SirikaSirika
MMA
ニュース

【RIZIN】朝倉未来がカーフキック対策を編み出して弟・海にプレゼント「名付けて朝倉スペシャル」

2021/02/25 13:02
 2021年2月24日(水)に朝倉未来(トライフォース赤坂)が、自身のYouTubeチャンネルのサブチャンネル『ふわっとmikuruチャンネル』に「弟にカーフキックの対策プレゼント」と題した動画を公開した。 「流行りのカーフキックについて。対策考えちゃったんですよ、俺。天才的な。一番効率的というか効果のあった方法を教えていこうかな」と、弟の朝倉海が堀口恭司にカーフキックで敗れて以来「必死に勉強しまして」と、スパーリングで研究して編み出したという。  前提として「俺にはカーフキックは効かない。元々、効かないんですよ。カーフキックが有効なのってボクシングに偏っていて前重心の人なんですよ」と、自分には有効的ではないとし、「カーフキックの対策をしている動画を見たけれど、これは無理でしょっていうのが多かったですね。カーフが今から来るって分かった状態ならできるよね。でもスパーリング中なら無理でしょう、と」とカーフが来ると分かっているシチュエーションならできる方法が多かったという。 (写真)矢地(右)のカーフキックをバックステップでかわしていた朝倉。写真は逆にローを蹴る朝倉 まず、堀口のように踏み込んで蹴るタイプのカーフキックには「バックステップが有効。俺は矢地(祐介)君に使っている」と実演して見せる。  もうひとつはボクシングの距離で蹴って来るカーフキック。「これはバックステップが難しい」とする朝倉が考えたのは「蹴ってきたら逆に前へ出る」という方法。空手の経験がヒントになっていると言い「前に入るのはみんな発想がなくて」と実演してみせる。  カーフキックに対して左フック、飛びヒザ蹴り、アッパーを合わせる朝倉。右ストレートはNGとして「俺がスパーリングでやっていて実証済みです。名付けて朝倉スペシャル」と話す。最後にはこの対策を弟の海にプレゼントすると言い、「直接言うのもなんなので動画で」と笑った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事