キックボクシング
レポート

【RISE GP】寺山日葵が小林愛三に僅差の勝利、宮﨑小雪が伊藤紗弥を延長戦で振り切る、AKARIがKO勝ち、村上悠佳がKINGレイナとまさかの寝技に

2021/09/12 19:09
RISE GIRLS POWER.52021年9月12日(日)東京・後楽園ホール ▼メインイベント(第8試合)SuperFight! -49.5kg契約 3分3R延長1R○寺山日葵(TEAM TEPPEN/RISE QUEENミニフライ級王者)判定2-0 ※29-29、30-29×2×小林愛三(NEXTLEVEL渋谷/RISE QUEENフライ級王者)  寺山はジュニア時代から数々のアマチュア大会で好成績を残し、高校生になった15歳でプロデビュー。2018年11月にJ-GIRLSミニフライ級王座、2019年9月に初代RISE QUEENミニフライ級王座に就き2冠王に。2020年の10月・11月に行われたRISE GIRLS POWER QUEEN of QUEENS 2020優勝。5月にはAKARIを判定に降して初防衛に成功している。戦績は19勝(1KO)2敗1分。  小林は2015年2月にプロデビューすると、2018年7月にシュートボクシングの試合で敗れるまで13戦無敗を誇った。同年12月には伊藤紗弥を判定で下し、2019年11月にはWPMF世界女子フライ級王座を奪取。2020年の「初代RISE QUEENフライ級王座決定トーナメント」で陣内まどかと決勝戦を戦う予定だったが陣内の負傷欠場により暫定王者に。12月に田渕涼香に敗れるも今年4月の初防衛戦でリベンジを果たし、同時に正規王者となった。戦績は16勝(3KO)3敗4分。  1R、左右フックで前へ出る小林に寺山は下がりながら前蹴り。小林が前へ出てくると下がり、小林がパンチや蹴りを出すとそれに合わせに行く寺山。試合は寺山のロングの距離で進む。  2R、ジャブを出しながら前へ出ようとする小林を右ストレートで迎え撃つ寺山。自分の距離を保って、来るところに前蹴りやミドルを合わせる。小林が左を蹴ると右ストレートを合わせ、小林がワンツーで入ってくるとクリンチで動きを止める。小林の蹴りにパンチを合わせる寺山に小林は入りにくそう。小林が出ると下がり、常に自分の距離を保つ寺山が終盤に前蹴りとミドルで印象付ける。  3R、右ボディを打つ小林だが、顔面へのパンチは寺山の間合い操作でなかなか当たらない。蹴りには蹴りを返し、もらいっぱなしにはならない。小林の攻撃を待って右ストレート、左ミドル。攻撃をまとめると小林が反撃に出ようとすると寺山は離れていく。来るところへ寺山がワンツー、蹴りには蹴りを返し、回り込んでさらにローを蹴る。  当てさせずに当てる、その場にいつかない寺山独特のムーブに小林も持ち味を殺され、判定2-0で寺山の勝利となった。  寺山はマイクを持つと「女子単独後楽園大会、愛三選手は本当に強くて自分の試合をする事が出来なかったんですが、一つの負けが命取りとなる格闘技界で勝ててよかったです。これからも寺山日葵と女子キックの応援をよろしくお願いします」とアピールした。 [nextpage] ▼セミファイナル(第7試合)SuperFight! -46.5kg契約 3分3R延長1R○宮﨑小雪(TRY HARD GYM/第2代RISEQUEENアトム級王者)延長R 判定2-0 ※10-9×3、10-10×伊藤紗弥(尚武会/BOMピン級王者)※本戦の判定は30-29、29-30、30-30。  宮崎は“宮崎姉妹”の妹で、小学3年生から空手を学び、2019年8月のKAMINARIMON全日本女子トーナメントで優勝。アマチュア戦績10戦10勝(3KO)無敗の戦績を引っ提げ、16歳で2019年11月にプロデビュー。新人離れしたテクニックを見せて関係者から高い評価を受け、今年1月「アトム級NEXT QUEENトーナメント 2021」で優勝した。3月にはRISE QUEENアトム級王者・紅絹に挑戦し、判定2-0で破り第2代王座に就いた18歳。戦績は5勝1敗1分。  伊藤はジュニアキックで数々のタイトルを獲得。2012年12月には中学2年生にしてタイでWPMF女子世界ピン級暫定王者を獲得。2014年4月に国内で正式にプロデビューを果たすと、国内外の強敵を相手に快進撃を続けWPMF・WMC・WBCムエタイと女子世界王座の三冠を制覇。2020年2月の『RISE』初参戦ではAyakaに生涯初のダウン&KO負けを喫してしまったが、今年4月の『ムエローク2021』ではムエタイルールでAyakaにリベンジ成功。BOM女子ピン級初代王座も獲得した。7月には初のオープンフィンガーグローブマッチに挑み、女子二冠王MIREYに勝利している。戦績は18勝(4KO)5敗2分。  1R、サウスポーの宮崎に右ミドルを蹴っていく伊藤。宮崎は右へ動きながらワンツーを放つ。ジャブから相手の左側へ入っていき、左を打つ宮崎。  2R、宮崎は伊藤の左側に入り込みながら前へ出てワンツー、伊藤は右ミドル、前蹴りを蹴るが宮崎は入り込んでくる。右へ回り込もうとする宮崎に、先に左へ回り込んだ伊藤は宮崎の左ミドルに右ストレートを合わせて仰け反らせる。宮崎のパンチをブロックしながら右ストレートを出す伊藤、宮崎も左ボディストレート。伊藤は右ミドルを蹴っていき、右ストレートにつなぐ。  3R、ストレート連打で入り込んでいく宮崎。伊藤も右ミドルを蹴る。右のカウンターを合わせられる宮崎だが、すぐに回り込んで追撃を許さない。宮崎が左をヒットすれば伊藤は右をすぐに打ち返す。右へ回り込んでいく宮崎に伊藤は左ミドル、そしてヒザ蹴り。  しかし、伊藤には組んでの攻撃が多いとの注意が与えられる。イエローカードに。蹴る伊藤だが宮崎は動いて当てさせない。伊藤の右ミドルに左ストレートを打つ宮崎。本戦の判定は三者三様のドローで延長戦へ。  宮崎は距離を一気に縮めて接近戦でパンチを当てる戦い方に変える。伊藤も右ストレート、左フックを打ってヒザへつなぐ。詰める宮崎がヒザ蹴り、左ミドルを当てて伊藤がクリンチの展開が続く。宮崎がワンツーをヒットさせ、さらに回り込んで一発当てて組み付く。パンチでプレッシャーをかけていく宮崎に伊藤はヒザ蹴り、ミドルを蹴るが終盤は宮崎のパンチのヒットが目立ったか。  判定は2-0で宮崎が伊藤を振り切った。マイクを持った宮崎は「チャンピオンとして初めての試合でプレッシャーとか多くて、不安だったんですが、それを乗り越えて勝利することができてよかったです。延長の判定2-0でチャンピオンとしてまだまだと思うので、もっと頑張らないといけないんですが、RISEの強さを証明できるように頑張ります、これからもRISEを、女子格闘技を盛り上げていけるように頑張ります」と涙ながらに語った。 [nextpage] ▼第6試合 フライ級(-52kg) 3分3R延長1R×YAYAウィラサクレック(WSRフェアテックス幕張/J-GIRLSスーパーフライ級王者)KO 2R 0分04秒 ※右顔面前蹴り○AKARI(TARGET/RISEミニフライ級1位)  AKARIはジュニア時代から第2代RISE QUEENなど5冠王の神村エリカに憧れ、教えを乞い神村の遺伝子を継ぐ女子高生ファイターで、2019年9月大会にてプロデビューを飾り判定勝ち、その後も宮崎若菜、RANとの女子高生対決、ベテランの後藤まきに勝利して7戦全勝。3月大会の「ミニフライ級NEXT QUEENトーナメント 2021」で宮崎若菜、大倉萌を破って優勝。RISE QUEENミニフライ級王者・寺山日葵への挑戦権を獲得し、5月の『RISEonABEMA』メインイベントで挑戦したが、判定3-0(49-48×3)で敗れた。今回が再起戦。戦績は7勝1敗。  YAYAはタイでプロデビューし、7勝1敗の戦績を残して帰国後は5戦負けなし。2019年10月に初代J-GIRLSスーパーフライ級王座決定戦を制し、王座に就いた。力強い右ローと右ストレートが得意で、手数も多い。2020年はNJKFの「S1レディース バンタム級ジャパントーナメント」に参戦し、11月の決勝へ進出するも☆SAHO☆に敗れて準優勝に終わった。RISEには今年5月に初参戦し、ミネルヴァ・スーパーフライ級王者の聖愛を前に出続ける戦い方で攻略し、判定勝ちを収めた。戦績は13勝(2KO)2敗2分。  1R、AKARIは蹴り上げる前蹴りでけん制し、タイミングのいい前蹴りでYAYAを転倒させる。右ミドルも蹴って自分のロングの距離で戦い、長いジャブをしっかりヒットさせるとラウンド終盤にジャブでダウンを奪う。  2R開始と同時にYAYAにドクターチェック。再開後、AKARIが右顔面前蹴りを放つとYAYAはもんどりうって転倒。1Rのダウンも右足を捻ったからのようで、もう戦える状態ではなかったようだ。  嬉し涙を流すAKARIはマイクを持つと「私は前回タイトルマッチで負けてしまったんですけれど、目指しているものは変わらないので寺山選手をずっとずっと追いかけて必ず追い越すのでそれまで見守っていただければと思います。いい感じで寺山選手にプレッシャーを与えられたと思うので最短で寺山選手ともう一度やらせていただければと思います」と、寺山への再挑戦を誓った。 [nextpage] ▼第5試合 アトム級(-46kg) 3分3R延長1R○平岡 琴(TRY HARD GYM/同級2位)判定3-0 ※30-28×3×奥脇奈々(エイワスポーツジム/同級7位)  平岡は極真会館の『全日本女子ウェイト制空手道選手権』軽量級優勝の実績を持ち、多彩な蹴り技が持ち味の選手。昨年2月には3連勝でRISE QUEENアトム級王者・紅絹に挑み、ダウンの応酬の末に判定で敗れると、同年8月にerika(※名前の後にハートマーク)、10月にはsasoriに判定負け、今年4月には小林愛理奈に判定2-0で惜敗と泥沼の4連敗中。しかし、小林との試合は両者一歩も退かない打ち合いとなり、早くも女子の年間ベストバウトとの声もあがったほど。歯に衣着せぬ発言で話題を呼ぶ“怖いお姉さん”だ。戦績は9勝(3KO)7敗1分。  奥脇はジュニアキック出身で、2017年1月にプロデビュー。アグレッシブな打ち合いを好む“バチバチ打ち合い娘”。2019年12月に世界三冠王・伊藤紗弥に挑むも判定で敗れ、2020年12月にはRISEの「アトム級(-46kg) NEXT QUEEN トーナメント 2021」の1回戦で小林愛理奈に敗れた。前回の試合は6月27日のNJKFでミネルヴァ・ピン級王者Ayakaと対戦するも敗れ、平岡と同じく泥沼の4連敗中。戦績は4勝11敗。  1R、互いにジャブ&ローだが距離が合っていない。奥脇は前に出てくる平岡の攻撃を待って右のカウンターを狙い撃ち。平岡はもらって気にせず前へ出て左三日月を突き刺す。コーナーへ詰めての連打を繰り出す平岡は右ハイも軽く当てる。前へ出て奥脇にコーナーを背負わせた平岡が優勢を印象付けた。  2R、圧力を強める平岡は三日月やヒザをヒットさせ、奥脇にロープを背負わせて右ストレート、左フックと連打を見舞う。さらに後ろ蹴り、後ろ廻し蹴りを見せる。平岡が連打をまとめるとロープを背負う奥脇は棒立ち気味となり、離れるのが精一杯に。  3R、奥脇は強い右ロー、右ミドル、右ストレートで反撃を開始。前にも出る。平岡は右ストレート、左三日月で迎え撃つ。ジャブで前に出る平岡は左フック、奥脇は下がる。残り30秒、左右フックで前に出る平岡は奥脇がガードを固めると三日月蹴りと後ろ蹴りでボディを攻め、ロープを背負わせると連打。  終始圧力をかけて攻め続けた平岡が判定勝ちで連敗を脱出。マイクを持つと「最近なかなか勝てなくて正直限界かなと思った時期もあったんですが、たくさんの人に支えられて復活することが出来ました。後楽園ホールで女子だけの大会が26年ぶりということで女子が注目されるのは嬉しいけれど、ここがゴールじゃないし、もっとGIRLS POWERを大きくして行かないといけない。私たちは出来ると信じているので、ついてきてくれると嬉しいです」とメッセージを送った。 [nextpage] ▼第4試合 Specialエキシビションマッチ 3分1R-KINGレイナ(フリー)勝敗なし-村上悠佳(TEAM TEPPEN)  村上との対戦が決まっていた浅井春香(Kick Box)が新型コロナウイルス濃厚接触者となったため欠場。代わりにKINGレイナとの異色エキシビションマッチが決定した。  村上は極真空手をバックボーンに持ち、破壊力抜群の蹴りを武器にアマチュアキックでは1年弱で11戦全勝6KOの戦績をあげてプロに転向。デビュー戦ではダウンを奪って勝利したが、2戦目でいきなりJ-GIRLSフェザー級王者・空手こまちと対戦して判定負け。その後はQueenマオ、カン・イェジン、ウー・ユティン、MAYAに4連勝したが、2020年9月に浅井春香に判定3-0で敗れた。今年4月には『HEAT』に初参戦し、鈴木万李弥と女子の年間ベストバウト候補と言われる熱戦を展開し、判定2-1で勝利を収めている。戦績は6勝(1KO)2敗。  KINGレイナはDEEP JEWELS、RIZINで活躍するMMAファイターでMMA戦績は12勝4敗。昨年はDEEPにてキックボクシングルールで熊谷麻理奈と対戦して1勝1敗。今年7月にはシュートボクシングの『Girls S-cup』のリングへ乗り込み、メインイベントでSB日本女子ライト級王者・未奈と対戦したが判定3-0で敗れた。  蹴りで快音を響かせる村上に、KINGレイナは前へ出てフックを繰り出していく。レイナのローに右ストレートを合わせる村上。レイナは村上のミドルをキャッチするとそのままテイクダウンし、上からパウンド。村上はリバーサルして上になるという見せ場を作る。それ以外はパンチと蹴りを交わし合い、残り30秒では足を止めての打ち合いも見せた。  エキシビションを終えたレイナは「急遽村上選手の相手になりまして、ありがたいお声をかけていただいたのでリングに上がらせていただきました。10月23日に前回シュートボクシングでやった未奈選手とやる予定になっております。よければ見に来てください」と次回の試合を告知。  村上は「コロナの影響で相手が欠場になってしまって相手を探してもらったんですが見つからなくて、それでもエキシビションを組んでくださってありがとうございました。今回流れてしまったのは仕方ないですけど、相手のコンディションが整えばやってもらいたいと思うのでその時にまたよろしくお願いします」と話した。 [nextpage] ▼第3試合 フライ級(-52kg) 3分3R△山本知美(FAITH/2019年KAMINARIMON全日本女子-57kg級準優勝)ドロー 判定1-1 ※29-30、30-29、29-29△辻井和奏(BRING IT ONパラエストラAKK/初代JAPAN CUP 2021 女子トーナメント王者)  山本は2020年9月にプロデビューし、ハイキックによるカットでTKO勝ちすると今年1月の2戦目も判定で勝利。辻井は今年3月のJAPAN CUPで優勝してRISEでのプロデビュー権を獲得。アマチュア9戦全勝でのデビュー戦を迎えた。  1R、共に長い手足の両者。いきなり辻井が右ハイをかすめる。ワンツーで積極的に攻めていくのは山本。サウスポーの辻井は前蹴りと左ミドル。右ストレートを次々と命中させていく山本だったが、辻井は飛びヒザ蹴りを命中させて連打。  2Rも飛びヒザを当てる辻井。前蹴りも放ち、クリンチ状態になるとボディへヒザを突き上げる。山本の右ミドル、右ストレートをもらう辻井だが、至近距離からの顔面前蹴り、左ミドル、クリンチ状態でのヒザと蹴りがいい。  3R、顔面前蹴りを蹴り合い、山本は右ストレートにつなぐ。辻井は左ミドル。しかし、両者クリンチが増えてブレイクが多くなる。その中でも右のビッグヒットを奪う山本。右ボディも打つ。クリンチから離れると右を強打して追い上げ、判定は三者三様のドローとなった。 [nextpage] ▼第2試合 -45kg契約 3分3R○坂田実優(FASCINATE FIGHT TEAM)判定2-0 ※30-29、29-29、29-28×菊地美乃里(GONG-GYM坂戸)  7月のシュートボクシング『Girls S-cup』で格上のMISAKIを相手に善戦した坂田が6戦目に臨む。菊地は空手出身で今回がプロデビュー戦。同じく『Girls S-cup』に出場して第1試合のセミプロルールで判定負けしている。  1R、菊地はガムシャラに突っ込んで左右フックを繰り出し、坂田は左フックで迎え撃つ。身長で10㎝下回る菊地は坂田が距離を取るとなかなかパンチを当てることができないが、終盤は連打で距離を詰めて近距離でフックを当てた。  2R、サウスポーになった坂田は左の蹴りを繰り出すが、菊地は問答無用で距離を詰めての連打。坂田は距離を取ると左ローを奥足に狙い撃ち。菊地もローを蹴り始め、右の奥足ローがいい角度で決まる。終盤は菊地が距離を詰めるとクリンチが増えた。  3R、接近戦で右ローを蹴る菊地に坂田はヒザで対抗。距離が空くと左三日月を蹴るがすぐに距離を詰められてクリンチ状態。菊地は超接近戦で左右フックを振り、坂田は左フックとヒザ。残り15秒で両者接近戦でガムシャラに打ち合って試合終了。判定で坂田が嬉しい2勝目をあげた。 [nextpage] ▼第1試合 -43kg契約 3分3R×島田美咲(SQUARE-UP KICKBOXING道場)判定0-3 ※28-30×3○西原朱花(TEAM TEPPEN)  幕を開けるのは今大会最軽量級の2人。島田は今年1月にプロデビューするも黒星。西原はこれがプロデビュー戦となる。  1R、風貌や体型も寺山を小型化したような西原は、前蹴りを多用するスタイルも似ている。前に出てくる島田に右ストレートを狙い撃ちし、何度もヒットを奪う。蹴りとジャブで距離を取って右を打つ西原に島田はなかなか攻撃を当てることができない。  2R、1Rよりリラックスした感のある島田は右ボディストレートからの左フック、飛び込んでのワンツー。右ボディがよく入る。西原は変わらずステップで動き、顔面前蹴りと右ストレート、ヒザ蹴りをヒットさせるが、ずっと島田に追われる展開。  3R、西原はジャブ、左ミドル、前蹴りで距離を保ち、島田が入ってくるところに右ストレート、ヒザ蹴り。入り込んでも右ボディからの左フックで攻撃が止まるため西原を逃がしてしまう島田。最後まで動き続けた西原がデビュー戦を勝利で飾った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事