K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】橋本実生と鵜澤悠也が舌戦!「この試合は喧嘩」(鵜澤)「自分はそっちの方が得意」(橋本)

2021/08/05 21:08
 2021年9月24日(金)東京・後楽園ホール『Krush.129』の対戦カード発表記者会見が、8月5日(木)都内にて行われた。5月30日に行われた「K-1バンタム級日本最強決定トーナメント」で盛り上がりを見せるバンタム級で3カードが決定。  橋本実生(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と鵜澤悠也(K-1ジム五反田チームキングス)の因縁の一騎打ちが決定した。  橋本は幼少期から空手を学び、中学時代には全日本大会で優勝。高校卒業と同時に滋賀から上京し、第7回K-1アマチュア全日本大会 チャレンジAクラス -55kgで優勝。2019年にABEMAの『格闘代理戦争』に出演し、TEAM武尊の一員としてトーナメント優勝に貢献したサウスポー。同年9月のデビュー戦と2戦目では松本日向に敗れたが、その後は4連勝。2020年10月からスタートした「第6代Krushバンタム級王座決定トーナメント」では決勝へ進出するも吉岡ビギンに敗れた。今年5月に開催された「K-1バンタム級日本最強決定トーナメント」では優勝候補の一人と目されながらも感染症拡大防止のため、一定の待機期間を設ける必要のある選手に該当することが判明したため無念の欠場となっていた。戦績は4勝(1KO)3敗。  鵜澤は小学5年生でボクシングを始め、アマチュアボクシングの強豪校で知られる習志野高校・東洋大学で活躍する。キックボクシング転向後は第27回K-1アマチュア・チャレンジAクラスで優勝。2019年にABEMAの「格闘代理戦争」に出演し“ビッグマウス”として注目を集める。2020年2月にKHAOSでプロデビューし、同年9月のKHAOSで行われたワンデートーナメント「DREAM KHAOS」では2連続KO勝利で優勝したサウスポー。「K-1バンタム級日本最強決定トーナメント」では1回戦で松本日向に敗れた。戦績は2勝(2KO)3敗。  両者は5月の「K-1バンタム級日本最強決定トーナメント」の記者会見で舌戦を展開し、因縁が生まれていた。  今回の対戦決定に鵜澤は「この試合はスポーツじゃなくて喧嘩だと思っているので判定で勝っても意味がない。KO決着で終わらせる」といきなりの宣戦布告。橋本も「(復帰を)お待たせしました。喧嘩だと言われたので、そっちの方が自分は得意なので喧嘩しようかなと思っています」と受けて立つ。  互いの印象を聞かれると、鵜澤は「凄い生意気な、クソ生意気なお坊ちゃんという感じですね」と吐き捨て、橋本は「こんないちびってるから俺と同い年かと思っていたんですがまあまあおっさんでした。すいません、若いと思っていました」とおちょくる態度。  どんな試合にしたいかとの質問には、鵜澤は「前回の横浜大会の会見で殴って殴りまくると言っていたし、そんなに打ち合いに自信があるのかなって。試合を見てもぶんぶん振り回しているし。それで来るなら打ち合おうかと思っています」と打ち合いに応じるとし、橋本は「判定のこととかいろいろ言ってる選手がいますが、ファンは殴り合ったりする方がポイント取って逃げるとかテクニックよりも見たいと思うし、そういう試合ができると思うのでずっと殴り続けます」と、判定勝ちは考えず殴ると宣言。  対戦がこのタイミング来ると予測していたかと聞かれると、鵜澤は「正直、来るだろうとは思っていなかったですね。前回負けているし、誰が来ても自分が選ぶ権利はないと思っていました」、橋本も「僕はこの前トーナメントに出られなかったので別に誰とやりたいとか優勝者とやらせてくれとかいうのは虫が良すぎると思うので、用意された相手とやっていけば俺がバンタム級で一番強いのは証明できると思う。とりあえずこの試合は判定勝ちではあかんと思うので、必ずKOですね」と、互いに意識はしていなかったという。  トーナメントを欠場したことに橋本は「8人の中でも一番数字が取れると思っていたし、一番数字を取ろうと思っていたし、俺が出た方が盛り上がったと思いましたけれど、代わってくれた選手もいたのでリスペクトはあります」と謙虚に答えた。しかし、優勝した黒田斗真については「俺やったら負けへんわっていうのはありますね。格闘家は自信あってなんぼやと思うので」と強気な発言。  黒田については鵜澤も「やっぱり初戦から倒してあの日はトーナメントで持っていたと思いますが、全然雲の上の存在だとは思っていない。壬生狼君にしても黒田君にしても。そう思っていたら俺は格闘技やっていない。全然手の届く位置にいると思っているし、バンタムのベルトを獲るためにこれから喰っていこうと思っています」と噛みついていきたいとした。  そのために、この試合でKO勝ちしてトーナメント上位選手に挑んでいきたいかと聞かれると、鵜澤は「KOはプロとして狙いたいのはありますが、それとは別に、単純に橋本実生が嫌いなのでマットに沈めたいっていう俺の気持ち的な面なので。だからKOしたいんですよね。担架で運んで帰らせたいんですよ」と、個人的な感情で橋本をKOしたいと言い放つ。  これに橋本も「嫌いとかめっちゃ言うけれど、俺は全員嫌いやから。別に好きな選手と試合なんかしとうないし。乱闘になるくらい来るのかなと思っていたのに、あまり来ないから悔しいですね」と、鵜澤が大人しいことに拍子抜けしたと笑う。  鵜澤は「好きな選手なんて同じ階級にいないけれど、俺がなぜこの橋本実生に前回から噛みついているのかと言ったら、視界に入ってくるんですよ。いい意味で言ったら目立っているのかもしれない。代理戦争(橋本が名をあげたABEMAの番組)の頃から。でも目立つのは俺だけでいい。だからコイツはシバいておかないといけないと思ったから俺は言っているだけであって、乱闘どうのこうのなんて。じゃあ、ここで俺とお前が喧嘩になって殴ってこれんのかよ?」と問う。  橋本は「会見で真剣に殴るヤツ誰がおんねん。俺らはエンターテイナーやから。カメラが回っているところで誰が真剣に(喧嘩を)やんねん、アホか!」と苛立たし気に答える。  これに鵜澤が「俺は茶番はする気ないから」と返答すると、橋本はすかさず「ほな、プロとして失格です。会見って何にためにやんねんって。会見で頑張りますって言うだけやったら誰も見いへんし、俺はこの会見をバズらせようと思っているか。そういう気で俺は会見してますね」と、鵜澤はプロとしての自覚がないとバッサリ。  鵜澤は「それに関しては俺も同じだけど。ただ茶番はする気がないと言っただけであって。お前な、覚悟して待っておけ。クソガキ!」と怒りを隠さなかった。  最後に鵜澤は「9月は喧嘩祭りなので楽しみにしておいてください」とメッセージ。橋本は「俺に嫉妬してヤキモチ焼いているだけだから。モテるのは女だけでいい(笑)。とりあえず9月の復帰戦、10カ月くらい開いちゃったので。この前のトーナメント欠場は関係者のみなさんとABEMA関係者の皆さんとファンのみなさんに申しわけない気持ちがあるので、9月楽しみに待っていてください」と、欠場した遅れを取り戻すと語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント