ボクシング
ニュース

那須川天心、亀田興毅との対決実現に「自分がどこまで戦えるか楽しみ。ワクワクするんじゃないですか」

2019/05/19 04:05
2019年5月18日(土)都内にて『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」が行われ、RISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)がボクシングルール2分3Rで挑戦者2名を退けた(いずれもフルラウンド、判定なし)。  その後“重大発表”としてVTRに、元WBA世界ライトフライ級王者、元WBC世界フライ級王者、元WBA世界バンタム級王者の世界三階級制覇王者・亀田興毅が現れ、6月22日(土)に那須川と対戦することが発表された。  亀田はVTRの中で、「これから未来ある若人にボクシングというものを教えたろかな、と」と挑戦に名乗りをあげた理由を語る亀田。「どんな戦い方をしてきても無理無理。一生懸命頑張って全力でぶつかってきたらいい。一生懸命、吠えといてくれたらええやんか。当てられるもんなら当てたらいいし、それはボクシングと違う。やってきたところが違う」と、言い放った。  那須川は番組終了後の囲み取材で「全く意識していなかったので、聞いた時はやるんだ、と思いました。。しっかり対策して(6月)2日の試合が決まっているので(RIZIN)しっかり調整したい」と、万全の態勢で臨みたいとする。亀田の印象については「いい意味でも悪い意味でも格闘技を盛り上げてくれた。日本を盛り上げた男って感じですね」と評する。 「やるからには1000万円獲られないようにしないといけない」と意気込み(1000万円が懸けられるかどうかは調整中)、亀田の挑発を「亀田節だと思いますね」と一笑に付した。 「自分がどこまで戦えるかも楽しみ。僕はキックボクサーとしてやってきて、相手はボクサーで相手が慣れているルールなので、自分でもどういう試合になるか分からない。ワクワクするんじゃないですか」と、亀田戦が楽しみだとした。  また、今回の2戦については「1000万円を守ったので良かった、ほっとしました。6月の試合に向けて途中の試合なので、バッキバキに筋肉痛だったんですがいい調整、実戦練習ができたとプラスにとらえていrます」と振り返っている。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事