EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
MMA
レポート

【GRACHAN】藤村健悟v.小川道的はドロー、レスリング原口伸がTKO勝利、元極真会館・上田幹雄がMMA転向表明

2021/09/05 13:09
GRACHAN50 2021年9月5日(日)幕張ベイパークアリーナ開場12:30 開始13:00 ▼第6試合 GRACHANMMAライト級 5分2R△藤村健悟(和術慧舟會TLIVE)[判定1-0]△小川道的(ALIVE 伊勢支部)  GRACHAN若手選手を牽引する藤村健吾(20)が、PANCRASE大阪、DEEPで経験を積んできた初参戦の小川道的(30)と対戦。  藤村は6月の前戦でカルロス・トヨタ道場の篠原アンジェロに判定勝ちでプロ3勝1敗に。柔術ベースながら左フックを武器に持つ小川は、ALIVE伊勢支部所属。7月に太田裕稀に判定勝ちで11勝7敗1分けとしている。  1R、跳びヒザから詰めて左で差してテイクダウンを奪う藤村だが、シングルレッグで立ち上がり、テイクダウン、バックを狙う小川に、金網づたいに凌ぐ藤村はキムラクラッチで回して上に! バックテイクからリアネイキドチョークを狙う。  2R、小川の右の圧力に下がりながらもシングルレッグに入る藤村。しかし、小川は片足を広げて金網際で切って立ち、四つから小外がけテイクダウン! 下から腕十字、ラバーガード狙う藤村を潰して抑え込んでパウンド。  判定は1者藤村も1-0でドローとなった。 [nextpage] ▼第5試合 GRACHANMMAライト級 5分2R〇原口 伸(BRAVE)[1R 4分36秒 TKO] ※パウンド×大搗汰晟(総合格闘技宇留野道場)  2019年全日本選手権フリースタイルレスリング70kg級王者の原口伸がプロデビュー。鹿児島出身でレスリングからMMAに転向し、宮田和幸代表率いるBRAVEに所属。腕十字を得意としているという。  対するは柔道歴17年、天理大柔道部出身のルーキー大搗汰晟。兵庫県出身で近畿高校大会3位、天理大学校内予選1位~習志野空挺団自衛隊というキャリアを持つ。7月の「Wardog Cage Fight 32」でデビューし、判定勝ちを収めている。175cm、70kg、総合格闘技宇留野道場所属。  1R、ともにサウスポー構え。右フックで詰めて左で差した原口に内股で先に投げる大搗だが、残して手を着いて立つ原口がダブルレッグからボディロック、リフトしテイクダウンも大搗もすぐに立ち上がる。  原口は左で差して金網に押し込み、右の拳で殴ると、大搗は再び内股へ。ここも残した原口がシングルレッグテイクダウン。足を効かせる大搗にパウンドを打ちつつパス。立ち上がろうとする大搗にがぶり、首を抱えワールド狙いから、再びパウンドに切替えパウンドアウトした。 [nextpage] 元極真会館世界王者・上田幹雄がMMA挑戦を表明  第4試合前に、GRACHAN岩崎ヒロユキ代表に呼び掛けられ、2019年の第12回世界大会優勝者の上田幹雄(26)がケージイン。MMA挑戦を表明した。上田は8月31日をもって国際空手道連盟極真会館(松井章奎館長)を退会し、新たなステージへ挑戦すると極真会館が発表していた。  上田はケージの中で「空手の強さを証明するためにMMAに来ました」と挨拶。岩崎代表は「無差別級、ヘビー級期待の選手と期待を寄せた。 [nextpage] ▼第4試合 GRACHANMMAバンタム級 5分2R×松本尚大(拳心會)[1R 3分20秒 TKO] ※右ストレート→パウンド〇上荷大夢(TEAM AGENT)※善司郎が欠場のため上荷大夢が参戦  GRACHANの若き生え抜き選手の松本尚大(MMA2勝3敗1分)と、大阪WARDOG等で経験を積んできた上荷大夢(MMA4勝7敗)が対戦。  1R、右で差してテイクダウンする松本に、すぐに立つ上荷。松本は今度は首投げテイクダウンもバック奪う上荷は腕十字。スラムで腕を外した松本。右ローを当てる上荷は金網詰めて右ストレート、左フックでダウンを奪い、パウンド。 [nextpage] ▼第3試合 GRACHANMMAライトヘビー級 5分2R△小沢祐介(T・GRIP TOKYO 高田馬場)[判定0-1]△高桑 格(パラエストラ千葉)  名門パラエストラ千葉ネットワークから重量級の高桑格が参戦。バスケットボールから格闘技に転身し、アマチュア2勝6敗。対するはGRACHANチャレンジから本戦の切符を掴んだ柔道ベースの小沢祐介。共にプロデビュー戦となる。  1R、サウスポー構えの小沢は右ジャブ、左ロー、左でダウンを奪うが、立ち上がる高桑もこつこつと右インロー、右で小沢に鼻血を出させる。  2R、高桑の右ローで足が流れるようになった小沢。ダブルレッグに入るががぶる高桑はボディクラッチからパウンド。被弾しながら亀から立って正対する小沢も左ロー、右ストレートを返すが、高桑は右ストレートでアゴを浮かせる。  判定は1者高桑で1-0のドローとなった。 [nextpage]▼第2試合 GRACHANMMAバンタム級 5分2R×GEN(BIF)[2R 2分04秒 TKO]〇松井斗輝(パラエストラ柏)  松井は、1999年9月兵庫県姫路市出身。2017年愛媛国体ボクシング少年男子バンタム級3位の実績を持ち、左フックを得意とする。167cm、65kg、パラエストラ柏所属。GENはPFCでお馴染み札幌BIFのイケイケ突貫ファイター。STONESキックルールでも戦ってきた。 1R、松井のボディロックを防ぐGENは打撃も、左で差してテイクダウン奪う松井がバックからパウンド。リアネイキドチョーク狙い。  2R、先に詰める松井が左で差してからダブルレッグに切り替えテイクダウン。1分04秒、バックマウントからパウンドでTKO勝ち。 [nextpage] ▼第1試合 GRACHANMMAライト級 5分2R〇野村駿太(BRAVE)[判定3-0]×前田啓伍(パラエストラ千葉)  GRACHAN2階級王者・山本琢也の後輩で、DEEPフューチャーキングトーナメント2020ウェルター級準優勝の前田啓伍と、2020年第48回全日本空手道選手権大会(全日本空手道連盟)男子組手個人戦5位の野村駿太が対戦。共にプロデビュー戦。 [nextpage] ▼GRACHAN challenge バンタム級 Aクラス 3分2R〇安英林(ALLIANCE)[1R 0分50秒 TKO] ※レフェリーストップ×田村裕之(フリーダムOZ) ▼GRACHAN challenge フェザー級 Bクラス 3分2R×鈴木勇太朗(DOBUITA)[1R 0分37秒 TKO]〇菅 歩夢(S-keep) ▼GRACHAN challenge バンタム級 Bクラス 3分2R×有薗優太(AACC)[2R 2分03秒 リアネイキドチョーク]〇中田奨也(TEAM AGENT)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント