巌流島
レポート

【巌流島】鈴川真一が相撲の強さを見せつけシビサイ頌真に一本勝ち、チェ・ホンマンはロッキー川村に完敗

2019/05/11 20:05
【巌流島】鈴川真一が相撲の強さを見せつけシビサイ頌真に一本勝ち、チェ・ホンマンはロッキー川村に完敗

相撲技を活かしてシビサイを押し出しまくった鈴川

 5月11日(土)千葉・舞浜アンフィシアターにて『巌流島 世界武術王決定戦 2019 in MAIHAMA―序幕―』が開催された。巌流島の大会開催は昨年9月以来8カ月ぶり。

▼第8試合 無差別級 3分3R
●シビサイ頌真(倉本流武術)
一本 2R1分29秒 ※転落3回
〇鈴川真一(大相撲)

 シビサイは191cm、108kgの体格を持ち、ヘビー級の新星として期待される選手。昨年7月には『RIZIN』に出場を果たし、元横綱・朝青龍の推薦選手ボルドプレフ・ウヌルジャルガルと対戦した。対する鈴川は元幕内力士で、現在はプロレスラーとして活躍。こちらも190cm、110kgのヘビー級。両選手とも巌流島では無敗を誇っており、無敗対決となる。


 1Rが始まってすぐ、パンチを出しながら近づいた鈴川がそのまま押し出しに成功して転落を奪う。再び突進してきた鈴川にシビサイはハイキックを繰り出すが、蹴りを受け止められて押し出される。あと1回の転落で一本負けになるシビサイは絶体絶命のピンチ。さらに押し出そうとする鈴川にパンチを見舞い、組んできたところで逆にテイクダウンする。


 バックを奪ったシビサイはパウンドを見舞っていき、寝技制限15秒の前に自ら立ち上がるが、そこで鈴川が押し出し狙い。勝負あったかと思われたが、ほぼ同体で落ちたため有効(2回で転落)止まりとなり、命拾いした。それでも押し出しを狙って突進してくる鈴川を今度は投げるシビサイ。上になってパウンドを落とすが、鈴川は上体を起こしてシビサイを押し出す。両者同時に転落したため同体に。


 なおも押し込んでくる鈴川を受け止めたシビサイは身体を浴びせ倒し、バックマウントからパンチを見舞うが鈴川が起き上がって押し出し、これも同体に。さらにもう一度同体となり、ラウンド終了。シビサイは大ピンチを逃れた。


 2Rが始まってすぐ、またも突進してシビサイを押し出す鈴川。シビサイはパンチを当てようとするが、鈴川は頭を下げて組み付き、押し出して2度目の転落を奪う。もう後がないシビサイは組み付いてきた鈴川に投げを見舞い、転落を奪い返す。しかし、またも突進してきた鈴川を同じように投げたところで勢い余り、半回転して鈴川が上になる。ガードポジションをとったシビサイだったが、鈴川が押し出して転落3回で一本勝ちを飾った。


 巌流島のエース的存在であるシビサイを破った鈴川は、「シビサイは身体がデカくてパワーもあるし、その辺の日本人のモチベーションとは違う。ごついものを持っているので激しい試合になるとやる前から分かっていた。実際戦うと想像以上に重たい。ヒザ蹴りがかすったくらいですが効きました。稽古でやったことが試合で活かせて良かったです。同体が続きましたが、お互い一本取ろうとしてたので良かったかな」と試合を振り返った。


 シビサイは「押しに対する練習していたが相手も研究していた。前回も力士とやったがそれ以上に詰めてくる。押し出すテクニックがあった。打撃のカウンターや遠い距離での戦い方、あと投げも狙ったんですが自分が思っていたより上手だった」と鈴川を評した。

 その言葉について鈴川は「相撲の下からの押しは想像する以上に強いから。相撲取りの当たって突き抜ける力、下から突き上げる力は想像以上だったと思います。あとシビサイが真正面で胸を出してくれたので僕は押すだけでした」と、相撲で培った技術と力がシビサイの想像を超えていたのが勝因だったと語った。

▼第7試合 無差別級 3分3R
●チェ・ホンマン(シルム/韓国)
判定0-3
〇ロッキー川村(パンクラシスト/日本)


 ホンマンは身長218cm、体重150kgの体格を誇り、韓国相撲シルムでは日本の相撲の横綱に相当する天下壮士の称号を持つ。その後はK-1に転向し、2005年3月にK-1韓国大会でデビュー。トーナメントで若翔洋、曙らを破って優勝した。2006年12月からはMMAルールでも試合を行い、2007年大晦日の『やれんのか!』ではエメリヤーエンコ・ヒョードルとも対戦している。日本での試合は2015年7月の『ROAD FC』日本大会でカルトス・トヨタにKO負けを喫して以来。


 今回、ホンマンの対戦相手に選ばれた川村は180cm、80kgの体格を持ち、強烈なパンチ力でデビュー当初から注目を集め、第11代と第13代パンクラス・ミドル級王者、第4代パンクラス・ライトヘビー級王者に輝いている。近年は映画『ロッキー』の主人公になり切ったキャラクターで、様々な団体で活躍中。


 1R、迫ってくるホンマンに対し、川村は右へ左へと大きく回り込み、ステップを使ってホンマンの正面に立たない。途中、川村の右フックやボディへのパンチが入ったが、初回はほとんど攻防は見られなかった。

 2Rも動き回る川村がロー、右フック、さらにジャンプしてのパンチを軽くヒットさせる。ホンマンはジャブを出しながら前に出るが、川村を捕まえることができない。


 3R、川村は回り込みながらのロー、ジャンプしてのフックを繰り出す。ホンマンはカモンゼスチャーをしながらジャブで前へ出るが、川村は付き合わずに当てては離れるを繰り返す。終了間際には川村が右から左のフックをヒットさせた。

 ほぼ何もできなかったホンマンは判定結果を待つことなく帰ってしまい、判定はその通り川村の勝利。川村は両手を上げて「エイドリアーン」と叫んで勝利をアピールした。


 試合後、谷川貞治プロデューサーは「試合後にホンマンは怒っていました。自分は何もしなかった。エキシビションに判定だけつけられたというような感覚だったようです」と、ホンマンは試合内容に不満を持っていたという。しかし、谷川プロデューサーは「昔のホンマンなら相手がいくら動いてもぐっと追い詰められた」と、ホンマンの追い足のなさが敗因だとした。


 また、「僕が、巌流島はあなたが一番生きる舞台だと言ったんです。来月エンジェルファイト(韓国の格闘技イベント)がある中で僕との友情で出てもらったんですが、ホンマンを生かせてあげられなかったのが残念だった。申し訳ない気持ちでした。巌流島のエースになるようなドラマを作りたかったんですが、時間がない中で無理にやるんじゃなかったなと思います。ホンマンはこのルールでめっちゃ生きると思うのでまた出てもらいたい」と、ホンマンを生かすことができなかったと反省の言葉を述べた。

 

VHTC ONLINE STOREVHTC ONLINE STORE

関連するイベント

関連する記事