SirikaSirika
ムエタイ
レポート

【BOM】第1部:朝陽・名高・竜哉が揃って勝利、圧巻の初回KO勝ちを収めた名高は那須川天心戦を再度アピール

2021/04/11 15:04
BOM WAVE04 - Get Over The COVID-19 -第1部2021年4月11日(日)神奈川・横浜大さん橋ホール ▼第11試合 BOM 56.00kg契約 3分5R〇朝陽・PKセンチャイムエタイジム(PKセンチャイムエタイジム)判定3-0 ※49-48×2、49-47×ポンチャン・Brave Gym(タイ/Brave Gym)  朝陽は名高、竜哉とともに期待されるエイワ三銃士の一人で、ムエタイスタイルの2人とは違い強打が持ち味の18歳。これまでMA日本フライ級王座、ルンピニージャパン認定スーパーバンタム級王座、ムエサイアム・イサーン・バンタム級王座を獲得。2020年2月にはWBCムエタイ世界スーパーバンタム級王者となり、今年2月にはONE Championshipとの契約を発表した。  1R、サウスポーのポンチャンは左ミドル主体。朝陽は右ボディストレートを狙い撃ちし、左ボディと左フックのダブルを多用する。終盤には左フックから左ボディ連打も。  2R、初回はパンチにこだわっていた朝陽はローとミドルを蹴るようになり、右ボディストレートと左ボディを打ち込む。しかし、ポンチャンに右ボディに左ストレートを合わされてあわやの場面も。慎重になった朝陽は左右ローを蹴る。  3Rはポンチャンが前へ出て左ストレートを狙う。朝陽は右ローから左フックのコンビネーション。さらに右ストレートもヒットさせるが、タフなポンチャンは前へ出てストレートを伸ばす。  4Rも前に出てくるポンチャンに朝陽は手詰まり気味になるが、それでも前足へローを集中。前足への左右ローから右ストレート、左フックにつなぐ。ローのダメージを感じさせるポンチャンだが前へ出続ける。  5Rも前足へのローを蹴る朝陽。セコンドからは「倒しに行け」との指示が出るが、ポンチャンは朝陽のパンチにカウンターの右を放つなどしぶとい。朝陽は右ストレート、左ボディからの左フックを繰り出すが、ポンチャンがヒジのフェイントを入れるとなかなか攻め切れない。  そのまま判定となり、朝陽が勝利を収めたが、納得のいかない試合内容に朝陽は苦笑いを浮かべた。 [nextpage] ▼第10試合 BOMバンタム級(-53.52kg)3分3R〇名高・エイワスポーツ(エイワスポーツジム)KO 1R 2分24秒 ※左ヒジ×IBUKI BRAVERY(BRAVERY GYM) “ハマの神童”名高は2018年12月、ラジャダムナンスタジアム認定ミニフライ級王座を奪取し、日本人として7人目の同スタジアム王者になり、2019年4月15日にはルンピニースタジアム認定同級王座も獲得。日本人初のルンピニー王者になると同時に、ムエタイの2大殿堂であるルンピニーとラジャダムナンの王座を同時に保持した史上2人目の外国人(タイ人以外)選手となった。  また、2017年4月にWMC世界ピン級王座、2018年4月には日本人4人目の快挙となるWBCムエタイ世界タイトル(ミニフライ級)を獲得。さらに同年9月にはIBFムエタイ世界ミニフライ級王座もKOで獲得し、日本人初のIBFムエタイ世界王者となっている。2019年12月のBOMではBOMフライ級初代王座決定トーナメントを圧倒的な強さで制した。2020年は8月のRIZINで優心に2R3分8秒、ヒジ打ちでTKO勝ち。RIZIN大晦日にも参戦し、ペットマライを1R2分20秒、ヒジ打ちでKO。榊原信行RIZIN CEOが「名高選手は化け物ですね」と評した。  名高の国内選手での対戦相手変更は難航を極め、その中で「名高君とやれるチャンスがあるならやってみたい」と名乗りを上げたのがIBUKIだという。契約はバンタム級53.5kg(名高は通常50kg前後)だが、名高がこの申し出に快く受ける形となり、バンタム級に初挑戦することになった。  IBUKIはアマチュアでWPMF45kg&50kg王者、大和40kg・45kg・50kg王者、KOS50kg王者、KODO50kg王者など数々のタイトルを獲得。2019年6月に高校1年生でプロデビューした。  1R、サウスポーの名高は左ストレート、左ミドル、左テンカオと左の攻撃を上中下とスピーディーに放っていく。IBUKIの蹴り足をキャッチしてコカすなど序盤から圧倒していく名高。  左ストレートからの右フックをヒットさせると、IBUKIの右ストレートが名高をかすめる。すると名高はさっと前へ出て組み付くと電光石火の左ヒジ。この一発でIBUKIは仰向けに倒れ、レフェリーが即座にストップ。名高が圧勝を収めた。  マイクを持った名高は「最初はタイ人選手が来てWBCのタイトルマッチが予定されていたんですが、コロナで来れなくなってしまいました。その中で対戦してくれたIBUKI選手、僕と試合してくれて感謝しています」と、急遽対戦を引き受けたIBUKIにお礼。  続けて「前回から階級を上げたんですが、もっと上の階級でも戦っていけるように、身体を作ってやりたい相手がいるのでその相手とやれるようにこれからも結果を出していきます」と、名前は出さなかったが来年3月にキックボクシング引退を発表した那須川天心との対戦を実現させたいと話した。 [nextpage] ▼第9試合 BOM 51.50kg契約 3分5R〇竜哉・エイワスポーツジム(エイワスポーツジム)判定3-0 ※50-47×2、49-47、×MASA BRAVERY(BRAVELY GYM)  竜哉は小学4年生でムエタイを始め、アマチュア時代は約100戦を経験して9本のベルトを巻いた。中1の時にタイでプロデビューを飾り、タイで試合(約20戦)・練習経験を積んで2018年4月に満を持して国内プロデビュー。いきなりWMC世界ピン級王座を獲得して世界王者となった。  2019年7月にはタイでIBFムエタイ世界ミニフライ級王座決定戦を制して日本人3人目のIBFムエタイ世界王者となり、9月には同じくタイ・ラジャダムナンスタジアムにて日本人として8人目のラジャダムナンスタジアム王者に。凱旋試合となった12月のWPMF世界ライトフライ級王座決定戦では判定2-0で惜敗したが、2020年2月にKO勝ちでWPMF世界ミニフライ級王座を獲得した20歳。2月の『RISE ELDORADO 2021』でRISEルールに初挑戦し、渡邊愼一から判定3-0(30-29、30-28×2)で勝利を収めた。  今回対戦するMASAは、九州地区で活躍するムエタイ選手。元WMC日本スーパーフライ級王者、スックワンキントーン同級王者の二冠王で、2020年11月の『KODO』ではアマチュア5冠王に輝いた石渡悠真からKO勝ちを奪っている。タネヨシホ、大崎孔稀、片島聡志らと拳を交え、2018年2月に仲山大雅から勝利を収めた1勝が光る。  1R、圧力をかけて前に出るMASAに竜哉はロープを背負って左ミドルを蹴る。スペースができるとパンチをねじ込むように打つ竜哉は左ボディも叩く。MASAは組み付くと左ヒジを打つ。  2R、竜哉は蹴り足をキャッチして返しの攻撃を多用。MASAはパンチを打って組み付いてのヒザに持ち込む。パンチを一発一発強く打つ竜哉はボディと顔面へ打ち分ける。  3Rも前へ出てくるMASAに竜哉は下がりながら回り込む。MASAは完全に組みヒジ&ヒザの戦法。竜哉は左ミドルを多用し、MASAの蹴り足をキャッチしてリングに叩きつける。強い左ボディもヒットさせた。  4Rも前に出るのはMASAだが、首相撲では竜哉がコカし、組む前には蹴りをもらう。MASAが蹴ると竜哉はキャッチして転倒させる。  5R、竜哉は蹴り足のキャッチ、首相撲でMASAをコカしていく。MASAは組んでのヒジ、ヒザに活路を求めるが組みで封じられる。竜哉は離れるとジャブ、前蹴り。MASAのパンチは空を切らせ、相手の攻撃をほとんど受けない完封勝利で試合を終わらせた。 ▼第8試合 BOMバンタム級(53.52kg)契約 3分5R〇HIROYUKI(RIKIX)KO 4R 1分07秒 ※右ストレート×小嶋・Nor Nakusin(ノーナクシン ムエタイジム)  1R、HIROYUKIは右ローとカーフを蹴り分け、左右に動きながら軽くパンチを入れていく。小嶋は大半のローはしっかりカット。前蹴りで様子を見る。  2R、小嶋は左ミドルを多用。HIROYUKIはローとカーフを蹴りつつ、右のパンチを小嶋のミドルに合わせに行き右ストレートでダウンを奪う。HIROYUKIは右を顔面とボディへ打ち分ける。  3R、HIROYUKIは右を中心としたパンチを打ち込むが、小嶋は首相撲からのヒザ蹴りに活路を見出す。右ミドルを蹴って組みに来る小嶋にHIROYUKIはパンチで対抗するが、追い回されているような印象を受ける。  4R、勢いづいた小嶋は前蹴りを出しながら近付き首相撲に持ち込む。ロープを背負う場面が多くなるHIROYUKI。しかし、前へ出てきた小嶋からワンツーでダウンを奪う。かなり深いダメージを感じさせる小嶋が何とか立ち上がるとHIROYUKIはストレート、フック、アッパーを回転させて最後は右ストレートでとどめを刺した。 ▼第7試合 BOMスーパーライト級(63.00kg)王座決定トーナメント 3分3R延長1R〇健太(E.S.G.)KO 2R 2分45秒 ※3の一句ダウン×晃希(Team SRK)  1R、きびきびと動く晃希に健太は右のローとカーフキックを蹴り分ける。晃希も負けじとローを蹴り返す。  2R、右カーフを蹴る健太に晃希も負けじと左カーフを蹴り返す。健太は右のパンチを狙い撃ちし、接近するとヒジも繰り出す。左でボディも叩いて攻撃を振り分け、右フックを効かせてアッパー気味の右フックでダウンを奪う。  右のパンチを主体に畳みかける健太は右フックに右ハイをフォローして2度目のダウンを奪う。最後は晃希が決死の打ち合いに来たところに右フックをジャストミートさせて鮮やかなKO勝ちを飾った。  健太はリング四方へ向ってマッスルポーズ=キレてるポーズで拍手に応えた。 ▼第6試合 BOMスーパーライト級(63.00kg)王座決定トーナメント 3分3R延長1R×KJヒロシ(Y'ZD 豊見城ジム)TKO 2R 2分06秒 ※右縦ヒジ→ドクターストップ〇NOBU BRAVELY(BRAVELY GYM)  1Rはローとミドルを蹴り合う中、KJが右カーフキック。NOBUはパンチのコンビネーションを回転させながらヒジを打つ。ラウンド終了間際、NOBUの右縦ヒジでKJは流血。2R、KJはストップされないように攻撃を続けるが、2度目のドクターチェックでストップ。NOBUのTKO勝ちとなった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事