K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】石井慧が電撃参戦! K-1ルールで愛鷹亮と激突「絶対に勝ちます」(石井)×「柔道の世界では雲の上の存在だけど、K-1ファイターとしては自分が先輩」(愛鷹)=9.20 横浜

2021/08/04 18:08
 2021年9月20日(月・祝)に神奈川・横浜アリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~』の第2弾決定対戦カード発表会見が8月4日(水)、都内にて行われた。  北京オリンピック柔道男子100kg超級金メダリストで第5代HEAT総合ルールヘビー級王者の石井慧(クロアチア/チーム・クロコップ)が電撃参戦。愛鷹亮(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)とK-1ルールのスーパーファイト、スーパー・ヘビー級 3分3R延長1Rで対戦する。  石井が1年8カ月ぶりの日本での試合に選んだ舞台はK-1だった。  MMA戦績25勝13敗1分。2021年7月の前戦ではドイツ「EMC 7」でピエトロ・カペリを相手に1R ノースサウスチョークで一本勝ちしたばかり。プログラップリングでも多数の戦績を持つ石井だが、立ち技のみの試合は今回が初。日本帰国時に京太郎(※同じ横浜大会でシナ・カリミアンと対戦)と練習を積んでいた石井は、クロアチアでかつてのライバル=ミルコ・クロコップの指導を受けて臨むことになる。  愛鷹は中学・高校時代は柔道を学び、高校卒業後は静岡県警に就職して機動隊員になった。しかしプロ格闘家になる夢を諦められずに除隊、キックボクシングを始めて2016年12月にBigbangヘビー級王座を獲得。2017年8月にKrushに初参戦すると同年11月からはK-1にも参戦。  2019年8月にK-1初代クルーザー級王者シナ・カリミアンとノンタイルマッチで対戦すると、カリミアンを右フックでマットに沈める“ジャイアントキリング”を起こして一気に注目を集めた。2020年3月にタイトルマッチでの再戦が実現したが、判定で敗れタイトル奪取ならず。その後、6月に両眼網膜剥離で手術。今年3月に復帰戦を行うもANIMAL☆KOJIに判定で敗れ、7月のK-1福岡大会では1Rに2度のダウンを奪うもK-Jeeに逆転KO負けを喫して連敗中。戦績は22勝(10KO)9敗。  中村拓己K-1プロデューサーは、石井が参戦した経緯について「今年に入ってから、K-1での試合に興味があるということでコンタクトがあって、実際に会って話しました。『立ち技・打撃オンリーの試合をしたい。立ち技ルールの試合をするのであればK-1で戦ってみたい』ということで、K-1ジャパングループと契約して、参戦が決定しました。あくまで今回は最初のきっかけ。今後も石井選手にはK-1の試合をやっていってもらいたいと思います」と説明。  クロアチア在住の石井は会見に出席せず、ビデオレターでの登場。K-1初参戦に「この度、K-1からチャンスをいただき試合をすることになりました。初めてのK-1ルールでK-1の舞台。『百聞は一見に如かず 百見は一触に如かず』。以前から体験したく、体験だけではなく、次の試合は絶対に勝ちたいと思います。試合まで1日も無駄にすることはせず、毎日死に物狂いで練習して絶対に勝ちます」と必勝を誓った。  迎え撃つ愛鷹は、金メダリストで格闘技界のビッグネームとの対戦に「石井選手とのオファーをいただいたときは少しびっくりしました。自分も柔道をやってきましたが、柔道の世界では雲の上の存在でした。でも、そういった方と1対1で戦えるリングがあるという、この試合を実現させてくれたK-1に感謝します。柔道少年だった自分が金メダリストと試合が出来るのは、ほんとうに誇らしいし、K-1というのは夢の舞台だなとあらためて感じました」とコメント。  続けて、「でもK-1ファイターとしては自分が先輩なので、もちろんしっかり勝ちに行く準備をしていきます。体重差は20kgくらいですが、気持ちで、圧力に屈しないように戦います。(クロアチアでの練習で)ミルコの打撃を打たれ慣れしているかと思うと、自分の拳がぶっ壊れるくらいの勢いでいかないといけない。しっかり切り倒していきたいと思います」と、意気込みを語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事