MMA
インタビュー

【PFL】6.10 MMAデビューの14冠女子ボクサー クラレッサ・シールズ「何かに一生懸命になるのなら、せめて“自分が蒔いた種を刈り取らせてほしい”」

2021/06/09 12:06
 米国史上初のボクシング五輪2連覇金メダリストで、プロボクシングではスーパーウェルター級、ミドル級、スーパーミドル級の世界三階級制覇を達成、ミドル級およびスーパーウェルター級の2階級では世界4団体統一(WBA、WBC、IBF、WBO)も達成したクラレッサ・マリア・シールズ(米国)が、2021年6月10日(日本時間11日)のPFLでのMMAデビューに向けて8日、メディア用のZOOM会見を行った。  これまでに「14」のベルトを持ち、アマチュアボクシングで77勝(19KO)1敗、プロ11勝(2KO)無敗のシールズは今回、女子ライト級(70.3kg)で、MMA3勝6敗のブリトニー・エルキンと対戦する。  エルキンは、Bellatorでアマンダ・ベルにTKO負け、そして2018年6月のPFLでは、シールズと同じロンドン五&リオ五輪金メダリスト(柔道)のケイラ・ハリソンに1R 腕十字で敗れている。シールズとはともにオーソドックス構えながら、ラファエル・ロバトJrの茶帯のエルキンは、近年グラップリングの「Subversiv」に連続参戦しており、シールズにとっては危険なグラップラーといえるだろう。  もともと友人のジョン・ジョーンズからMMA挑戦を進められていた。しかし、当初は、ボクシングからMMA転向を考えることもなかったという。 「彼はクレイジーだと思いました。私はMMAをやろうとは思っていないのに、なぜそんなことを言われるのか分からなかった」 米国で女子MMAは男子MMAと同じように受け入れられている  しかし、新型コロナウイルスのパンデミックにより、シールズの考えは大きく変わった。隔離期間を経たことで、「自分の人生やキャリアを変えたいと思うようになった」と、シールズは言う。 「自分がボクシングで成し遂げたいことはほぼすべてやり尽くし、賞賛を浴びているにもかかわらず、男性ボクサーほどの報酬は得られていない。ボクシングの試合で稼いだ最高額は35万ドル(約3800万円)でした。ボクシングにこれほどの努力と時間をかけてジムに通い、圧倒的な強さを手に入れたのに、私の報酬は何だろう? 私のスポンサーシップやエンドースメント契約は? 100万ドルの給料日はどこに? ペイ・パー・ビューは? 私はそのような機会を得ることができませんでした。  ボクシングでは自分の力を発揮できなかったと感じていました。12回の世界チャンピオンになったことが、私に何をもたらすのでしょうか? それが何を意味するのか? より大きな有名なスターになるのか、それとも億万長者になるのか。いま、女子MMAは男子MMAと同じように受け入れられており、女子が最大のカードのヘッドラインを務めることは珍しいことではありません。しかし、女子ボクシングでは、特に米国ではなかなか普及せず、投資するプロモーターも少ないのが現状です。  実際のところ、すでに開かれていること以外には、これ以上の扉は開かないでしょう。私は、同一賃金、同一機会、女性に平等な試合時間を与えるために、こうして戦い続けなければなりません。何年もボクシングで頑張ってきたのだから、何かに一生懸命になるのなら、せめて“自分が蒔いた種を刈り取らせてほしい”」 [nextpage] ジム隣りの寮に入居「底辺から這い上がりたかった」  シールズは、今回の試合に向け、ニューメキシコ州アルバカーキのジャクソンウィンクMMAでトレーニング。同じく元プロボクサーでUFC世界女子バンタム級王座にも就いたホリー・ホルムのアドバイスも受けてきた。  地元のミシガン州には、3つのベッドルームや地下にボクシングジムを備えた豪華な自宅を持つが、アルバカーキでは世界王者に相応しい宿泊施設を利用するのではなく、ジムへのアクセスが容易な隣接する寮に入居した。  アマチュア時代に2年間住んでいたコロラド州のオリンピック・トレーニング・センターを思い出させる、と語るシールズは、ジャクソンウィンクで1日に5回のトレーニングをすることもあるという。 「底辺から這い上がってきたような気分になりたかった」  ジョーンズとホルムは、シールズにとって重要なリソースとなっている。ホルムとは5、6回ほどスパーリングを行い、直にMMAの大事なポイントを教わってきた。しかし、MMAを始める前からキックボクサーとしても活躍していたホルムに比べ、「シールズはさらに厳しい学びの軌跡を辿る必要があった」と、打撃コーチのマイク・ウィンクルジョンは、米メディアに語る。  ウィンクルジョンは、MMAの場合はボクシングで使われる「フィリーシェル(L字ガード)」や「ショルダーロール」といった防御テクニックに頼りすぎないように、とシールズと話し合ってきたという。  そして、すぐにシールズのなかにファイターに欠かせない“何か”を見出した。シールズは当初、グラウンドで“手に負えない状態”だったにもかかわらず、決して諦めなかったという。彼女はがむしゃらに戦い続け、攻撃を仕掛けようとした。 「彼女は自分がグラウンドで何をしているのか分かっていなかったが、何よりファイターとしての姿勢を持っていた。私は彼女のそういうところが好きなんです。そして、確かに、今まで見た中で最も早く新しい技術に適応した選手と言えます」  また、もう一人の名将グレッグ・ジャクソンは、エリート・ボクサーを、レスリングやクリンチゲーム、グラップリングゲームに有能なファイターに変える役目を担ってきた。最初のスパーリングで十数回もテイクダウンを奪われていたシールズは、最近では、1セッションあたり2回程度しかテイクダウンを奪われなくなってきているという。  初めてのMMAスパーリングの記憶をシールズは、「怖かった」と認める。 「もちろん、グラウンドでの戦いは怖かったです。誰かに掴まれるのをどうやって防げばいいのか、誰かが私を倒そうとするのをどうやって防げばいいのか。そこからどうやって立ち上がればいいのかが、分からない。腕十字やそういった関節技の防御もね」  チームメイトのケイラ・ヨンテフ(5勝無敗)とのスパーリングでのシールズの目標は、「できるだけ長く立ったままでいること」。そして、ゲームプランは「ケージから離れて戦うこと」だった。  しかし、シールドは、「MMAに参加しようとするボクサーで、パンチ以外の技に真剣に取り組んでいないボクサーは、必ず負ける」と語る。 「とてもチャレンジングですが楽しくもあります。すべての人に向いているわけではありません。戦うことが好きな人でなければ務まらない。お腹を蹴られて、『ああ、痛い』と思う人もいるでしょう。私にとっては、『ああ、痛いけど、舐めていた分を、取り返してやる』という感じです。『彼女のお腹を蹴ってやりたい。頭を蹴ってやる。腹に強烈なパンチを食らわせてやる』。MMAにはそのようなメンタリティが必要なんです」 トレーニングを積んでMMAで同等の相手と戦い、そこから自分の道を切り開いていきたかった  さらに会見でシールズは、「PFLファンのみんなは、私がボクシングと同じように素晴らしい試合をすることを期待していますし、私も同じように自信を持っています。そして、私がベストと戦いたいことは誰もが知っていますが、ベストと戦うのは、私がMMAでベストになってからです。私は利用されたくないし、誰かを利用したくもないありません。だから、しっかりトレーニングを積んで、MMAで自分と同等の相手と戦いたいのです。そして、そこから自分の道を切り開いていきたいと思っています」と、MMAに向ける想いを語った。 「MMAで勝つためには、様々な方法があります。私のパンチはもちろん重要ですが、私たちはジャブや右クロスなどのパンチ以外にも、たくさんのドリルを行い練習してきました。テイクダウンディフェンスも追加しました。4オンスのグローブ(オープンフィンガーグローブ)を着けるのは楽しみですが、“すべてを使って”勝利を獲得することを念頭に置いています。  この7カ月間、ジャクソン・ウィンクMMAにいたし、素晴らしいスパーリングができたし、柔術やレスリングもやった。私はすべてのマーシャルアーツを行い、それらを“混ぜ合わせ”て、最高のファイターになることを目指しています。ゲームプランがあります。木曜日にそれを実行します。  私は根っからのファイターで、ただケージに入ってブリトニーに頭を下げるつもりはありません。私は“犬”です。そこに行って相手をスクラップします。17歳の時から26歳のいままで一度も、負けていません」  ハードワークを終えたいま、34歳のシールズは自信がある、という。 「緊張はしていません。緊張は試合の助けになりませんから、準備はできています。もし4、5カ月前にこの試合があったとしたら、『大変だ!』と思ったでしょう(笑)。私はこれまでに多くのトレーニングを受け、自分のやっていることが何かを学び、それを理解するために多くの時間を費やしてきました。木曜日の夜に向けて、完全に安心しています。緊張するどころか、木曜の夜に向けてワクワクしています」  PFLでシールズは、2021年に2度の試合が予定されている。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事