ONEONE
MMA
レポート

【修斗】18歳最年少で西川大和が戴冠! 川名TENCHO雄生に5R TKO勝ち。安藤達也が石井逸人に一本勝ち、石橋佳大が後藤丈治に競り勝つ、宇佐美正パトリック、江藤公洋、岩﨑大河、岩本健汰が勝利

2021/09/20 17:09
PROFESSIONAL SHOOTO2021Vol.6 in Supported by ONE Championship 9月20日(月・祝)後楽園ホール ※選手名からインタビューへ、写真は後程追加 ABEMA生中継 ▼第8試合 世界ライト級チャンピオンシップ 5分5R×川名TENCHO雄生(王者・初防衛戦/Y&K MMA ACADEMY)[5R 0分43秒 TKO]○西川大和(挑戦者・同級1位/西川道場)※西川が新王者に  2021年9月20日(月・祝)後楽園ホールにて、「PROFESSIONAL SHOOTO2021Vol.6 in Supported by ONE Championship」が開催され、修斗史上最年少、18歳の世界王者が誕生した。  MMAの常識を覆す、大胆な試合運びだった。  立ち技の試合でも活躍する二刀流ファイター“北海道の野生児”西川大和(西川道場)は、RIZINライト級でも戦う修斗世界王者の川名TENCHO雄生(Y&K MMA ACADEMY)を相手に、ローキック、前蹴りとスタンドで制すと、川名のテイクダウンに下からのガードワークを選択。  両足のなかに川名を入れるフルガードで“絶対的に不利”とされる下からコントロール、三角絞めなどの仕掛けととともに、パスガードされることなく下からのヒジ・パンチで、川名の顔をみるみる腫れさせていった──。  1R、川名が脇差し崩して2度テイクダウン。フルガードから西川は蹴り上げ! 2度草刈りで立ち上がり、金網背に押し込まれながらも踵で川名の足を蹴る。  2R、サウスポー構えから右ローを当て、右ジャブ、左前蹴り、左ストレートを当てる西川! 川名も右を振り組んで押し込むも、西川は首相撲ヒザで断ち切る。組んで大外刈で倒す西川も、すぐに川名は立つ。終盤に西川のダブルレッグをがぶる川名も切り返す。  3R、右で差して早々に足払いテイクダウンは川名! しかし西川はガードの下からヒジ、パンチ。川名は足を越えられずも三角絞めを警戒しながらパウンド。  4R、サウスポー構えから右ローを何度も蹴る西川。川名も右を合わせる。右ボディストレートを当てた西川は一気に前へ、小外でテイクダウン! しかし、下の西川はヒジ、パンチ!  川名は三角を外すも鼻血で出血しドクターチェック。中断。西川はインターバルでセコンドに「タックル、しつこい」と答え、余裕を見せる。再開。インサイドからパウンドする川名を避け、下からヒジを打つ西川。ブザー。  最終5Rへ。ドクターチェック左目も晴れた川名だが、再開。詰めてダブルレッグで魂のテイクダウンを決める川名! しかしフルガードの西川は下からヒジ! 再びドクターチェックが入り、5R、0分43秒、ドクターストップ。TKOで西川が新王者に輝いた!  試合後、18歳の西川は「強かったです。今までで一番強い相手でした。自分の穴はもっと埋めていけるなと、次、ONE Championshipに出させてください。ここまで何不自由なく育てていただいた両親、ありがとうございました」と挨拶。また、西川は「川名選手は長岡選手とも試合をしていて予想していましたが、それを遥かに超えて強かったです。来年、海外でも練習して、自分の新たな穴を見つけられると思います。北海道はプロの選手が少ないですが、根性はある。これからテクニックをつけたいと思います。RIZINさんの契約は分からないですけど、ライト級で武田選手か矢地選手と戦いたい」と語った。  試合前に、相手をクローズドガードの中に入れて、パスガードされるずに上にいる選手のパウンドを下から避けて反撃することについて西川は、「基本的に見えているから避けられる。パンチを避けるのはスタンドと変わらないので。後ろがマットではありますが、相手の肩を見たり、相手の視線を感じたり、ほかにも雰囲気もすごく出ます。パウンドに限らず、来るんだな、と圧力をかけてくる、よく皆さんが言う“殺気”というのもけっこう見えたりもするので、ああ、これ来るなというのを勘付いて避けたりもします」と語っていたが、それをまたも試合で実践して見せたことになる。  今後について、海外を拠点にすること、さらにONE Championship参戦と、RIZINライト級で武田光司、矢地佑介との対戦を望んだ西川。試合後、この相反する希望について問われた西川は、「マネージャーと相談してみます」と語っている。UFC世界王者を目指す18歳の新王者は、今後、どんなステップアップを果たすか、注目だ。 [nextpage] ▼第7試合 環太平洋バンタム級 5分3R○安藤達也(王者・初防衛戦/フリー)[2R 4分39秒 肩固め]×石井逸人(挑戦者・同級6位/TRIBE TOKYO MMA)  1R、先にバックを奪ったのは石井、すぐに首に腕を巻くが、立ち上がった安藤は外して正対。逆に安藤がバックを奪い返しコントロールする。  2R、サウスポー構えから左を当てた安藤、下がる石井は遠間からダブルレッグもスプロールして切る安藤がパウンドも、後頭部に当たり中断。再開。右を当てて前に出る石井にシングルレッグテイクダウンは安藤! パスガードからサイド、肩固めを極めた。  試合後、安藤は「ここに上がるまで、12月にフリーになって初めて負けて、3カ月くらい落ち込んで、みんながパワーを送ってくれて、この日リングに上がることが出来て、いいときだけじゃなく苦しいときに支えてくれた大きさを感じた半年でした。米国合宿で世界も見えたので、もう一度世界を目指したいと思います」と挨拶し、川原波輝らと肩を組んだ。 [nextpage] ▼第6試合 バンタム級 5分3R×後藤丈治(同級世界8位/TRIBE TOKYO MMA)[判定1-2] ※28-29×2, 28-29○石橋佳大(ZEEKジム)※元環太平洋王者  1R、ともにサウスポー構え。後藤の左の蹴りに石橋も右を振って組みに、シングルレッグテイクダウンも立つ後藤はギロチンチョークへ。首を抜く石橋にスクランブルから立つ後藤。石橋はボディロックから後方に投げてテイクダウン。そのままニアマウントとなるが、後藤は足を戻してインサイドに入れる。  2Rも激しいスクランブル戦。石橋のリアネイキドチョークを正対し上になった後藤が残り1分を上で鉄槌を落とす。3R、ボディロックテイクダウンの石橋を跳ね上げスイープする後藤はクルスフィックにとらえるが腕を抜き上を取った石橋が上から鉄槌連打でブザー。  判定は2-1(29-28×2,28-29)のスプリットで石橋が接戦を制し「見たか! 勝ったぞ、若くて勢いのある選手だけど、ふざけんな、見たか。今の俺が一番、強い! THIS IS ISHIBAHSI KEITA, ポジション・ゼロ!」と叫んだ。 [nextpage] ▼第5試合 AOKI PROJECT 提供マッチ 70.3kg契約5分2R×椿 飛鳥(トライデントジム)[1R 2分34秒 リアネイキドチョーク]○岩本健汰(ロータス世田谷)  椿の踏み込み、ボディ打ちを距離でかわした岩本は詰めてシングルレッグから引き出してテイクダウン、左で脇差しパスガード、背中を譲った椿にリアネイキドチョークを極めた。 青木賞を手渡した青木「次はちゃんと入場曲と髪を揃えてきてください」。岩本「髪は切ったつもりですけど、いろんな人のサポートに感謝しています。勝つことで恩返しして、みんなの想像を超えるようなものを見せていきたいと思います」 [nextpage] ▼第4試合 ライト級 5分2R×ヨシ・イノウエ(パラエストラTB)※2019年ライト級新人王[1R 4分14秒 TKO]○宇佐美 正 パトリック(EXFIGHT/LDH martial arts)  1R、イノウエの組みを突き放し、ヒジ、ヒザは宇佐美。しかし詰めるイノウエはダブルレッグ、シングルレッグ、ダブルレッグでテイクダウン! インサイドからパウンドも立つ宇佐美。オーソドックス構え。右を当てるイノウエに、詰めた宇佐美は左アッパー! この一撃でイノウエがうずくまり、レフェリーが間に入った。 宇佐美「プレッシャー、ヤバいです(笑)。いろんな人のサポートLDH、家族、友達、皆さんのおかげでここまでやっと来れて、プロに憧れていてここに来ました。ヨシ選手、対戦ありがとうございました。これからスタートなんですけど、これからも応援よろしくお願いします」 [nextpage] ▼第3試合 75kg契約 5分3R○江藤公洋(日本/和術慧舟會HEARTS)[判定3-0] ※30-27×2, 30-26×グンター・カルンダ(コンゴ民主共和国/TriH.studio)  1R、スイッチする江藤とサウスポー構えのカルンダ。カルンダの左をかわしてダブルレッグテイクダウンは江藤。ブリッジで立ち上がるカルンダは左ミドルも、キャッチしシングルレッグからついてボディロックテイクダウン。ハーフから片固め狙い、パス、マウントもブザー。  2R、左右を振るカルンダにカウンターのダブルレッグテイクダウンは江藤。右で脇差しパスガードし、マウントへ。ここも身体能力を活かし、ブリッジから立とうとするカルンダに、江藤はノーアームギロチンチョークから後転してマウントへ。亀になるカルンダの右腕を十字に狙う。  3R、左ハイ、ミドルで圧力をかけるカルンダ。江藤の低いシングルレッグは切り、2度目の組みも切るが、カルンダの左ストレートの打ち終わりに右足を中に踏み込みダブルレッグからすぐに脇を潜りテイクダウン、バックは江藤。マウントからバック。首を護るカルンダは背後にパンチも逃れられずブザー。  判定は3-0(30-27×3, 30-26)で江藤が修斗で勝利した。 [nextpage] ▼第2試合 ミドル級 5分2R○岩﨑大河(大道塾) ※修斗初参戦[1R 4分13秒 TKO]×今市凌太(style plus gym) ※デビュー戦  1R、サウスポー構えからムエタイの構えで後ろ重心の岩﨑。左ミドル、前蹴りを当てて、金網詰めて右で差してボディロックテイクダウン、バック奪い、4の字ロックから今市をパウンドアウトした。 岩﨑「初めて修斗さんに参戦させていただいて、大道塾とも昔、縁があって、また機会があればよろしくお願いします」 [nextpage] ▼第3試合 フライ級 5分2R○内田タケル(パラエストラ松戸)[1R 2分16秒 リアネイキドチョーク]×大竹 陽(HAGANE GYM) 1R、ダブルレッグテイクダウンの内田はサイドにパス、首をフロントから抱え、大竹が背中を向けたところでリアネイキドチョークを極めた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事