MMA
ニュース

【DEEP】見た目のインパクトは抜群“令和のボブ・サップ”となれるかSAINTがメガトン戦「エキサイティングなショーをお届けしたい」

2021/06/16 12:06
 2021年6月19日(土)東京・ニューピアホールにて『skyticket Presents DEEP TOKYO IMPACT 2021~1st ROUND~』(昼)、『DEEP TOKYO IMPACT 2021~2nd ROUND~』(夜)が開催される。  昼の部の1st ROUNDメインイベントでは、メガトン級5分2Rで酒井リョウ(レンジャージム)とSAINT(Y&K ACADEMY)が対戦。  初参戦となるSAINTはニューヨーク州ブレントウッド出身で、6人姉弟の末っ子として生まれ、ジョージア州のDacula High Schoolではフットボールをプレーしていたという。日本に来て4年目、横須賀海軍基地に勤務している。 「私は昔からスポーツが大好きでした。子供の頃、兄といつもレスリングをしていて、戦うことが自然になっていました」と、MMAを始めたのは必然だったと話す。好きなMMAファイターはイスラエル・アデサンヤとチャールズ・オリベイラだという。  試合については「リョウ・サカイと戦えることを光栄に思っていると言いたいです。彼はとても経験豊富で才能のあるファイターです。リョウ・サカイと戦うこと、そして彼から学ぶことを楽しみにしています」と、対戦相手へのリスペクトに溢れている。  コンディション調整は「私の場合は、試合に向けて良いスタミナをつけられるように、有酸素運動を続けることですね」と、スタミナ強化を十分にしたいとし、「観客の皆さんにエキサイティングなショーをお届けしたいと思います。これが私のデビュー戦なので、思い出に残るものにしたいですね」と意気込んだ。 所属ジムによると「令和のボブ・サップかと思われます」との期待をかけられるSAINT。「私は、自分がこのスポーツに参加する運命にあると心から信じていますし、他のことをしたいとは思えません。ただ、ファイターとして成長したいし、もっと学びたいと思っています。今はまだ初心者ですが、総合格闘技界で名を馳せたいと思っています」と、いずれはMMAで名を轟かせたいとの夢を語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事