SirikaSirika
MMA
ニュース

【Bellator】スコット・コーカー「ホリグチのことを大切に思っている。今年中のどこかでチャンピオンと対戦させる」

2021/02/10 16:02
 2021年2月9日(日本時間10日)に、バイアコムCBS傘下の「Showtime」との独占契約および上半期の大会スケジュールを発表したBellator。  5月7日(日本時間8日)の「Bellator258」では、現Bellator世界バンタム級王者のフアン・アーチュレッタ(米国)が、元UFCフライ級1位で現在Bellator2連勝中のセルジオ・ペティス(米国)を相手に初防衛戦を行うことが発表された。  スコット・コーカーBellator代表は、バンタム級のベルトを返上した堀口恭司(アメリカントップチーム)の参戦について、RIZINと交渉していることを明かしている。  2019年11月、右膝前十字靭帯断裂と半月板損傷により手術を行い、RIZINバンタム級王座とBellator世界バンタム級王座を返上している堀口。2020年の大晦日に、約1年4カ月ぶりの復帰戦で朝倉海を1R TKOに下し、まずはRIZIN王座を奪回していた。 「フェザー、バンタム、ライトヘビー級が三本柱なんだ。グランプリをどう仕掛けるか。そのなかでバンタム級のキョージ・ホリグチの試合についても考えている。ホリグチは素晴らしいファイターで、団体としても彼を大切に思ってるし、私は個人的に彼のことが大好きなんだ。2回もうちのチャンプを倒してくれちゃってるしね」と笑顔で語ったコーカー代表。  続けて、「いまはコロナで、団体がドカッと選手を抱えて日本に行くことが難しいけど、そういう興行は将来的にやりたいとサカキバラ(榊原信行RIZIN CEO)さんとは話をしているよ。ホリグチに関しては別で、Bellatorで──もちろんRIZINを代表してという形なんだけど──今年のどこかでチャンピオンと対戦させるだろうね」と、2021年中に、Bellatorバンタム級王者と、元王者の堀口との対戦を実現させることを語った。  また、コネチカット州アンカスビルのモヘガン・サン・アリーナで行われる今後の大会では、バンタム級王者のフアン・アーチュレッタのほかに、フェザー&ライト級王者のパトリシオ・ピットブルがフェザー級GP準決勝(4月2日)に出場、ヘビー級王者のライアン・ベイダー(4月9日)とライトヘビー級王者のワジム・ネムコフ(4月16日)が、ライトヘビー級GPに出場。そのほか、ミドル級王者のゲガール・ムサシ、ウェルター級王者のドゥグラス・リマ、女子フェザー級王者クリスチャン・サイボーグ、女子フライ級王者のジュリアナ・ヴェラスケスの名前も挙がっている。  女子フライ級には、2019年12月の「Bellator JAPAN」で、3連勝中だったブラジルのイララ・ジョアニをパウンドアウトし、Bellatorとの契約を決めた渡辺華奈(FIGHTER'S FLOW)が参戦予定で、米国デビューがいつになるのかも注目される。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事