MMA
ニュース

【PFL】女子ボクシング世界4団体統一王者&無敗シールズがMMAデビュー戦の計量パス、ペティスが欠場=6.10 PFL

2021/06/10 15:06
 2021年6月10日(日本時間11日)に米国ニュージャージー州アトランティックシティのオーシャン・カジノリゾートにて開催される「PFL2021#04」の計量が9日(同10日)、同地にて行われた。  五輪2連覇、女子プロボクシング8冠(11戦無敗)からMMAデビュー戦に臨むクラレッサ・シールズが、154.8lb(70.21kg)で計量をパス。グラップラーのブリトニー・エルキンは155.4lb(70.03kg)で同じく計量をパス。  会見で、「女子MMAは男子MMAと同じように受け入れられており、女子が最大のカードのヘッドラインを務めることは珍しいことではありません。しかし、女子ボクシングではこれ以上の扉は開かないでしょう。何年もボクシングで頑張ってきたのだから、何かに一生懸命になるのなら、せめて“自分が蒔いた種を刈り取らせてほしい”」と女子ボクシングの不遇な状況を訴えていたシールズ。  計量後は、「この機会を与えてくれたPFLに感謝します。エルキンが何をしてくるか、気にしていません。これまでも『1RにKOする』とか『2Rで倒す』とか言われたけど、決して負けたことはありませんでした。また同じようになることを願っています。明日はレスリング、ボクシング、ストライキングを見せます」と、意気込みを語った。  ライト級でアレックス・マルチネスと対戦予定だったアンソニー・ペティスが欠場。マルチネスがナタン・シュルチと対戦することが発表された。現地報道によるとペティスは「病気により欠場」となっている。  ペティスは6月25日(日本時間26日)に開催される「PFL2021#06」でハウシュ・マンフィオと対戦することも併せて発表されている。  また、フェザー級ではジェシー・スターンと対戦予定だったランス・パーマーも、6月25日(日本時間26日)大会でモヴィッド・ハイブラエフとの対戦に変更。ハイブラエフと対戦予定だったシェイモン・モラエスが今大会でジェシー・スターンと対戦する。  カードがシャッフルされたPFL。計量ではクレイ・コラードと対戦するジョイルトン・ラターバッバが体重超過。また、モラエスと対戦するスターンも体重超過しているが、コラードとモラエスはプレーオフ進出を目指し、試合を行う。 PFL 2021 #4: Regular Season 計量結果 【Main】 ▼女子ライト級 5分3Rクラレッサ・シールズ: 154.8lb(70.21kg)ブリトニー・エルキン: 155.4lb(70.03kg) ▼ライト級 5分3Rカシアス・クレイ・コラード: 155.8lb(70.66kg)ジョイルトン・ラターバッバ: 159.4lb(72.30kg)※体重超過 ▼フェザー級 5分3Rバッバ・ジェンキンス: 145.6lb(66.04kg)ボビー・モフェット: 146lb(66.22kg) ▼フェザー級 5分3Rブレンダン・ラウネーン: 146lb(66.22kg)タイラー・ダイヤモンド: 145.6lb(66.04kg) 【Prelim】 ▼ライト級 5分3Rナタン・シュルチ: 156lb(70.76kg)アレックス・マルチネス: 156lb(70.76kg) ▼ライト級 5分3Rマーチン・ヘルド: 155.6lb(70.57kg)オリヴィエ・オバメルシェ: 155.4lb(70.48kg) ▼ライト級 5分3Rアクメト・アリエフ: 155.6lb(70.57kg)ロイック・ラジャポフ: 156lb(70.76kg) ▼フェザー級5分 3Rシェイモン・モラエス: 146lb(66.22kg)ジェシー・スターン: 146.8lb(66.58kg)※体重超過 ▼フェザー級 5分3Rクリス・ウェード: 146lb(66.22kg)アルマン・オスパノフ: 144.8lb(65.68kg)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事