SirikaSirika
MMA
ニュース

【RIZIN】朝倉未来が「クレベル・コイケとやりたい」、斎藤裕はYouTubeを「選手活動に限定」し臨戦態勢に。「まん延防止」でどうなる? 5月RIZIN連続開催

2021/04/14 17:04
【RIZIN】朝倉未来が「クレベル・コイケとやりたい」、斎藤裕はYouTubeを「選手活動に限定」し臨戦態勢に。「まん延防止」でどうなる? 5月RIZIN連続開催

(C)RIZIN FF

 RIZINフェザー級戦線で戦う朝倉未来(トライフォース赤坂)が、次戦についてクレベル・コイケ(ボンサイ柔術)との対戦を希望した。

 トライフォース赤坂の堀鉄平代表による「堀塾ちゃんねる」で、朝倉未来は、まず、3月21日に名古屋で行われた『RIZIN.27』について言及。

 フェザー級で行われたクレベル・コイケvs.摩嶋一整の一戦について「真嶋選手、強いですね」と口火を切ると、朝倉海も「(一本)取られると思わなかった」と、好勝負だったことを語った。

 その上で、未来は「そろそろクレベルと俺になりそうですね。トーナメントやらないっぽいんで。人が集まってないんじゃないですか」と、フェザー級は今秋開催予定のワールドGPまで、日本代表枠を決めるワンマッチが続きそうだとし、あらためて「クレベル、やりたいっすね」と現在、日本で13連勝中の元KSW王者との対戦を希望した。

 MMA27勝のうち23の一本勝ちを誇るクレベルについて、堀代表から「取られない?」と問われた未来は、「いや、分からないですけど、僕ももう何年も練習で取られてないので」と、寝技の防御に自信を見せると、「でもクレベルは打撃も強いんで、そこで1発もらっちゃったらヤバいですよね」と、強い寝技を持つがゆえに思い切りよく繰り出される打撃面を警戒した。

 2020年11月の「RIZINフェザー級王座決定戦」で斎藤裕(パラエストラ小岩)に判定で敗れた未来は、斎藤との再戦を希望。大晦日に前DEEP王者の弥益ドミネーター聡志を1R KOに下し、王座挑戦権を掴もうとしたが、カイル・アグォン、摩嶋相手に連勝中のクレベルも王者との対戦をアピールしている。

 摩嶋を三角絞めで極めたクレベルは試合後、「すぐに次の試合をしたい。自分が考えているのはベルトだから斎藤さんとやりたい。でも彼はずっと逃げている。ベルトを獲ったらずっと試合をしない。朝倉(未来)も同じ。2人とも分かっている。試合をしたら私が勝つ。2人してYouTubeばかり。でもほんとうファイターじゃない。私、待っています」と語っており、未来はそこにアンサーを返した形だ。

 ともに斎藤チャンピオンとの対戦を希望するなか、未来は斎藤との試合を実現させるためには「クレベルとやった方が早いですね」と判断。海も「挑戦権を得られる」と兄の戴冠を後押しした。

 YouTube企画でボートレースに20万を賭けて910万に増やし、暗号資産「IOST」投資で“億り人”となったことを明かすなど、格闘技以外でも成功している未来だが、闘志は衰えていないようだ。実は、本誌の取材で未来は、対戦相手を選ばないことを語っている。

「今、戦うのは誰でもいいんです。団体が決める相手とやろうと。クレイベル選手でもいい。もちろん斎藤選手と一番やりたいですけど、クレベル選手とやったら面白いんじゃないかなと思います。一度だけ練習したこともあるし、俺が倒すのか、極められるのか──面白い試合になるんじゃないですか」

 クレベルがベルトへのこだわりを見せているのに対し、未来にベルトへの執着はない。あるのは、お金で買えないもの。自身の強さへの「納得」だ。

「先に斎藤選手とやって俺がチャンピオンになったとしても、またクレベル選手とやることになると思うんです。いずれやるんだったら別にどっちが先でもいいかなと。ベルトにこだわっているわけじゃないんです。ただ、ベルトを獲ったとしても“自分より強いやつがいる”と思われるのは気持ちよくない。それにクレベル選手とかヴガール・ケラモフって、斎藤選手よりワンチャンあって強いんじゃないかなと思って、そのへん全員とやってからでもいいかなと」。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事