キックボクシング
インタビュー

【KNOCK OUT】安達浩平「打たれずに倒そうかなと思います」vs工藤“red”玲央「気持ちの強さで勝負します。古臭いですけど」

2021/03/25 19:03
【KNOCK OUT】安達浩平「打たれずに倒そうかなと思います」vs工藤“red”玲央「気持ちの強さで勝負します。古臭いですけど」

過去の対戦成績は1勝1分で安達(左)が工藤に勝ち越している (C)KNOCK OUT

 2021年4月4日(日)東京・新宿FACE『SACRED FORCE presents KNOCK OUT-EX』のセミファイナル(第5試合)、KNOCK OUT-REDバンタム級王座決定リーグ戦3分3Rで対戦する、J-NETWORKバンタム級王者・安達浩平(team AKATSUKI)と工藤“red”玲央(TEPPEN GYM)のインタビューが主催者を通じて届いた。

 昨年2月に6人でスタートしたリーグ戦だったが、諸事情で3選手が離脱。安達はすでに5月22日に予定されている王座決定戦への進出が決定している状態だ。そんな中で3度目となる工藤との対戦に、どんなテーマを持って臨んでいるのだろうか?

「気持ちを前面に出して、工藤選手を倒すことしか考えてないです!」

──リーグ戦自体、コロナの影響や何やでいろんなことになりましたが、次の試合での得点状況については把握できていますか?

「はい。ここまで自分は全部勝っていて4ポイントで首位で、工藤“red”玲央選手が前回KOで勝ったので3ポイントで2位。響波選手が2点だったけど、前田伊織選手が引退ということで、次で4ポイントになるんですよね。なので、次の新宿大会で僕が工藤選手と戦って、僕は勝っても負けても王座決定戦に進めると。僕が工藤選手に勝つかドローなら相手は響波選手、負ければ工藤選手ともう一回ということですよね」

──その通りです(笑)。なので、王座決定戦への進出は決まっている状態での試合ということになりますが、その部分はいかがですか?

「今は目の前の試合に勝つことしか考えてないので、工藤選手には普通に勝って、王座決定戦も響波選手に普通に勝ちたいと思ってます」

──ここまでのリーグ戦2試合を振り返ると?

「2つとも順調に勝てて、王座決定戦にも進めるという状況なので、僕的にはまあいいかなと思ってます。最初の前田戦は固くて、良太郎代表にも『動きがよくなかったね」って言われる感じだったんですけど、響波戦では作戦勝ちというか、前に出て勝つことができたので、その面においてはよかったかなと思ってます」

──もともとリーグ戦なので長丁場の予定ではありましたが、それ以上に状況が変化しましたよね。

「そうですね(苦笑)。コロナがなくて順調に行っていれば、去年6人で争ってたはずなんですけど、状況が状況でみんないなくなっちゃって(苦笑)。本当に、文字通りのサバイバル・リーグ戦になっちゃったなって感じです(笑)」

──確かに。その中で、気持ちを保つのは大丈夫でしたか?

「僕は大丈夫でしたね。ずっと決まってたんで。試合が決まってない時も気持ちを切らさずに練習してましたし、絶対にベルトを獲るんだという気持ちでやってきました。リーグ戦がなくなっちゃったとかになったら気持ちが切れてたかもしれないですけど、そのまま続けていただけたので、モチベーションは維持できました」


──さらに、当初は『REBELS』王座決定リーグ戦としてスタートしましたが、『KNOCK OUT』の王座が懸かることになりました。

「ウチの代表が巻いていた『REBELS』のベルトがほしいという気持ちもあったんですけど、『KNOCK OUT』はメジャーイベントなので、そこはうれしいです」

──では改めて、工藤選手との試合についてなんですが、印象は?

「工藤選手とは次で3回目になるんですけど、1戦目がドローで、2戦目は『REBELS』のリングで戦って僕が判定勝ちしたんですけど、接戦だったので、あんまりスカッと勝ったという印象はないんですよね。次もお互いに前に出て、僅差の試合になるのかなと思ってるんですけど、警戒するポイントはやっぱり、前田選手も倒されてる右のパンチですかね」

──お互いにかなり手の内が分かった状態での試合ということになりますよね。

「そうですね。向こうも僕の攻撃とかは分かっていると思うので、対策は練ってくると思いますけど、こっちもそこをうまく凌ごうとしてるという感じです」

──その相手の対策を裏切るような要素というのは用意してますか?

「代表と策を練ってます。具体的には言えないですけど(笑)。でも向こうもTEPPEN GYMでいろんな策は練ってくるのかなとは思います。ただ、試合が始まっちゃったら前に出てきて右ストレートとかを打ってくると思うんですけど、僕がそれをどう対処して勝っていくかということになりますね」

──確かに、過去の戦いを見ても接戦になる可能性は高いのかなと思われますが、そこを凌いで勝つのに必要なものとは?

「やっぱり気持ちだと思います。僕と工藤選手は33歳で同い年なんですけど、向こうもたぶん、これに負けたら最後というか……僕に一度負けているし、絶対勝つという気持ちで来ると思うので、最後は気持ちの勝負になるかなと思いますね」

──その「気持ち」というのは、ベルトへの気持ちもありますよね。

「はい。特に向こうは勝たないとベルトへのチャンスもなくなってしまうので、気持ちを前面に出して戦ってくるのかなと思いますし。もちろん僕も、絶対に獲ってやろうという気持ちでいますから。ベルトへの気持ちという点では負けないです」


──先ほども出たように、この勝ち負けにかかわらず王座決定戦が待っている状態です。そこはまだ考えない?

「はい、今は考えないようにしています。ホントに目の前の工藤選手に勝つということだけです」

──試合も迫ってきていますが、ここから当日までに必要なこととは?

「今もけっこうハードに追い込んでいるんですけど、もっとハードに追い込んで、気持ちを高ぶらせることですかね」

──「気持ちを高ぶらせる」という点では、2・28『REBELS ~The FINAL~』での良太郎代表の試合は……。

「鳥肌が立ちましたね。僕も会場で応援してたんですけど、すげえなって、改めて思いました。打ち合って、あんなにバーッと会場を沸かせて。僕は代表みたいな試合はできないですけど(笑)、あんなワーッとお客さんが沸くような試合はしたいなと思ってるので、打たれずに倒そうかなと思います。代表みたいに、お互いにもらいながらというのはやりたくないです(笑)」

──まあスタイルもありますし(笑)。さて、先のことはまだ考えないというお話でしたが、現実にあと2つ勝つとベルト、というところまでは来ています。チャンピオンになると、また違う景色が見えてくると思うんですが。

「他の階級はけっこう盛り上がってるし、この前開幕した『KNOCK OUT』のトーナメントもすごい選手がいっぱい出ている中で、今のバンタム級は経験の少ない選手が多くて盛り上がりに欠けてるなって、僕自身も感じるんですよね。だからベルトを獲って有名な選手と試合して、『KNOCK OUT』のバンタム級も盛り上げていきたいという思いはあります」

──『KNOCK OUT』もREBORNとなったことで、主役争いも活発化しています。その中で安達選手の思いとは?

「けっこうバチバチに倒す派手な選手が多くて、僕はそんなにKOも多くないですけど、気持ちを前面に出して戦うタイプなので、ここでファンの皆様に認知していただいて、僕のファンになっていただければいいかなと思ってます。みんなで盛り上げていければいいなと思うので」

──では次の試合も、見てもらいたいのはそういう部分でしょうか。

「そうですね、気持ちで勝っていこうと思っているので。このままポンポンとベルトまで行きたいので、目の前の試合に集中して工藤選手を倒すことしか考えてないです」

──では最後に、ファンの方へのメッセージをお願いします。

「工藤選手もここで勝たないと王座決定戦に進めないので、死ぬ気で前に出てくると思います。僕も工藤選手の気持ちに負けないように戦って倒したいと思いますので、応援よろしくお願いします!」

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント