K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】ライト級トーナメント勝ち上がり4選手が一夜明け会見、瓦田脩二「挑戦していく気持ちで9月は頑張る」

2021/07/25 17:07
【Krush】ライト級トーナメント勝ち上がり4選手が一夜明け会見、瓦田脩二「挑戦していく気持ちで9月は頑張る」

9月にベルトを懸けて準決勝・決勝を争う(左から)南雲、瓦田、中村拓己K-1プロデューサーを挟んで里見、弘輝

 2021年7月24日(土)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.127』の一夜明け会見が、25日(日)都内で行われた。

 今大会から開幕した「第6代Krushライト級王座決定トーナメント」で勝ち上がった4選手が出席。前夜の試合を振り返ると共に9月24日大会で行われる準決勝・決勝戦へ向けての意気込みを語った。


 東本央貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)を判定2-0(30-29×2、30-30)で破った弘輝(team ALL-WIN)は「ベルトが近付いたので獲ります」とシンプルなコメント。


 川﨑真一朗(月心会ラスカルジム)を2R2分54秒、3度のダウンを奪ってKOした里見柚己(team NOVA)は「川崎選手は本当に強くて、ここに川崎選手が座っていてもおかしくない状態でした。試合には勝ちましたが、勝ちよりも川崎選手の気持ちの強さを称えて欲しい」と、相手を称えた。


 対戦相手の昇也(士魂村上塾)が計量オーバーのためトーナメント失格となり、ワンマッチという形で対戦して判定3-0(30-27、30-26、30-25)で勝利した瓦田脩二(K-1ジム総本部チームペガサス)は「あまり満足のいく内容ではなかったです。全然ダメだなという、課題が残る試合でした。里見選手はKO、弘輝選手は怪我無く自分のペースで試合をして、昨日の中では自分が一番下かなと思っています。自分が下で挑戦していく気持ちで9月は頑張ります」と、自分が一番ダメな内容だったと反省しきり。


 堀井翼(K-1ジム五反田チームキングス)が計量後に体調不良で欠場となり、不戦勝で駒を進めた南雲大輝(八光流柔術総本部)は「堀井選手が体調不良で試合がなくなってしまいました、挨拶をさせていただき後楽園ホールの景色はいいものだと思いました。勝った選手も敗れた選手も戦っている姿が本当にカッコよかったです。羨ましいと思いました、その分も9月に向けてやらせていただきたいと思います」と、試合がなくなった無念さを語った。

 以下、質疑応答。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事