立ち上がる山本だが、なおも小野島は右フックを当てると山本がダウン。そこに右を差す小野島だが、山本も金網使い立つ。  2R、サウスポー構えの山本。カーフを効かされたか。しかし小野島のフックをもらっている。右で差して持ち上げる小野島は小外がけを合わせてテイクダウン! サイドを奪うが、ブリッジから背中を見せて立つ山本は金網まで歩いて小野島を突き放しスタンドに。ワンツーで前に出る小野島は右で差して左で細かいダーティーボクシング。さらにボディロックから崩して山本の右足を挟んで引き出し、背中を着かせてパウンド。  3R、オーソドックス構えになる山本。圧力をかける小野島は右をダブルで振って詰めてまたもダブルレッグで尻餅を着かせる。立ち上がり際に小野島の頭を押さえて跳びヒザは山本! しかし詰める小野島はダブルレッグテイクダウン。ついに山本に背中を着かせる。金網まで這い上体を立てる山本だが、小野島もこつこつと細かいパウンド。山本は立てず、ブザー。  判定は3-0でドミネートした小野島が勝利。 [nextpage] ▼第3試合 ONEバンタム級(※65.8kg)5分3R山本空良(POD/PFC)野尻定由(赤崎道場 A-SPIRIT)  山本空良は、パワーオブドリーム札幌会長&「PFC」代表の山本喧一氏の次男。2021年4月に須貝秋彦との再戦を1Rわずか40秒、右ハイキックからのパウンドでTKO勝利し、初代Fighting NEXUSフェザー級王者に就いている。  野尻は『格闘代理戦争』で前田浩平と熱戦の末スプリット判定で敗れるも、以降、修斗で4連勝。2019年9月の「Road to ONE:Century」では前田にギロチンチョークで一本勝ちし、リヴェンジを果たしている。2021年のインフィニティリーグでは小野島恒太と石井逸人にドローも、一條貴洋にはリアネイキドチョークで一本勝ちしており、MMA5勝無敗2分けと、まだプロで黒星はついていない。  プロ入り前に異なる軌跡を持つ20歳の山本と23歳の野尻、実績では野尻が上回るが、山本は高い決定力を野尻相手にも発揮することが出来るか。厳しい戦いを潜り抜け、受けも強い野尻が真価を見せるか。  1R、ともにオーソドックス構え。右ローの打ち合い。山本はバックフィストから左ハイに繋げる。左で差した野尻に一瞬尻餅を着いた山本だがすぐに立ち、体を入れ替え、左で差して押し込むのは山本。体入れ替え際に右の小外がけテイクダウンは野尻! しかし山本も下から野尻の左腕を三角にとらえ、パウンド! 抜けた野尻の足関節のカウンターに足を抜いた山本がバックテイク。しかし正対する野尻。山本の下からの仕掛けを潰してかついだところでブザー。  2R、右ローを当て、右ハイ、さらに右を伸ばして詰める山本! 金網に詰まる野尻のタックルにギロチンチョークを狙う山本だが、首を抜く野尻が払い腰テイクダウン! しかしここもケージウォークで立ち上がる山本。左で小手に巻いて投げる野尻! 足を戻す山本が立ち上がりバックへ。しかし落とした野尻が上でブザー。  3R、野尻の後ろ廻し蹴りを掴んでテイクダウンは山本。しかしヒザ十字固め狙いを切り返した野尻ががぶりギロチンチョーク狙い。首を抜いた山本に下から腕十字も狙う。極めさせない山本はスタンドに。左の蹴りも野尻がシングルレッグへ。ここを凌ぐ山本はノーアームギロチンから上を取りキムラクラッチからストレートアームバー狙い。伸ばさせない野尻はシングルレッグからテイクダウン! しかし山本が下から足関節狙いでスイープ。上に。背中見せて立つ野尻が右を振るが、山本も跳びヒザ狙い。野尻をさばきながらブザー。  スクランブル合戦の判定は3-0で山本が勝利。MMA5連勝をマークした。 [nextpage] ▼第2試合 ONEバンタム級(※65.8kg)5分3R○須藤拓真(X-TREME EBINA)[2R 1分05秒 ヒザ十字]×南風原吉良斗(THEパラエストラ沖縄)  MMA3勝の須藤は、ヒールフックとニー・リーピングが解禁された2021年9月のJBJJF全日本ノーギ選手権アダルトエキスパートフェザー級で、最初の“ヒールフッカー”となり、同級を制した足関節王。MMAでも、Fighting NEXUSで3試合ともに足関節で一本勝ち。特に2021年7月の前戦でTRIBEの大越崇弘をアンクルホールドに極めた試合で存在感を示している。  対する南風原吉良斗(はえばらきらと)は、沖縄プロ修斗で2戦2勝、中学から松根良太率いるTheパラエストラ沖縄で修斗を始めたシューターで、2019年全日本アマチュア修斗フェザー級優勝。プロの2勝はいずれもパウンドによるTKO勝ちだが、ポジションを制して積極的に極めを狙いつつ打撃を混ぜるなど、MMAグラップリングに強い。須藤との試合では、足関節を潰すパウンダーとしてだけでなく、組みでもスイングしそうなマッチアップだ。  1R、ともにオーソドックス構え。ムエタイスタイルでワンツーで詰める須藤に南風原がカウンターのボディロックテイクダウン。下の須藤はフルガードから三角絞め狙い。拳を中に入れた南風原は上体を抜く。スタンドで須藤の跳びヒザを掴む南風原。須藤は引き込み気味に下に。下からパウンドも突き上げ、ラバーガードから左腕を引き込むが、抜く南風原。シッティングガードで詰めるが、スタンドに。なおも右でオーバーフックして抱きつき引き込む須藤は下から腕十字を狙いブザー。  2R、互いにワンツーが交錯。詰めたところを引き込む須藤は南風原の右手をオーバーフック。さらに右手で南風原の左足を手繰って引き寄せ潜り、サドルロックに組んで足を伸ばしてヒザ十字! タップを奪った。須藤は4戦全勝に。 [nextpage] ▼第1試合 ONEフェザー級(※70.3kg)5分3R◎河名マスト(ロータス世田谷)[3R 3分54秒 リアネイキドチョーク]×新関猛起(ALLIANCE)  河名マスト(真寿斗)は、レスリンググレコローマンで、2017年U-23世界選手権59kg級金メダル、2015年世界ジュニア60kg級銅メダルのトップレスラー。修斗でプロデビューし勝利した中村倫也と同期で、専修大学時代に全日本学生選手権、全日本大学グレコローマン選手権も制している。東京五輪レースでは、文田健一郎、太田忍に次いで3番手につけていた。  2021年7月のFighting NEXUSでプロMMAデビューし、ジェイク・ウィルキンスを組みで上回るも、延長戦の激闘の末、左ハイを受けてカットし、ドクターストップ。TKO負けとなっている。  対する新関猛起は、堀江圭功とのガチスパーが話題となったALLIANCEのヤングガンズ。河名と同日のFighting NEXUSで、アマチュアの「NEXUS SPROUT 02」に出場。ライト級でT-BLOODの目怒頑丈にスプリット判定で勝利している。アマチュアパンクラス、アマ修斗でも経験を積んでおり、大物ルーキー相手にプロデビュー戦でも物怖じしないファイトを見せそうだ。  1R、ともにオーソドックス構え。いきなり詰める河名はボディロックテイクダウンも金網使いすぐに立つ新関。しかし河名はまたもボディロックテイクダウン。マウント&パウンド! 足を戻す新関の蹴り上げをパスし上四方からパウンド。亀になり立つ新関をコントロールして投げる河名はリアネイキドチョーク狙い。外す新関になおもマウントからパウンド。背中を見せると再び4の字ロックからチョークを狙うが、後ろ手を外す新関が立ち上がり背中に乗る河名を落とし上になりスタンド、詰めたところでブザー。  2R、詰めて右、ヒザを打つ新関にカウンターのダブルレッグテイクダウンは河名。新関の立ち上がりにギロチンチョークを金網に押し込んで極めに行くが、金網を蹴って外す新関のバックで4の字ロック。外して立ち上がる新関をバックコントロール。立ち上がり正対して右ローを打つ新関だが、そこにカウンターのダブルレッグテイクダウンは河名! 上四方からバックマウントになり新関を伸ばしてパウンドも新関は正対。そこにマウント&パウンドもブザー。  3R、すぐに詰めてスタンドバックから崩して上四方。片足からませハーフにする新関に左で差してパス、マウント&パウンド連打! ここもそのスペースに背中を向けて立ち上がる新関。スタンドで何とか正対する新関にダブルレッグテイクダウンは河名! サイドからヒザを突き、マウントからリアネイキドチョーク狙い。いったん後ろ手を剥がした新関だが、4の字ロックの河名が残り1分6秒でチョークでタップを奪った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事