MMA
レポート

【格闘DREAMERS】平本蓮の弟、17歳の丈が最終審査試合で、16歳・鈴木崇矢に負傷TKO負け。泣きじゃくる弟に蓮「人生あと何年あると思ってんだよ」

2021/05/09 02:05
【格闘DREAMERS】平本蓮の弟、17歳の丈が最終審査試合で、16歳・鈴木崇矢に負傷TKO負け。泣きじゃくる弟に蓮「人生あと何年あると思ってんだよ」

 格闘オーディション番組『格闘DREAMERS』の第9話が5月8日(土)夜9時から、ABEMAにて配信された。

 番組では200通を超える応募のうち、書類審査、実技審査、面談を経て17名で行われた2泊3日の合宿形式の2次オーディションを通過した12名による、試合形式の「最終審査」の模様が放送された。

 今回のプロジェクトの発起人でありチーフクリエィティブオフィサーのEXILE HIROが見守るなか、果たして、プロ格闘家としてLDH martial artsとの契約を勝ち取るのは誰になるのか。

 いよいよ運命の「最終審査」の試合に向け、高谷裕之総監督は、出場選手たちに、「選考で選ばれた人は、LDHのサポートで100%完璧な格闘技に集中できる環境になれると思います。100%、格闘技に懸けている想いやプライドは、試合で見ている人に伝わると思うので、その権利を全力で勝ち獲ってください。熱い試合を期待しています」と語り、選手たちを送り出した。

 前半4試合はともに苦難を乗り越えて来た者同士の“潰し合い”。次週放送の後半4試合は、外敵相手の腕試しとなる。

 所属選手を選ぶ選考基準は「世界と闘えること」。高谷総監督は、「いい試合をしたから選ぶんじゃなくて、そのポテンシャルがあると感じさせてくれた選手を選ぶ」と、情を捨てて選考に臨む決意を示す。

 第1試合は、GENERATIONSチームの平本丈と、THE RAMPAGEチームの鈴木崇矢の対戦。

 17歳の平本丈は、RIZINでMMAデビューを果たした平本蓮の実弟。伝統派空手&キック出身で。書類審査は通過していたが、一次オーディションでのPCR検査で陽性反応が出たため、参加を断念していた。

「俺だけコロナで受けれなくて……」と悔やんでいたが、「入れ替え戦」に抜擢され、名津井楓にアナコンダチョークで一本勝ち。一発勝負をモノにして、最終審査に飛び級で参加した。

「自分が17歳の頃より全然強い」と弟を評する蓮は、「僕もそうだけど、弟も今だけを生きていきたいと思うから、いま格闘技を一生懸命、頑張りたい。弟も同じ強い気持ちがあるから(入れ替え戦で)勝利を掴んだと思う。弟も行ける気はしますね。2人ともお互いに」と、最終審査の試合にも期待。

 丈は「契約選手に見合う、華のある面白い試合をしたい」と意気込む。

 対する16歳、最年少参加者の鈴木は、小1から新極真会・中原道場で空手に取り組み、EXFIGHT、KRAZYBEE等でMMAの練習に励んできた。

 フルコンタクト空手の「カラテドリームフェスティバル2019」では、中3男子軽量級で41人が出場したトーナメントを勝ち抜き、優勝を果たしている。中学では陸上部で長距離走も経験しており、強い心臓を持つのも強みだ。

 鈴木は、「自信しかない。誰でもかかってこいや」「鈴木崇矢しか見れないという試合をします」と、充実した表情を見せる。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事