キックボクシング
レポート

【戦場】NA☆NAが元ご当地アイドル王者・有里に気迫の勝利、漫画描きに没頭していたKARENが復帰戦で辛勝

2021/08/07 22:08
【戦場】NA☆NAが元ご当地アイドル王者・有里に気迫の勝利、漫画描きに没頭していたKARENが復帰戦で辛勝

初のヒジ打ちルールにも関わらず王者・有里とヒジの打ち合いも見せたNA☆NA

PINK DRAGON「戦場 19」
2021年7月25日(日)宮城・DRAGON BOXING STADIUM

▼メインイベント(第7試合) 女子スーパーフライ級 2分5R ※ヒジあり
×有里(TeamSRK/DBSスーパーフライ級王者)
判定0-3
〇NA☆NA(エスジム/ミネルヴァスーパーフライ級5位)


 有里はWINDY Super Fightライト王者・細貝祥汰、DBS&RKA&UKFインターナショナルライト級王者・晃希を兄に持つ格闘家一家の末娘。栃木のご当地アイドルユニット「あかさた、ナ」のメンバーの一員として活躍していたが今はキックに専念、昨年12月の初代DBS女子スーパーフライ級王者決定ワンデートーナメントを制覇した。今回は王者としての初戦を迎えた。


 対するNA☆NAは昨年6月、のちにKrush女子フライ級王者となる壽美とフルラウンド戦い、今年1月第5代Krush女子フライ級王座決定トーナメントにも参戦したミネルヴァランカー。今回初のヒジありルール挑戦に向けて出稽古を重ねてきたという。


 1RからNA☆NAが右ロー、右ミドルを当てながら前進しパンチ、ヒジの乱れ打ちで有里を追い込む。2R、有里は左右ミドルを返していくものの、カウンターでパンチを合わされてしまう。3R以降も優勢のNA☆NAがパンチの手数、ヒット数でも上回り、有里を追い込む。最終ラウンドもNA☆NAは有里の前進に対して前蹴りで寸断し、距離が近くなると右ストレート、右ミドルと自分の攻撃を当てていく。


 劣勢の有里は巻き返しを狙って打ち合いに持ち込むが決定打なく時間切れ。NA☆NAが判定3‐0で勝利した。次回はタイトルを懸けての再戦となるか!?

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア