MMA
インタビュー

【UFC】まさかの連敗から背水の陣に臨むマネル・ケイプ「前回の試合は100パーセント、僕が勝っていた。次戦がすべてを変えてくれるだろう」=8.7「UFC 265」

2021/08/06 15:08
 2021年8月7日(日本時間8日)、米国テキサス州ヒューストンのトヨタセンターにて「UFC265」が有観客で開催される。  そのアーリープレリムのフライ級戦(5分3R)で、元RIZINバンタム級王者のマネル・ケイプ(アンゴラ/ポルトガル)が、オデー・オズボーン(米国)と対戦する。  ケイプは、ボクサーだった父の影響で、4歳からボクシングを始め、18歳でプロMMAデビュー。2017年10月にRIZINに初参戦し、2019年12月には朝倉海を2R TKOに下し、バンタム級王者となっている。  その後、UFCで階級を落としてフライ級に参戦。2021年2月に当時5位(現3位)のアレッシャンドリ・パントージャと対戦し、判定負け。3月13日には、欠場選手の代役として大会1週間前のオファーを受けてマテウス・ニコラウと対戦し、スプリット判定負けを喫したが、北米メディアの大半がケイプ勝利を支持するなど、物議を醸す判定となった。  その後もケイプは、ラスベガスのUFCパフォーマンスインスティテュートを拠点に、チーム・ハビブのダゲスタンファイターとも練習。2021年3試合目に臨む。  対するオデー・オズボーンは、“ジャマイカン・センセーション”と呼ばれるジャマイカ系アメリカ人。フェザー級とバンタム級で戦い、UFCでは1勝1敗。初戦はバンタム級でブライアン・ケルハーにギロチンチョークで1R 一本負けも、2021年2月にはフェザー級でジェローム・リベラにわずか26秒、左ストレートでKO勝ちを収めている。  身長170cmでリーチが183cm。サウスポー構えから繰り出される長い左ストレート、さらに長い手足を活かした跳びつきの三角絞めには注意が必要だ。  結果としては連敗の背水の陣のなか、ケイプはインタビューで、これまでの敗戦の原因のひとつである、ステップワークについて、特殊な靴下を履く許可を求めていることなどを明かした。 特殊な靴下を履いて戦えるか、許可を待っているところさ ──今回はラスベガスの無観客の「UFC APEX」ではなく、ヒューストンのトヨタセンターで多くのファンの前で戦うことについて、どう感じていますか。 「いい気分だよ。ファンの前で戦うのはとてもワイルドなことで、より興奮するからね。すべてが良くなる。過去2回の試合はファンの前で戦えなかったので、自分にとっては少し違ったものだった。僕の試合を見に来てくれる人がいると思うと、より興奮するね」 ──今回の練習環境を教えてください。 「前回からラスベガスで、ハビブ・ヌルマゴメドフとロシア人選手たちと練習している。それにコンディショニングコーチと一緒にトレーニングしているよ。ハビブは細かいところまでよく教えてくれるし、グラウンドゲームの経験も豊富だ。以前にも彼とトレーニングしたけど、今回、彼はグラウンドのテクニックについてより多くのアドバイスをしてくれたよ。今回の試合では、サブミッションを取れるようにしたいと思っている」 ──前回の試合後、KO決着させるためにフィジカルをアップさせることも課題として挙げていました。成果をどのように感じていますか。 「とても良いよ。今はコンディショニング・トレーニングで少しずつ強くなっている。必要な体重とパワーをつけたから、これで少しは変わると思う。今すぐにでもモデルになれるような身体さ(笑)」 ──3月の試合後、UFCでの2連敗の敗因を「マットが滑ること」と言っていました。その問題は解決できましたか。 「滑らない、足にくっつく特殊な靴下があるんだ。UFCパフォーマンスインスティテュートでは、すでにこれを使ってトレーニングしているよ。これを履いて戦えるかどうか、許可を待っているところなんだ。もちろん練習では靴下を履かない場合の練習もやっているけどね」 ──なるほど、足元にも注目ですね。対戦相手のオズボーンはジャマイカ系アメリカ人で、フェザー級とバンタム級で戦っていた選手です。「Contender Series 2019」で腕十字で勝利し、UFCでは1勝1敗。身長170cmでリーチが「183cm」もあります。サウスポー構えで左ストレートで相手を下がらせるリーチ差10cmの相手は、戦いにくさはありませんか。 「彼と同じくらいのリーチの選手と戦ったことがあるから問題ない。カイ・アサクラは身長172cmでリーチも長かったよ。でも、オズボーンの試合にはいくつかの問題があるように感じた。時折出していたハイキックが上手いとは思えないし、柔軟性もあまりない。たしかに唯一、左手に力があることは分かったよ。でも、僕は彼よりもパワーのあるファイターと戦ってきた。  彼は『誰も自分をノックアウトしたことがない、不可能なことだ。自分のアゴはアイアンマンのようだ』と言っていたね。僕は彼のリーチを奪うことができるし、彼よりも速くて、常に攻めて距離を作ることも出来る」 【写真】2月にジェローム・リベラにわずか26秒、左ストレートでKO勝ちしたオズボーン ──オズボーン選手は3敗のうち、2つはギロチンとヒザ十字による一本負けですが、「Pura Vida BJJ/MMA」所属らしく、長い手足を活かした三角絞めで2度の勝利もマークしています。 「正直、僕のグラップリングと柔術は彼よりはるかに優れている。結局のところ、僕と彼は同じではなく、レベルが違うんだ」 ──オクタゴンで2連敗中のあなたにとって、この試合にどんな意味を持って戦いますか。 「今回の試合は、他の意味もあるんだ。前回の試合(マテウス・ニコラウ戦)では、100パーセント、僕が勝ったと思っている。米国のジャーナリストたちも皆、僕が勝ったと信じていたよ(※主要サイトの22人全員が29-28でケイプを支持)。対戦相手も負けたと思っていたようで、試合後に会ったときに『自分のせいじゃない』と言っていたんだ」 ──大会1週間前のオファーを受けての連戦でしたが、1Rをニコラウ選手が取り、2Rはケイプ選手が取り返した。3Rは接戦だったと思います。ニコラウ選手がカーフキックやワンツーを当て、ケイプ選手はヒザ蹴りを突き、右ジャブを返し、相手が引き込む形になりました。結果的に、もう少し積極性が必要だったのではないかとも感じました。 「僕は理解したよ。あれが僕の試合なんだって。でも、今回の試合では、勝たなければならないからといって、自分に大きなプレッシャーをかけるつもりはない。自分が勝者であることを知っているからね。運も悪かった。土曜の夜がすべてを変えてくれるだろう」 [nextpage] 朝倉海はワークアウトに集中し、トーナメントに出場することになった怒りを覚えるべきだ ──その間、日本では朝倉海選手が、バンタム級グランプリの1回戦で渡部修斗選手に強烈なパウンドを浴びせてTKO勝ちしました。あなたは誰がGPを制すると思いますか? 「カイ・アサクラが集中力を高めれば勝てると思う。彼はワークアウトに集中し、今回のトーナメントに出場することになった怒りを覚えるべきだ。彼は日本ですべてに勝つことができるはずだ」 ──朝倉海選手は、UFCで戦いたいと公言しています。もし彼がオクタゴンでフライ級ではなくバンタム級で戦った場合、どこまで行けると思いますか。 「実は僕たちはよく話をするんだ。彼がUFCで戦うことになれば、いいことだと思うよ。新しいチャレンジが出来るからね。カイはバンタム級でもうまくやれると思う。彼は大きな可能性を持っていて、ベストの一人になれるよ。僕が日本に行ったら、一緒にトレーニングをすることになってるんだ。僕たちにはライバル関係があり、日本の物語があるけど、外ではお互いのファンなんだ」 ──いまでも朝倉海選手の同行はチェックしてるのですね。 「カイは、僕と戦うためにボクシングの練習に行った。でも、短期間では身につかない。だって、僕は小さい頃からボクシングのトレーニングをしてきたからね(※ボクサーだった父親の影響で、4歳からボクシングを始めた)。僕と戦う3年前、いや、1年前にそのコーチに投資していれば、ボクシングでさらに僕の潜在能力を引き出すことができたかもしれないけど、1回のキャンプに集中しているだけでは、僕の領域では僕を超えることはできなかった。  その後もトレーニングを続けていることを知っているよ。MMAをやるためには、すべてをやる必要があるんだ。良い柔術、良いレスリング、ボクシング、キックボクシング……それは、すべてチームとして同じ場所で行う必要がある。アメリカでもタイでも、みんなプロとして大きなチームで戦っているよね。  日本のファイターは才能があってタフだよ。ただ、より大きなジムで、より多様なトレーニングパートナーがいて、1人のコーチではなく、それぞれの分野に特化したコーチがいないと最高の選手にはなれないんだ。日本人選手はもっと外と交わるべきだ。そして一緒に練習すべき。例えば、レスリングや柔道のチャンピオンが僕たちと一緒に練習するように。そこにMMAを理解したヘッドコーチがいて、各コーチ同士で連携が取れていること。自分1人ですべてをコントロールするのは難しい。トータルで客観的に見てくれるコーチ、チームが必要なんだ」 ──ケイプ選手はその環境が整えられたということですね。 「そうだね。世界最高峰のUFCに到達した最初のポルトガルのチームだと言うことができると思う。ここまで道のりは長く、困難もあったけど、粘り強く練習してきた。怠けることはなく、決して後退はせず、諦めるという選択肢はなかった。僕は常にこの仕事が好きで、いつも最高の人たちと仕事をしてきたんだ。最高のベースと真剣な仕事があったからこそ、僕は進化することができ、オクタゴンで戦うことが出来る。これからも歴史を刻んで行くよ。期待していてほしい」 UFC 265: Lewis vs. Gane 【メインカード】8月8日(日・祝)午前11時(WOWOWオンデマンド) ▼ヘビー級暫定王者決定戦 5分5Rデリック・ルイス(米国)シリル・ガーヌ(フランス) ▼バンタム級 5分3Rジョゼ・アルド(ブラジル)ペドロ・ムニョス(ブラジル) ▼ウェルター級 5分3Rビセンテ・ルーケ(ブラジル)マイケル・キエーザ(米国) ▼女子ストロー級 5分3Rティーシャ・トーレス(米国)アンジェラ・ヒル(米国) ▼バンタム級 5分3Rソン・ヤドン(中国)ケイシー・ケニー(米国) 【プレリミナリー】8月8日午前7時(UFC Fight Pass、YouTube) ▼ライト級 5分3Rラファエル・フィジエフ(キルギス)ボビー・グリーン(米国) ▼バンタム級 5分3Rドラコ・ロドリゲス(米国)ヴィンス・モラレス(米国) ▼ライトヘビー級 5分3Rエド・ハーマン(米国)アロンゾ・メニフィールド(米国) ▼女子ストロー級 5分3Rカロリーナ・コバルケビッチ(ポーランド)ジェシカ・ペネ(米国) 【アーリープレリム】 ▼フライ級 5分3Rマネル・ケイプ(ポルトガル)オデー・オズボーン(米国) ▼バンタム級 5分3Rマイルズ・ジョーンズ(米国)アンダーソン・ドス・サントス(ブラジル) ▼女子フライ級 5分3Rヴィクトリア・レオナルド(米国)メリッサ・ガト(ブラジル) ▼バンタム級 5分3Rジョニー・ムニョス Jr(米国)ジェイミー・シモンズ(米国)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事