キックボクシング
レポート

【RISE】無敗対決は数島大陸が完勝で新設フライ級のエースを狙う宣言、龍翔と周葉が豪快初回KO競演

2021/08/28 15:08
RISE EVOL.82021年8月28日(土)東京・新宿FACE ▼メインイベント(第5試合)フライ級(-51.5kg)3分3R○数島大陸(及川道場/第30回全日本新空手道選手権大会 K-3GRAND PRIX 2019軽軽量級優勝)判定3-0 ※30-27×3×星久保将城(S-ROUND)  7月28日の『RISE151』で格上の竜哉・エイワスポーツジムと引き分けた数島が、北海道から参戦する星久保と新設されたフライ級(-51.5kg)ホープ対決を行う。数島はサウスポーで3勝(2KO)2分と無敗、第30回全日本新空手道選手権大会 K-3GRAND PRIX 2019軽量級優勝の実績を持つ。星久保も3勝(1KO)と無敗同士の対決。  1R、序盤から両者スピードのあるパンチと蹴りを繰り出しての交換。サウスポーの数島は左ボディを狙い撃ちし、ヒザ蹴りも突き刺す。星久保は右ミドルと右フック。後半、数島がテンポを上げて連打を決め、優勢を印象付けた。  2R、星久保は飛び込んでの右ストレートに活路を見出し、右ミドルもヒットさせる。数島は左ボディ、ヒザを打ちながら前蹴りで突き放し、終盤には左ボディと見せかけての左フックをヒットさせ攻撃をまとめる。  3R、飛び込んでの右ストレートで勝負をかける星久保に数島は左ストレートからの左ヒザを突き刺して星久保を後退させる。右フック、左のパンチから左のヒザ蹴りにつなげる数島が前へ出て押していき、星久保は最後はバックハンドブローで逆転を狙ったが届かず。数島が相手に1ポイントも与えないパーフェクトな勝利を飾った。  リングアナウンサーを務めたベイノアの勝利者インタビューに数島は「フライ級が出来て、一発目の試合(第1試合)で(勝者の松本天志が)『僕が引っ張っていく』って言ってたんですけれど、僕が圧倒的に勝たないと行けなかったんですが、課題ができてしまいましたが勝ててほっとしています。前回の試合は急遽決まって相手が世界トップクラスの人と試合が出来て、やってみないと分からないこともあるので、いろいろな経験をさせてもらって今回の試合に挑めたので良かったです。まだRISEのフライ級が始まったばかりですけれど、これからトップクラスが上がってくると思いますが一人一人倒して、必ず来年にはフライ級と言ったら数島だなとみんなが言うようにしていくので期待してください」と、新設されたフライ級のトップを狙うと宣言。  そして最後には決めセリフの「キックボクサーは泣かないぜ」で締めくくった。 [nextpage] ▼セミファイナル(第4試合)フェザー級(-57.5kg) 3分3R延長1R○龍翔(=たつと/BLACK☆Jr/同級14位)KO 1R 2分51秒 ※右ストレート×杉本 祥(TARGET SHIBUYA/第3代PRINCE REVOLUTION-58kg級王者)※近田道場より所属変更  6月6日の『RISE WEST』で翔を破りランキング入りした龍翔が、宮崎の近田道場から上京しTARGET SHIBUYAに移籍した第3代PRINCE REVOLUTION-58kg級王者・杉本と激突。龍翔は4勝1分と無敗、杉本は17勝(7KO)7敗2分のキャリアを持つ。  1R、龍翔はジャブを突き、右ストレートと左ボディを何度も的確にヒットさせる。さらにカーフキックにつなぐと杉本は転倒。その後も龍翔が面白いように右ストレート、左右ボディをヒットさせていき、焦る杉本はパンチを繰り出していったが、最後は龍翔がロープに詰めての連打で右ストレート。杉本はマットに大の字となった。  龍翔は「負けてはいなかったんですがダウンを取るだけでKOまでつながっていなかったので、改善していい結果になったと思います。溜まっていたものがあったので倒せてよかったと思います。まだまだランキングに入ったばかりで一番下ですが、コツコツ下積みを積んでいってチャンピオンになりたいです。フェザー級に新しいヤツが来たというのを見せたので上のランキングのヤツを倒していきたいと思います」と、順番に上のランカーたちを倒していきたいと語った。 [nextpage] ▼第3試合 フェザー級(-57.5kg)3分3R○周葉(TARGET SHIBUYA)KO 1R 1分20秒 ※右バックハンドブロー×福島草太(MASTER JAPAN)  1勝(1KO)2敗の周葉と2勝(1KO)4敗2分の福島が対戦。  1R、きびきびと動く周葉はハイキック、ミドル、前蹴りと蹴りを多く出してパンチにつないでいく。福島は左ローを周葉の攻撃終わりに合わせてしっかり蹴っていくが、周葉のバックハンドブローをもらう。  その後も動き回って矢継ぎ早に攻撃を繰り出す周葉に福島もパンチ&ローで応じるが、周葉が左ハイを空振りしてそのまま一回転しての右バックハンドブロー。これがクリーンヒットし、福島は横へ吹っ飛ぶようにダウン。レフェリーが即座にストップして周葉の豪快KO勝ちとなった。  周葉はマイクを持つと「3分3R経験したことがなくて、今回は持たせようと思ったんですがたまたまバックブローが入って良かったです。狙っていたわけではないです。ガッツリ入りました。入るなと思って2発目頑張りました。2連敗していて今回勝ったのでランキング選手とやりたいですね」と、連敗脱出を喜んだ。 [nextpage] ▼第2試合 バンタム級(-55kg)3分3R○松山和弘(ReBORN経堂)判定2-0 ※30-28、29-29、30-29×朝日慧仁(TARGET SHIBUYA)  ISKA世界選抜第一回全日本オープンアマチュアキックボクシング選手権一般-65kg準優勝の実績を持つ松山は2勝(1KO)1敗の戦績。対する朝日は2戦2敗で初勝利を狙う。  1R、朝日が蹴りからパンチのコンビネーションで攻めていく。松山は右ローで対抗し、カーフキックも交えて朝日の左足を狙い撃ち。さらに左ミドルも。  2R、松山はパンチから右ローにつなぎ、左ボディも打つ。松山のローに手を焼く朝日だが、ワンツーを合わせに行き、打ち合いになると右ストレート、左フック。松山も負けじと左フックで打ち合う。  3R、松山の右ローに右ストレートを合わせて打ち合いに持ち込む朝日。松山はこの打ち合いで右フックをヒットさせて朝日をグラつかせる。それでも朝日は気持ちの強さを見せ手数を出して打ち合いに行き、最後は松山の右ローと朝日のパンチの打ち合いに。  判定2-0で接戦を制した松山は「デビュー戦で奥平君に負けてから3連勝してRISEに戻ってきました。今日はドロドロでしたが次はいい試合をします。とりあえず10月に開催される新人王戦にエントリーして獲りたいと思います。今日は倒したかったんですが判定になってすいません。これから強くなるのでよろしくお願いします」と清々しく語った。 [nextpage] ▼第1試合 スーパーフライ級(-53kg)3分3R○松本天志(HAWK GYM/JAPAN CUP2021 -55kg準優勝)KO 3R 2分41秒×野嶋琉生(BLITZ)  松本はJAPAN CUP2021 -55kg準優勝の実績を持ち、今回がデビュー戦。野嶋も今回がデビュー戦となる。  1R、両者とも強いミドル、ローを蹴り合う。サウスポーの松本が左ローで野嶋を転倒させ、ロープやコーナーに詰めていっての左ストレートを繰り出す。野嶋もワンツーで迎え撃つ。  2R、松本は左ストレート、前蹴りでボディを狙い撃ちにして左ストレート、左フック。野嶋はインローで対抗するが、徐々に松本の圧が上回り鋭いヒザも突き刺す。コーナーへ詰めて左の顔面とボディへの連打。左フック、左ストレートの連打でスタンディングダウンを奪う。  3R、完全に流れをつかんだ松本は前蹴り、左ボディストレート、バックキック、ヒザ蹴りとボディへの攻撃を集中させての左フック、左ストレート。何度もコーナーへ詰めての顔面とボディへの連打を決める松本は、最後もコーナーへ詰めての左ボディストレート、左ストレートと右フックのラッシュで野嶋を仕留めた。  アグレッシブでテクニックも見せての堂々としたデビュー戦をKOで飾った松本は「デビュー戦だったので緊張してスタミナ切れたので、鍛えなおして次はもっと強いヤツでいいのでよろしくお願いします。今日はスーパーフライ級で戦っていたんですが、フライ級が新しく出来たので僕がフライ級を引っ張っていこうと思うのでよろしくお願いします」と、フライ級のエースになると宣言した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント