MMA
ニュース

【RIZIN】斎藤裕、4月参戦へ「まだまだ相手はいる」、榊原CEOはフェザー級ワールドGPに向け「どれだけ日本人は枠を獲得できるか」「Bellatorからは王者に来てもらいたい」

2021/02/13 14:02
【RIZIN】斎藤裕、4月参戦へ「まだまだ相手はいる」、榊原CEOはフェザー級ワールドGPに向け「どれだけ日本人は枠を獲得できるか」「Bellatorからは王者に来てもらいたい」

(C)RIZIN FF/Bellator

 2021年3月21日(日)名古屋・日本ガイシホールで開催される「RIZIN.27」の会見が2月12日、都内にて行われた。会見後に榊原信行CEOが囲み取材に応じ、フェザー級の日本人サバイバルマッチ、そして海外選手を招聘するワールドGPについて語った。

 今秋に開催を予定しているフェザー級ワールドGPに向け、3月名古屋大会では、フェザー級の日本人サバイバルマッチとして、クレベル・コイケ(ボンサイ柔術)vs.摩嶋一整(毛利道場)、堀江圭功(ALLIANCE)vs.関鉄矢(SONIC SQUAD)の2試合が発表された。

 そんななか、RIZIN&修斗世界フェザー級王者の斎藤裕(パラエストラ小岩)について、榊原CEOは「斎藤裕は4月参戦です。5月(大阪)ではなく」と明言。また、朝倉未来(トライフォース赤坂)については、既報の通り「朝倉未来も(3月に)『出たい』と言っていて、未来が3月も4月も連戦してもいいと思っているなら、ご当地だしスクランブル発進で未来の試合も組むという可能性もゼロではない」と連戦の可能性を示唆している。

 そして、今秋のワールドGPには、海外から「各団体のベルトを持っている選手に参加してほしい」と展望を示した。

 現在、Bellatorで開催中のフェザー級ワールドGPでは、パトリシオ・“ピットブル”・フレイレ(※RIZINライト級GP準優勝のパトリッキーの弟)とエマニュエル・サンチェスが、4月2日の開幕戦で対戦し、勝者が、すでに決勝進出を決めているAJ・マッキーJrと6月に対戦することも発表されている。

 榊原CEOは、今秋開催のフェザー級ワールドGPについて、「Bellatorからもチャンピオンに来てもらいたい。そもそもRIZINは、チャンピオンシリーズをやりたいと目指しているので、各プロモーションのベルトを巻いた人たちに、このRIZINのベルトを獲りに来てほしいという──後から出てきていながら、無茶苦茶、生意気なことを言っていますが(笑)、ROAD FCからもチャンピオンに来てほしいし、Bellatorからもチャンピオンに来てほしい」と、あくまでチャンピオンクラスの参戦を希望。

「そういう外国人選手のトップと、日本人のフェザー級のトップがどう迎え撃つか、という対立概念のなかでのGPに出来るように、いまウチのチャーリー(柏木信吾マッチメーカー)が頑張っているので。もう準備は出来ています。その意味では、前半のフェザー級の試合のなかで、どれだけ日本人の枠を獲得できるか」と、群雄割拠の日本人フェザー級ファイターたちの生き残り戦が始まる、とした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント