K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】重量級1勝1敗の決着戦、K-Jeeと愛鷹亮が「魂のぶつかり合い」と口をそろえる

2021/07/17 02:07
 2021年7月17日(土)福岡国際センター『ECO信頼サービス株式会社PRESENTS K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~ライト級タイトルマッチ』の前日計量&記者会見が、16日(金)福岡市内にて13:00より行われた。 (写真)地元大会を盛り上げる気合い十分のK-Jee(K-1公式YouTubeチャンネルより) セミファイナル(第11試合)のスーパーファイトK-1クルーザー級3分3R延長1Rで対戦する、第2代K-1 WORLD GPクルーザー級王者K-Jee(K-1ジム福岡チームbigineing)は89.9kg、愛鷹亮(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)は90.0kgで計量をパス。  続いての会見でK-Jeeは「今年も福岡でK-1が開催されることになって、とても嬉しく思います。ECO信頼サービス株式会社の樋口会長と従業員のみなさま、K-1福岡大会のサポートをしていただいてありがとうございます。KO賞も出て、選手もより一層気合いが入って、凄くいい大会になると思います。明日は魂のぶつかり合いです、それも楽しみです」と挨拶。 (写真)愛鷹は恒例の男ふんどし姿で計量パス(K-1公式YouTubeチャンネルより) 愛鷹は「今回の試合、凄く楽しみに追い込みとか準備してきたので。明日はメチャクチャいい試合ができると思っています。楽しみにしてください」と意気込んだ。  1勝1敗で迎える3度目の対決に、K-Jeeは「今年のMVPを獲れるような試合にしたいです」とシンプルな答え。愛鷹は「前回の試合から年数も経ってますし、お互い状況も違うと思います。でも、一つ言えることは、K-Jee選手とだったら、明日福岡を一番盛り上げる試合ができるっていう自信がありますね。魂と魂のぶつかり合い。一発でKOを狙っていくのが自分のスタイルで、そこにこだわりすぎて今こういうふう(連敗)になっているので。自分をちょっと見直して、基礎からしっかり。明日は勝つことにこだわってやっていきたいと思います」と、連敗脱出を誓う。  また、地元を背負っている気持ちはあるかと聞かれたK-Jeeは「大会が盛り上がることが、これからも福岡大会ができるとか、そういうことにつながっていくと思います。大会を盛り上げるには、やっぱり盛り上がる試合ですよね。KOを狙いにいく姿勢とか、そういったことが大事だと思うので。試合を見にきてくれる若い選手とか、そういう人たちが俺たちの試合を観て、来年、再来年とどんどん続いていく福岡大会に夢を持てるように、そんな感じで盛り上げたいと思います」と、福岡をけん引するリーダーらしく未来へつなげたいと話した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント